autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プリウス PHV 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/12/18 17:31

プリウス PHV 試乗レポート(3/3)

関連: トヨタ プリウス Text: 松下 宏 Photo: トヨタ自動車株式会社/オートックワン編集部
プリウス PHV 試乗レポート

電気自動車らしい元気な走り

プリウス プラグインハイブリッドプリウス プラグインハイブリッド

プリウス プラグインハイブリッドの走りは、正に電気自動車そのものだ。

プリウスにもEVモードが設けられていて、一定の車速までなら2kmくらいの距離をエンジンを使わない電気自動車として走らせることができる。

でもちょっとアクセルを踏み込みすぎたり、車速が上がりすぎたりすると、すぐにエンジンがかかってしまうから、少しでも長く電気自動車として走らせようとすると、相当に神経を使わなければならない。

これに対して、プリウスプラグインハイブリッドなら、普通に走っている限りは最大23.4kmまでは電気自動車として走らせることができる。

極端にアクセルを踏み込んだり、高速道路で時速100kmを超えるような領域に入るとエンジンがかかるが、高速クルージングを含めて電気だけで走ることも可能だ。それでいて元気な走りは、いかにも電気自動車らしいものになる。

ガソリンエンジンと違って、電気モーターは回した瞬間から最大トルクが立ち上がるのが特徴。アクセルを踏み込むとすぐに力強い加速が得られる。ゆっくり走り出すとほとんど無音状態で滑らかに発進するし、アクセルを少し強く踏み込めばウィーンというモーター音とともに力強い加速が得られる。さらに、アクセルを踏み込み続けるとエンジンも加わってくる。

エンジンは、プリウスと同じ1.8リッターで73kWを発生し、モーターは60kWを発生する。フル加速時などにはエンジンとモーターが力を合わせて加速するが、単純な足し算ではなくシステムとして発生できるのは100kWになる。馬力換算で136psの実力だから、一般的な1.8リッターエンジン並みの実力だ。

実際の加速感はそれ以上のものがあり、とても気持ち良く走らせることができる。今回の試乗はごく限られた条件だけだったので、いろいろな走りを試すことはできなかったが、電池による140kgの重量増と、電池の搭載位置があまり低くないことなどから、ワインディングなどでの運動性能は良くてプリウス並みか、あるいは少し劣る程度かも知れない。

市販まではあと2年

プリウス プラグインハイブリッド

プリウス プラグインハイブリッドは、次世代環境車の大本命になると思う。一気に電気自動車時代に入るのは、電池の性能と価格で大きなブレイクスルーがいくつも重ならないと無理と思われるからだ。

ただ、今回のプリウスは官公庁や電力会社などに限定的にリースするだけで市販されない。補助金などとの関係で価格が525万円に設定されているが、これも相当に高い。

スバルのプラグインステラや三菱のi-MiEVに比べて電池の搭載量が少ないのだから、もう少し安くても良いように思うが、意外と高い価格設定であった。

といっても全台数をリースするだけだし、特定の相手先に貸すだけなので、リース料金の設定についても明らかにされていない。ただ、一般向けのプラグインハイブリッドは2年後をメドに発売すると表明しており、そのときにはハイブリッドのプリウスとプラグインハイブリッドとを比べて選ぶような価格を設定したいとのことだった。

恐らくは、それまでに電池の性能と価格の向上が見込まれているので、こうした見通しにつながったのだろう。いずれにしてもプラグインハイブリッドに乗れる日まで、あと2年間待つしかない。

筆者: 松下 宏

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24