トヨタ「ヴェルファイア/アルファード」の新型と旧型を比較してみた(1/5)

トヨタ「ヴェルファイア/アルファード」の新型と旧型を比較してみた
トヨタ 新型ヴェルファイア トヨタ 新型ヴェルファイア トヨタ 新型ヴェルファイア トヨタ 新型ヴェルファイア トヨタ 新型ヴェルファイア トヨタ 新型ヴェルファイア トヨタ 新型ヴェルファイア/アルファード トヨタ 新型ヴェルファイア/アルファード トヨタ 新型ヴェルファイア トヨタ 新型ヴェルファイア トヨタ 新型ヴェルファイア 画像ギャラリーはこちら

「クラウンのミニバン仕様」ヴェルファイア&アルファードを徹底比較!

トヨタ 新型ヴェルファイア/アルファード

トヨタ「ヴェルファイア&アルファード」は、Lサイズの背の高いミニバン。売れ行きは好調で、ヴェルファイアはネッツトヨタ店、アルファードはトヨペット店が扱う。車内は数あるミニバンの中でも最大級の広さを誇り、インパネなどの内装も上質だ。「クラウンのミニバン仕様」といった雰囲気がある。

装備も充実しており、2列目シートには、オットマン(乗員のふくらはぎを支えるシートの補助機能)まで含めて各部の調節が電動式になる豪華な仕様も設けた。座り心地は旅客機のビジネスクラスを連想させる。後席用のモニター画面を天井に装着して、2/3列目の乗員がDVDなどを鑑賞できる装備も用意した。

エンジンは直列4気筒の2.5リッター(旧型は2.4リッター)、V型6気筒の3.5リッター、さらにハイブリッドも設定され、走行距離や予算に応じて最適な仕様を選択できる。

進化度数の基準

豪華なために売れ筋のグレードでも価格は350~400万円と高い。低価格化が進む今の国内市場では、1台当たりの粗利がきわめて多く、メーカーやディーラーの大切な収益源になっている。

今回、「ヴェルファイア&アルファード」も分かりやすい進化度数の基準として採点表を設定し、劇的な変化から、これまで「何となく変わったかも」程度だった違いまで、進化の度合いを徹底的に比べ、採点していく。

ボディスタイル&サイズ

トヨタ 新型ヴェルファイア

ボディサイズは旧型、新型ともにミニバンの中でも特に大柄。新型のサイズはヴェルファイアの標準ボディで見ると全長が4930mm、全幅は1850mmに達する。旧型に比べて60mm長く、20mmワイドになった。

全高は直列4気筒の「X」では新型が10mm低いが、グレードによって異なる。全高はほぼ同じだが、全長と全幅は少し大きくなった。

トヨタ 新型アルファード

それでもホイールベース(前輪と後輪の間隔)が50mm伸びて3000mmに達したから、外観の全体的なプロポーションはあまり変わっていない。

外観で特徴があるのはフロントマスクだ。ヴェルファイアは旧型、新型ともにクロームメッキを強調した派手なデザインになる。

先代 トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド

アルファードは、旧型もメッキグリルを装着したが、比較的フォーマルでLサイズセダン風だった。

これはトヨペット店に法人ユーザーが多く、仕事で使われることも影響していたが、新型は見違えるほど存在感の強い顔立ちに変わっている。

先代 トヨタ アルファードハイブリッド

背の高いミニバンはフロントマスクも厚い。そこにメッキグリルを装着すれば、セダンやクーペでは実現できない迫力のある表情に仕上がる。この顔立ちに賛否両論があることも事実だが、ヴェルファイア&アルファードの重要なセールスポイントになっている。

進化度数:1点/10点(もう少し頑張りましょう)

[次のページに続く]

トヨタ 新型ヴェルファイアトヨタ 新型ヴェルファイアトヨタ 新型ヴェルファイアトヨタ 新型ヴェルファイアトヨタ 新型ヴェルファイア
トヨタ 新型アルファードトヨタ 新型アルファードトヨタ 新型アルファードトヨタ 新型アルファードトヨタ 新型アルファード
先代 トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド先代 トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド先代 トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド先代 トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド先代 トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド
先代 トヨタ アルファードハイブリッド先代 トヨタ アルファードハイブリッド先代 トヨタ アルファードハイブリッド先代 トヨタ アルファードハイブリッド先代 トヨタ アルファードハイブリッド
1 2 3 4 5 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ヴェルファイアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヴェルファイアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヴェルファイアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヴェルファイアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヴェルファイアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる