autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ カムリハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2011/10/4 18:59

トヨタ カムリハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎(3/5)

関連: トヨタ カムリハイブリッド Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 島村栄二/オートックワン編集部
トヨタ カムリハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎

さらに快適になった新型カムリの乗り心地

トヨタ カムリハイブリッド

気になったのは、モーター駆動のみの領域を超えてエンジンが始動した時だ。

微振動が乗員に伝わる。車速が高まった状態で始動すれば違和感をあまり抱かないが、登坂路などで低い速度域からエンジンが始動すると、やや滑らかさに欠ける。

この違和感は、ほかの振動やノイズを抑え込んだ結果でもあるだろう。全般的に大きければ、エンジン始動時の振動は埋もれるが、静かで滑らかだと、違和感として目立ちやすい。

これだけの動力性能を確保して、10・15モード燃費は26.5km/L(JC08モードは23.4km/L)。2.4リッターエンジンをベースにするSAIやレクサスHS250hが23km/L、1.5リッターを積んだCR-ZのCVT仕様が25km/Lだから、立派な燃費性能だ。

前述のカムリの流れが変わった点として、乗り心地や操舵感も挙げられる。

プラットフォームは共通だが、サスペンションの取り付け部分の剛性を高め、骨格の形状を変えることで、走りの質を高めた。

トヨタ カムリハイブリッド

乗り心地は、国産の前輪駆動セダンでは上質な部類に入る。荒れた路面を通過したり、路上のマンホールの蓋を乗り越えた時でも、路面からのショックを伝えにくい。

ボディの下側などに装着された空力パーツも奏効して、ボディの揺れを効果的に抑える。先代カムリも現行型と同じくホイールベースは2,775mmと長い。乗り心地は良かったが、新型はさらに快適になった。

トヨタ カムリハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ カムリハイブリッド の関連記事

トヨタ カムリハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カムリハイブリッド の関連記事をもっと見る

トヨタ カムリハイブリッド の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27