最高にホットな1シリーズが日本上陸|BMW 新型M135i 試乗レポート(2/2)

  • 筆者: 山田 弘樹
  • カメラマン:田村 弥/MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら

BMWとしては久々のキレッキレ系

果たしてその走りはというと、これがもうBMWとしては久々の“キレッキレ系”だ。

クッションの効いた太いステアリングを切り込むと、瞬間的にタイヤのグリップが立ち上がって、スパッ! とノーズが切れ込んで行く。

面白いのはここからだ。操舵によってフロントサスペンションが滑らかに沈み込み、前傾のコーナリングフォームを作るのである。

そして、ノーズはどんどんイン側へと切れ込んで行く。うかうかしていると、曲がり過ぎてしまうほどに。

その身のこなしは、ハッキリ言ってFRであった旧M135iよりもFR的だった。

BMWとしては「FFでもFRライクな走りを実現した」なんて口が裂けても言わないだろうが、初期ロットとしてはかなり意識して後輪駆動的な姿勢変化を与えたと私は感じた。やや過敏過ぎるほどだが、それもBMWの、気合いの表れではないだろうか。

先代よりも踏めるクルマに

クルマがいち早く曲がってくれるなら、ドライバーがやるべきことはアクセルオンである。これ以上切れ込まないようにアクセルでノーズをバランス。コーナーの出口に差し掛かる頃には、これを完璧に踏み込むことができる。

だから新型M135iは、めっぽう速い。そしてアクセルを踏み込んで行くと、クルマ全体で押し出すような加速をする。そう、コーナリング中には全くその影響を感じなかったけれど、これは4WDなのである。

エンジンは直列4気筒のキャパシティを目一杯使いながら、気持ち良いブースト感と共にレッドゾーンまで吹け上がる。バラバラと未燃焼ガスをマフラーで燃やさなくなった代わりに、シフトアップでは“バスッ!”とドスの効いた重低音で締め括る。

直接比較したわけではないが、たとえ先代よりパワーが低くても、アクセルの全開率は新型の方が高いと思う。それだけ踏めるクルマになった。

そのパワーをシャシーの支配下に納めた走りは、ドライバーに安心感を与えるはずだ。

同じパッケージのミニ JCWとは異なる乗り味

先代モデルはそのノーズに縦長な直列6気筒ターボを押し込んで、後輪だけでハイパワーを受け止めていたから、どうしても足回りは硬めにならざるを得なかったし、リアグリップの確保にはかなり神経を注いでいた。簡単に言ってしまえば、ハイパワーFRという形式にこだわるが故に、却ってFRらしい自然な身のこなしができなかったように思う。

対して新型M135iの走りは、本当に生き生きとしている。

横置きエンジン/横置きトランスミッションによる重心の高さはあるはず。ボディサイズも全長+15mm、全幅+35mm、全高+35mmと大きくなっているが、パワーオーバーステアの心配がなくなった分だけサスペンションをしなやかに動かすようになった。唯一ランフラットタイヤのゴツゴツ感だけが残念でならないが。

ここにはミニとX1で培った経験が、大きく活かされていると感じられる。しかしそのセッティングは、ミニの強引な感じとは全く違う。若干前屈みになったロール軸に沿ってボディを傾かせ、切れ味鋭く曲がって行くのである。

直列6気筒の雑味なく豪快に吹け上がるパワー感はなくなってしまったが、代わりにシャシー全体で弾ける感覚がこのM135iにはある。まだ荒削りながらもこのハンドリングがマイナーチェンジを重ね平均化される前に、一度味わっておくべきだと私は思う。

[筆者/山田 弘樹]

BMW 1シリーズ M135i xドライブ 4WD 主要スペック比較表
車種名1シリーズ
グレード名M135i xドライブ 4WD AT
価格(消費税込み)630万円
全長×全幅×全高4355mm×1800mm×1465mm
ホイールベース2670mm
駆動方式4WD
車両重量1580kg
乗車定員5名
エンジン種類直列 4気筒 DOHC
総排気量1998cc
エンジン最高出力225kW(306PS)/6250rpm
エンジン最大トルク450Nm(45.9kg・m)/1750rpm
トランスミッション8速AT
使用燃料ハイオク
燃料消費率(JC08モード燃費)13.6km/L
燃料消費率(WLTCモード燃費)12.0km/L
燃料消費率(WLTC:市街地/郊外/高速道路モード)8.9km/L/12.2km/L/14.0km/L
タイヤサイズ225/40R18
BMW/1シリーズ
BMW 1シリーズカタログを見る
新車価格:
334万円630万円
中古価格:
25万円516.5万円
前へ 1 2
この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW 1シリーズの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW 1シリーズのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW 1シリーズの中古車検索 BMWの記事一覧 BMW 1シリーズの記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW 1シリーズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる