autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [試乗記]新型プリウスは、VW ゴルフやメルセデス・ベンツ Cクラスと並ぶ「世界の定番名車」になった 2ページ目

試乗レポート 2016/1/28 13:23

[試乗記]新型プリウスは、VW ゴルフやメルセデス・ベンツ Cクラスと並ぶ「世界の定番名車」になった(2/5)

[試乗記]新型プリウスは、VW ゴルフやメルセデス・ベンツ Cクラスと並ぶ「世界の定番名車」になった

走り出しから気付かされる、新型プリウスの「骨太感」

トヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶ

実際にハンドルに伝わって来るクルマの動きにも、これまでにないしっとりとした感触さえ生まれている。

これをひと言でいえば“骨太”という言葉がもっとも相応しいだろう。

クルマの基本骨格がしっかりしたからこそ、走りが上質なものに感じられるようになったわけだ。先代モデルと比べると1クラス上のクルマのように成長したなと感じた。

ちなみにここまでで、新型プリウスはエンジンを始動していない。EVモードのまま走り出しての印象だ。それだけに通常のクルマよりも室内の静粛性が高いため、騒音振動があればすぐに気がつく。

が、新型プリウスはEVモードで走っていても、余計な騒音振動を伝えてこない。いかにしっかりと遮音がなされているかもわかる。

17インチモデルのすっきり感には欧州のベーシックカーに通じる「味わい」があった

トヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶトヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶ

先代は後席の横(タイヤハウスがあるあたりだ)から、タイヤが砂利を巻き上げる音などが透過して運転席でも聞こえる感覚があったが、新型はそうした騒音に対して確実にフィルターがかかっている感じで、タイヤと路面が接することで生まれるノイズが比較的遠くに聞こえる感じになっていた。

そしてこれも確実に、走りの好印象の要素のひとつといえるだろう。

さらに乗り心地も大幅に向上していることがよくわかる。

路面の段差を通過する際の車体の動きに、高級車っぽいしっとりとした感覚を伴うようになった。タイヤが段差を通過する時の衝撃が確実にまろやかだし、通過後のボディの振動も少なくなっている。

トヨタ 新型 プリウス[4代目・50型]試乗レポート/河口まなぶ

僕が気に入ったのは「A“ツーリングセレクション”」と呼ばれる17インチタイヤを装着したモデルだった。このモデルはスポーティな感覚のややカタめな乗り味ながらも、スッキリした乗り心地が実現されており、欧州のベーシックカーのような味わいが感じられた。

首都高に乗って大黒PAを目指し、アクセルを踏み込んでみる。するとエンジンが始動して、エンジン+モーターの力による加速が生まれる。

[新型プリウス最大の特長は走りの楽しさだった・・・次ページへ続く]

トヨタ プリウス 関連ページ

トヨタ プリウスPHV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26