レクサス LXのライバル! 日産のフラグシップSUV「QX80/インフィニティ」【日本にない日本車】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
日産が北米などで展開する高級ブランド高級ブランド INFINITI(インフィニティ)。日本では展開されておらず、並行輸入車を除いて日本で見かけることはないブランドですが、魅力的なクルマが多数ラインナップしています。今回はそのなかでも、レクサス LXのような立ち位置となるフラッグシップSUV「QX80」を紹介していきましょう。

>>大迫力の外観とラグジュアリーな内装が魅力的! QX80の内外装を写真で見る[全50枚]

目次[開く][閉じる]
  1. エクステリア
  2. インテリア
  3. パワートレイン・先進安全装備

エクステリア

インフィニティのフラッグシップSUV QX80は、ボディサイズは全長約5340mm×全幅約2030mm×全高約1925mmと巨大で、圧倒的な存在感があります。ベースは日産の海外向けSUV「Patrol(パトロール)/Armada(アルマーダ)」をラグジュアリーに仕上げたプレミアムモデルです。

外観デザインは、大きな台形のフロントグリル、その大きさを相対的に高めている鋭いヘッドライト、多用されたメッキパーツなど、迫力のあるフロントフェイスとなっています。

テールライトを結ぶの水平なクロームメッキの加飾によって存在感を高めてたリアビューとなっています。

サイドビューも水平基調によって重厚感のあるデザイン。足元を彩る20インチのアルミホイールもシャープなデザインが採用されており高級感があります。

ボディカラーはシャンパンカラーや紺色などシックな8色を設定。

>>QX80の外装やカラバリを写真でもっと見る

インテリア

ゆったりとしたキャビンは3列シートを採用しており、2列目をキャプテンシートとした7人乗り、ベンチシートとした8人乗りから選べます。

インテリアは本革張りのシートやドアトリム(ドア室内側の内張り)、木目柄のパネルなど上質な素材が用いられており、落ち着いたカラーの5パターンから選択可能。1列目のシートはシートヒーター/ベンチレーション機能付き、キャプテンシートの2列目もヒーターをオプションで設定可能。

上位モデルのオーディオには、Bose Performance Audioを備えた17個のスピーカーを装備。遮音ガラスが採用された静かな車内空間で、高音質な音楽を楽しむことができます。

インパネ中央部分は、ナビゲーションを表示する8インチディスプレイと、スマートフォンと連携ができる7インチディスプレイ(グレードによってオーディオ・エアコンのボタン)のツインモニターが備わっています。

またリアに搭載したカメラの高精細な画像を表示できる「スマートリアビューミラー」など、巨大なボディでも不安なく操作ができるような装備も。

パワートレイン・先進安全装備

先進安全機能には、前車のさらに前方車両の挙動を監視し警告してくれる「予測前方衝突警告」や、移動物体検出機能を備えた「アラウンドビューモニター」、歩行者検知付きの自動被害軽減ブレーキ、死角の車両を検知する「ブラインドスポット警告」、車線逸脱防止システム、車間距離制御アシスト、0km/hまで自動で速度を調整する前車追尾機能付きの「インテリジェント・クルーズ・コントロール・システム」などを備えています。

パワートレインは、5.6リッターV型8気筒ガソリンエンジンと7速ATを組み合わせ、最高出力400馬力で余裕のクルージングを楽しめます。

アメリカでの価格は約730万円から。日本での正式な発売は予定されていませんが、レクサス LXの人気を考えれば日本でも売れそうな1台ではないでしょうか。

>>QX80の内外装やカラバリを写真でもっと見る[全50枚]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

米国インフィニティの最新自動車ニュース/記事

米国インフィニティのカタログ情報 米国インフィニティの中古車検索 米国インフィニティの記事一覧 米国インフィニティのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる