autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ新型スイフトスポーツ速攻試乗レポート! 軽量化が功を奏した新しいスイスポは欧州ホットハッチにも負けてない!

試乗レポート 2017/9/28 12:20

スズキ新型スイフトスポーツ速攻試乗レポート! 軽量化が功を奏した新しいスイスポは欧州ホットハッチにも負けてない!

関連: スズキ スイフト Text: 国沢 光宏 Photo: 小林 岳夫・和田 清志
スズキ 新型スイフトスポーツ
スズキ 新型スイフトスポーツスズキ 新型スイフトスポーツスズキ 新型スイフトスポーツスズキ 新型スイフトスポーツ画像ギャラリーはこちら

話題豊富な新型スイフトスポーツは乗る前から期待度MAX!

スズキの人気ホットハッチ”スイフトスポーツ”が2017年9月20日にフルモデルチェンジした。ベースのスイフトに対し全幅を40mm広げトレッドを拡大。さらに新開発のK14C型1.4リッター“ブースタージェット”ターボエンジンを搭載するほか、新プラットフォーム化し、更なる軽量化を推進させ車重1トンを切るなど、乗る前からもう期待度MAXだ。そんな新型スイフトスポーツをデビュー早々試乗してくれたのは、自動車評論家の国沢光宏氏だ。

>>【カタログ】主要装備やスペック、人気グレードランキングを見たい方はこちら

新しい1.4ターボ+軽量化が効いて先代スイスポよりも活発!

スズキ 新型スイフトスポーツ

スズキの新型スイフトスポーツがデビューしたので早速試乗してみたい。

スポーツモデルながら、あまり個性を主張しないシートに座りエンジン始動。乾いた良い音を聞かせてくれた先代と違い、案外普通。少しガッカリしながら、あまりタッチの良くないギアを1速に入れクラッチミートする。

するとどうよ! 先代より明確に元気良い!

そらそうだ。車重を70kg軽くした上、エンジントルクは160Nmから230Nmへ70Nmも増えている。0~100km加速で20%も速くなっているという。ちなみに最大トルク230Nmはターボ無しエンジンだと2300ccに匹敵するほど。音や振動面を工夫し、もう少し官能的なエンジンフィールを作ってやれば、200万円以下のスポーツモデルとしちゃ魅力満点!

ちなみ6速ATモデルも試乗してみたが、むしろトルクの太さはマニュアルより大きな武器になっている。マニュアルかATか迷ったら、なかなか難しい選択になりそう。

>>【画像】いよいよ公道デビュー! 新型スイフトスポーツの撮りおろし画像78枚を見る

上質な仕上がりの足回りにも感心

スズキ 新型スイフトスポーツ

走りだしから感心する上質な乗り心地

足回りにも感心した。新型はコストダウンのため国産ダンパーを採用するというウワサもあったけれど、発表されてみたら従来通りテネコ製。走り出すと、新型スイフトスポーツのアシはしなやかに動く。

未だに「ゴツゴツする足回りがスポーティ」と思っている人も少なくないようだけれど、良いサスペンションって滑らか。国産ダンパーの場合、なぜか最初の動き出しが渋くゴツゴツしがち。しかしテネコやビルシュタイン、ザックスの場合、上質な乗り心地を持ちながらコーナーで粘ってくれる。

スズキ 新型スイフトスポーツ

高速でのスタビリティやブレーキ性能にも満足

高速走行時のスタビリティだって素晴らしい。テネコ製を使うスイフトスポーツの乗り味は、ヨーロッパ車く比べたって負けておらず。

ブレーキは見た目超安っぽい。ローター径が小さく、キャリパーもデザインに全くコストを掛けていない。全く期待していなかったら、タッチ&絶対的な性能共に上々である。車重も軽いため、ブレーキ性能は要求されないのかもしれない。もう少し”見てくれ”を考えてくれたら嬉しいのに。

スズキ 新型スイフトスポーツ

6速ATモデルもなかなか愉しくMTと迷うレベル

前述の通りトルコン式6速AT車にも乗ってみた。パドルシフトが付いており、シフトアップ操作するとけっこうなレスポンス。ターボエンジン特有のトルクバンドの広さもあり(2500~3500回転まで230Nmをキープ)、ワインディングロードを気持ち良いペースで走れる。

新型スイフトスポーツのセーフティパッケージはお買い得の必須アイテムだ

スズキ 新型スイフトスポーツ

スイフトスポーツの安全装備についても、8万6400円高の”セーフティパッケージ”を付けば万全だ。この価格で自動ブレーキだけでなくサイド&カーテンエアバッグと、後席の高機能型安全シートベルト、アダプティブクルコンまでセットになっている。事故に遭った時の安全性で3ランクくらい有利かつ、事故を起こしにくい。自動ブレーキはレーザー+単眼カメラを使うシステム。停止している車両に対し50km/hノーブレーキで接近しても自動停止。速度域が低ければ歩行者も認識してブレーキ掛けてくれる。このクラスの自動ブレーキとして考えたら合格点。スイフトスポーツを買うなら、セーフティパッケージは必ず付けておくべきだと思う。

結論、新型スイフトスポーツはお買い得! だがしかし・・・

スズキ 新型スイフトスポーツ

さて、新型スイフトスポーツは魅力満点か?

比較的高機能な自動ブレーキも付けて192万2400円ならお買い得である!

ただ排気量的に中途半端となったため、モータースポーツのベース車両として使いにくくなった。1400ccターボだと2500ccクラスと戦わなくちゃならない。売れ行きにも影響するかもしれません。

[レポート:国沢光宏/Photo:小林岳夫・和田清志]

関連コンテンツ

スズキ スイフトスポーツの関連コンテンツ

>>【歴代】スズキ スイフトスポーツとは?初代スイフトから新型スイフトスポーツまで、歴代モデルをカンタン解説!

>>【解説】スズキ 新型スイフトスポーツ発売!初の1.4Lターボを搭載し、3ナンバー化するも価格は183万円から。安全装備も搭載された最新スポーツハッチを徹底解説!

>>【比較】スズキ 新型スイフトスポーツ vs. 日産 ノートNISMOどっちが買い!?|人気のコンパクトカーをベースにしたMTスポーツモデルを徹底比較!

その他の試乗レポート

>>【試乗】トヨタがプリウスPHVやマークXまでスポーツモデルに!GRシリーズに試乗してその特徴に迫る!

>>【試乗】ホンダの本気が見えた!新型シビックタイプRは初代インテグラタイプRを超えた!史上最高のハンドリング

新型スイフトスポーツ 主要スペック表
グレード スイフトスポーツ セーフティパッケージ装備車[6MT]
全長 3,890mm
全幅 1,735mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,450mm
車両重量 970kg
乗車定員 5名
エンジン種類 直列4気筒 DOHC 16V VVT ガソリン直噴ターボエンジン
総排気量 1,371cc
最高出力 140ps(103kW)/5,500rpm
最大トルク 23.4kg-m(230Sm)/2,500-3,500rpm
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン(ハイオク指定)
トランスミッション 6速マニュアルトランスミッション(6MT)
燃料消費率 16.4km/L(JC08モード)
サスペンション形式 (前)マクファーソンストラット形式 (後)トーションビーム式
タイヤサイズ 195/45R17 81W
メーカー希望小売価格 1,922,400円

※6速ATモデルは1,992,600円>

▼【CM】SUZUKI スイフトスポーツ TVCM「Manga World」篇

筆者: 国沢 光宏

スズキ スイフト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ スイフト の関連記事

スズキ スイフトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ スイフト の関連記事をもっと見る

スズキ スイフト の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24