【ざわ‥ざわ‥】謎の穴ぼこが多数!? どうしてこうなった! 心がざわざわするダッシュボード5選(1/2)

画像ギャラリーはこちら
インパネ、正確にはダッシュボードと呼ばれる運転席・助手席前のゾーン。今見てみるとちょっと、いやだいぶ“変な”のもあったりして・・・。ちょっと心がざわざわする、個性的なダッシュボード(インパネ)を大特集!

>>今見てみるとちょっと、いやだいぶ“変”! 心がざわざわするダッシュボード(インパネ)画像を見る

目次[開く][閉じる]
  1. クルマの長い歴史の中で数限りない試行錯誤を繰り返してきた、ダッシュボード(インパネ)のデザイン
  2. その1:「スバル アルシオーネ」の近未来感がハンパない!
  3. その2:レクチャーなしでは運転不可能? サテライトスイッチの極み「シトロエン GSA」
  4. その3:奇抜だけれど使い勝手はなかなか良好の「フィアット ムルティプラ」
  5. その4:中には「意味のない穴」も!? 穴だらけダッシュボードの「ランチア ベータ ベルリーナ」
  6. その5:タッチパネルにブラウン管! 時代の先端を行こうとした「アストンマーティン ラゴンダ」
アルシオーネの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

クルマの長い歴史の中で数限りない試行錯誤を繰り返してきた、ダッシュボード(インパネ)のデザイン

クルマは外からの見た目も大事。でも乗ってしまうと、ずっと見ているのはメーターやステアリング、センターコンソールなどを備えるダッシュボードです。一般的にはインパネなどと呼んだりもします。

インパネはインストルメントパネルを略したもので、本来の意味はメーターパネル周辺(計器盤)を指しますが、日本ではダッシュボードと同義語で用いられることが多いです。

さて、クルマを操作する上でも重要な部位であるダッシュボード(インパネ)は、長いクルマの歴史の中で視認性・操作性の向上への試行錯誤を繰り返してきました。そこで今回は、幾星霜とあるダッシュボードの中から「どうしてそうなった!?」というダッシュボード5選をお送りします。

その1:「スバル アルシオーネ」の近未来感がハンパない!

1985年登場のスバルのスペシャリティクーペ「アルシオーネ」。懐かしい!

リトラクタブル・ヘッドライト、長いテール、鋭角的なデザインを持つウェッジシェイプボディが特徴で、フロントにはスバル伝統のフラットエンジンを搭載していました。FFのほかAWDを用意していたのもスバル流です。

見ているだけでワクワクしちゃう、夢の“コックピット”感

そのアルシオーネはダッシュボードもスペシャルでした。

まず目を引くのはステアリングのL字型スポーク。左側にはスポークがないため、指をかける突起を設けています。ステアリングコラムから左右に生えた長いアームの先には、スイッチを集中配置。右は主に灯火類、左はワイパーという概念は通常のクルマと同じですが、一般的にセンターコンソール付近に置く空調の操作も、左側スイッチ群に設けていました。このように、サテライトスイッチに空調スイッチを置くのは珍しくなく、同年代の「マツダ コスモ/ルーチェ」「いすゞ ピアッツァ」などでも見られました。

ガングリップタイプのATシフトノブ、物理的配置のスイッチを極力減らそうと言う現代には夢のような「大量のスイッチ」なども「コクピット」感を掻き立てます。見ているだけでワクワクしちゃう!?

スバル/アルシオーネ
スバル アルシオーネカタログを見る
新車価格:
210.1万円322.2万円
中古価格:
337.8万円337.8万円

その2:レクチャーなしでは運転不可能? サテライトスイッチの極み「シトロエン GSA」

先ほどのアルシオーネを作ったスバルを含め、一時期いろいろなメーカーが積極的に採用していた「サテライトスイッチ」。中でも並々ならぬコダワリを見せていたのがシトロエンでした。シトロエンでは「PRNサテライト」と称し、PRNはそれぞれPluie(雨)、Route(道)、 Nuit (夜)を意味していました。

シトロエンのダッシュボードは奇抜なものが多く、この特集も同社だけで埋められるのですが、悩んだ結果「GSA」を選ぶことに。

実は理詰め! 操作の理想を追及し過ぎた独創デザイン

現在のC4に相当するポジションを担っていた量販モデルで、空冷フラット4エンジン、ハイドロニューマチックサスペンションなど特徴だらけのクルマだったGSは、1979年の大幅マイナーチェンジでGSAに発展。GSからはダッシュボードから生えるサイドブレーキを、ヴィザからは茶筒のようなPRNサテライトを、CXからは円筒が回転して表示するメーターを譲り受けた結果、ご覧のようなデザインに。

PRNサテライトはパッと見では何がなんだかわからず、レクチャーやマニュアルがないとかなり難儀します。でも、操作ロジックは非常によくできており、操作の理想を追求して生まれた結果こうなった、というのが実に理詰めなシトロエンらしいところです。

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

スバル アルシオーネの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル アルシオーネのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル アルシオーネの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル アルシオーネの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル アルシオーネのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる