autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ 新型ヴィッツ 試乗レポート/今井優杏 2ページ目

試乗レポート 2011/1/24 14:26

トヨタ 新型ヴィッツ 試乗レポート/今井優杏(2/3)

トヨタ 新型ヴィッツ 試乗レポート/今井優杏

オシャレになった内装は質感も格段に向上!

新型ヴィッツを試乗中の今井優杏さん
新型ヴィッツ 1.3F 内装新型ヴィッツ 1.3F 内装

まず1.3Lの「F」に乗り込む。

・・・カワイイ。思わずときめいてしまった。内装がものすごくオシャレなのである。

アイボリーとダークグレーのツートンのファブリックシートは、軽量化のために薄く造ってあるが案外座り心地に不満はない。

それよりも、このカラーリングセンスにキュンとしてしまう方が勝る。

話は前後するが、今回のモデルチェンジでは全グレードにおいて、これまでの『女性ユーザー向けコンパクトカー』というコンセプトを払拭し、もっと幅広い層にターゲットを広げようという方向転換がなされている。

これが、ラブリーなものがあまり得意でない私にはクリーンヒットした(他にもクリーンヒットする女性は必ず存在すると断言する)。

左右のドアまで配されたインパネの装飾パットの配置も含め、インテリアはシンプルながらにしっかりまとまった、従来の同社国産コンパクトカーらしからぬデザイン。

これまで女性を意識しすぎてファンシーに振っていたような要素がきっぱりと排除され、プラスティッキーだった質感も格段に向上している。

新型ヴィッツ 試乗の様子新型ヴィッツ 試乗の様子

さて、肝心の走りの方だが、先代モデルに比べて格段によくなったと感じたのは、ロール剛性とサスペンションだった。スポーティグレードではないのに適度に締められ、走行ラインをジワっと舐めるような走行が楽しめる。

反してステアリングは驚くほど軽めにセッティングされているので、せっかくのスポーティさが薄められたような気がしたのが残念だ。

もう少し手応えを残してくれれば、物足りなさのないフィールになると思う。

この1.3L「F」にのみ設定されているアイドリングストップの『SMARTSTOP』だが、コアモデル・コアテクノロジーだけあって、この完成度は相当高い。特にアイドリングオフ時の振動のなさと言ったら、オーデイオを付けていなくても気づかない程だ。

再始動も至極スムーズで、振動もほとんど感じない。このクラス・この価格でこのクオリティは正直驚きだった。

トヨタ ヴィッツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴィッツ の関連記事

トヨタ ヴィッツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴィッツ の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴィッツ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25