autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート フォルクスワーゲン トゥアレグ ドライビングエクスペリエンス 3ページ目

イベントレポート 2009/6/5 15:20

フォルクスワーゲン トゥアレグ ドライビングエクスペリエンス(3/3)

関連: フォルクスワーゲン トゥアレグ Text: 金子 浩久 Photo: フォルクスワーゲンジャパン
フォルクスワーゲン トゥアレグ ドライビングエクスペリエンス

VWのクルマが教えてくれたこと

翌日は、デューンと呼ばれる丘陵状の砂地を、一日中走った。

朝一番から、あちこちでスタック。無理もない、足首まで埋まるようなフカフカの砂地が360度見渡せるようなところなんて、日本には存在し ないのだから。誰かがスタックすれば、スコップで砂を掻き出すのを手伝い、自分がスタックすれば同じように助けてもらう。参加者3名のうち2名がトゥアレグ・ユーザーで、1名は他ブランドのドイツ製ワゴンユーザー。

「砂漠で何度もスタックしましたが、いい経験です。副変速機なんて、自分では使ったことありませんでしたから」ディナーの席で興奮気味に語っていたオーナー氏は、自分のトゥアレグに惚れ直したようだ。翌日は、砂漠から一転して、巨岩と絶壁の連続だった。景観は異なるが、眼に入る人工物が恐ろしく少ないという点で共通している。

日本で、毎日眼の前3センチぐらいの意識でせわしなく生きているから、こういった地平線まで何もないようなところを走っていると、意識が覚醒されてくる。

「トゥアレグで北海道に出掛けたり林道を走ったりしていますが、チュニジアはスケールが違う。次回は、女房を連れてきたいですね」僕だけでなく、トゥアレグオーナー氏も同じ気持ちのようだ。マタマタからジェリド湖を抜け、トズールに帰るルートでは、道は舗装に戻った。トゥアレグ 3.0 V6 TDIは最低地上高を下げ、安定して、快適に僕らを運んでくれた。

「SUVって、こういうところを走るためのクルマなんですね。スゴさがよくわかったので、次はトゥアレグに乗りたくなりました」他銘柄のドイツ製ステーションワゴンに乗っている参加者は、すぐにでも買い替えそうな勢いだった。

効率は良くないかもしれないが、自動車メーカーにとってこれほど強力なセールスプロモーションもないだろう。参加する側にとっても、忘れられない旅になる。フォルクスワーゲンと砂漠に限らず、様々なタイプの有料ツアーを欧米の自動車メーカーは用意している。

外国で思う存分クルマを走らせ、旅してみたいと考えている人は、各車のウェブサイトをチェックし、ディーラーに問い合わせてみることを強くお勧めしたい。外国で、クルマを思い切り走らせるのは難しくなくなったのだ。

筆者: 金子 浩久

フォルクスワーゲン トゥアレグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事

フォルクスワーゲン トゥアレグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン トゥアレグ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円