autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 トヨタ「ヴェルファイア/アルファード」の新型と旧型を比較してみた 3ページ目

特別企画 2015/7/3 11:17

トヨタ「ヴェルファイア/アルファード」の新型と旧型を比較してみた(3/5)

トヨタ「ヴェルファイア/アルファード」の新型と旧型を比較してみた

走行安定性

トヨタ 新型アルファード先代 トヨタ アルファードハイブリッド

走りの面で大きく変わったのが、走行安定性と乗り心地だ。旧型はリアサスペンションがトーションビームの車軸式だったが、新型はダブルウイッシュボーンの独立式を使う。今はトーションビームで優れた走行安定性を発揮する車種も多く、サスペンション形式で一概には決められないが、新型はボディ剛性も向上させて走行安定性を進化させた。

旧型との一番の違いは操舵に対する反応だ。旧型は背の高いミニバンの典型で、走行安定性を無難に仕上げるために反応がかなり鈍かった。新型も鈍めではあるが、旧型に比べると違和感が薄れた。

後輪の接地性にも不足はなく、安全性を確保した上で操舵感を自然な印象に近づけている。

特に違いを感じるのがハイブリッド。旧型は車両重量とのバランスから、タイヤはグレードを問わず全車が16インチ(215/65R16)を履いた。旋回時には外側に位置する前輪が歪みやすかったが、新型で16インチを装着するのはXのみ。大半のグレードは17インチ(225/60R17)になる。リアサスペンションの変更と相まって、違和感をかなり解消した。

進化度数:5点/10点(順当に進化した)

乗り心地

先代 トヨタ ヴェルファイア ハイブリッドトヨタ 新型ヴェルファイア

ボディ剛性の向上とサスペンションの変更により、新型では乗り心地も改善されている。

進化度が最も大きいのは17インチタイヤ装着車だ。このタイヤは新型ヴェルファイア&アルファードに合わせて新開発され、ボディ剛性の向上、サスペンションの刷新と相まって乗り心地がしなやかに感じる。走行安定性とのバランスも良い。

18インチタイヤは旧型からの流用。新型でも上下に揺すられる印象はあるが、足まわりなどの変更で旧型に比べると快適性を高めた。旧型ではボディが比較的軽い直列4気筒のノーマルエンジン車に18インチタイヤを組み合わせると、前輪側の乗り心地の硬さが気になったが、新型は改善されている。

それでもベストな選択は17インチ。ただしV型6気筒の3.5リッターは、動力性能とのバランスから18インチを選ぶ手もあるだろう。

ちなみにエアロ仕様は18インチが標準装着だが、オプションで17インチにサイズダウンできる(価格も2万7000円あるいは3万4560円安くなる)。特に2.5リッターモデルは、17インチの装着を積極的に検討したい。

進化度数:6点/10点(順当に進化した)

[次のページに続く]

トヨタ ヴェルファイア 関連ページ

トヨタ アルファード 関連ページ

トヨタ ヴェルファイアハイブリッド 関連ページ

トヨタ アルファードハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴェルファイア の関連記事

トヨタ ヴェルファイアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴェルファイア の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴェルファイア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22