autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 金子浩久VS小沢コージの2009年上半期ベスト・バイ・カー総論/国産車 編 3ページ目

ベストバイカー 2009/7/31 09:00

金子浩久VS小沢コージの2009年上半期ベスト・バイ・カー総論/国産車 編(3/3)

金子浩久VS小沢コージの2009年上半期ベスト・バイ・カー総論/国産車 編

私、クルマ和食の味に目覚めました

日産 GT-R スペックV

小沢:というわけで最後、ベストドライビングですけど、ここで本来主役として論ずべきはGT-RスペックVでしょうね。10人中3人がトップ評価。

金子:個人的な事情を言うと、確かに乗って良かったけど、本当はスタンダードなGT-Rの09年モデルの方がいいっていう話がある。残念ながらまだそれには乗れてないんで、正確なジャッジができない。それとリアシートのビニール地が気になったね。1,500万円のクルマであれはないでしょう!

小沢コージ氏

小沢:全然ハンドリングと関係ないじゃないですか!日本流の割り切りですよ。ただ、スペックVに関しては良くて当たり前というか、1,575万円というお値段を考えるとツライですね。

ノーマルのほぼ倍のお値段で、分かりやすく良くなってるのはブレーキのみ。あのカーボンブレーキはマジすごかったし、価値あると思ったけど、ノーマルGT-Rの方がなんかオトクで、感動がある。

金子:それでもポルシェ911ターボと比べると全然安いけどさ。

小沢:GT-Rにカーボンつけてスペシャルプライスって、どっかの高額機械式腕時計にカーボン文字盤付けて値段倍!って話ですよね。お金持ち独特の世界。俺たちと関係ない。

金子:それに比べて小沢はクラウンマジェスタか。どういう選択?

トヨタ クラウンマジェスタ

小沢:これはね。ホント、素晴らしいんですよ。俺は今回のマジェスタにのって、クラウンの味に目覚めたというか、クルマ和食の味に目覚めましたね。

一見、ハンドリングにせよ、加速にせよ、薄味で淡泊に感じるんだけど、長く乗ってると本当に癒されるし、シミジミ味わい深いってわかってくる。

金子:おお、タケノコの煮物に、ヒラメの縁側が旨い!ってな世界か。

小沢:俺も年取ったってことですよ(笑)。あと、今回のクラウンは、レクサスGSなんかとプラットフォーム共通で素材がいいんだと思った。要するに、素材本物で味付けだけが和風。

金子:レクサスあればこそ、クラウンの立場も明確になったと。確かにあれで『ほのか』に行きたいよな。

小沢:『ほのか』って?

金子:首都高3号線を下ると、環状線から入ってすぐの左にでかい看板が出てる温泉宿(笑)。あれがなんともエロくていいんだ。ハシで切れるとんかつとか、さしみで食えるシモフリとか、そういう和の濃厚なエロさがある。そういうシーンにこそマジェスタはドンピシャ。

小沢:一方 金子さんと藤島ちゃんはインプレッサのA-LINEですが。なんか妙にスバル付いてないですか?

(左)金子浩久氏/(右)小沢コージ氏

金子:いやいや、スバルの走りの良さは誰もが認めるところでしょう。そう言う意味では、WRXにATを付けたA-LINEの功績は大きい。誰でもあの楽しさを味わえるようにした。

小沢:かたやフィリピンの王様そっくりの松下さんはレガシィですけど。

金子:松下さんぐらいの体重があれば、レガシィがベスト(笑)。なんてジョークよジョーク、どっちもドライビングはいいから。

小沢:あとインサイトとマツダスピードアクセラにも一票づつ入ってますが。

金子:マツダスピードアクセラはちょっと反則気味だよね。極端に味付けがスポーティ。ノーマルアクセラと全然違う。

小沢:インサイトはちょっとハズしな気がしますね。勝ち組プリウスに対する、同情票的な要素も感じられるし。

金子:マイナーなところにはマイナーな楽しみがある。そういう考えもアリだよね。

トヨタ プリウス 関連ページ

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20