autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [試乗記]新型プリウスは、VW ゴルフやメルセデス・ベンツ Cクラスと並ぶ「世界の定番名車」になった 4ページ目

試乗レポート 2016/1/28 13:23

[試乗記]新型プリウスは、VW ゴルフやメルセデス・ベンツ Cクラスと並ぶ「世界の定番名車」になった(4/5)

[試乗記]新型プリウスは、VW ゴルフやメルセデス・ベンツ Cクラスと並ぶ「世界の定番名車」になった

いまだに足踏み式パーキングブレーキを採用し続ける意外な理由

トヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶトヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶ

しかし一方で気になる点が2つあった。

まず1つは、パーキングブレーキが相変わらずメカニカルな足踏み式であること。最近の新世代カーは、多くが電動パーキングブレーキを採用する。クルマによってはPレンジにすれば自動でパーキングブレーキをかけたり、始動時にアクセルを踏むと解除するものもある。

そんな時代に日本を代表するハイテクなプリウスが、電動パーキングブレーキを装備しない辺りに違和感を覚える。

もちろんこれには理由があり、採用自体は簡単にできるが、フェイルセーフ用の予備のバッテリーを積む必要があるから。この重量増やコスト等を嫌って現時点では採用されない。

軽くして燃費を稼ぐための努力はわかるが、それをユーザーメリット等とバーターにする感覚は正直、理解できない。

何故!? USBポートが標準装備されていない!

トヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶトヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶ

2つめは個人的に実に衝撃的だったのだが、USBポートが標準採用されないことだ。

ハイブリッドカーらしく、AC100Vの1500Wのコンセント差し込みを備えるし、オプションでセンターコンソールのトレイに携帯の非接触充電システムを用意するほどの電化ぶり。

にも関わらず、USBはオプション設定なのだ。

最近のクルマは標準装備がほとんどで、かつ新世代モデルならポートを2つ用意するクルマも多い。ましてや新時代に相応しいプリウスならば、USBポートが2つ備わっていて不思議ではないのに…。

もちろんシガーソケットを使って社外品のUSBポートを使えるため、問題は大きくない。だが現代人のライフスタイルを踏まえれば、最近のクルマは当たり前にスマホやタブレットを“充電できる場所”という認識だろう。そう考えるとせめてUSBポートは標準化してほしいものだ。

とはいえ、総評としては新型プリウス、非常に良いクルマだと評価する。

[プリウスは単なる大衆車の域に留まらない・・・次ページへ続く]

トヨタ プリウス 関連ページ

トヨタ プリウスPHV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21