autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ スペーシア 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2013/03/12 23:03

スズキ スペーシア 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/4)

関連: スズキ スペーシア Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
スズキ スペーシア 試乗レポート/渡辺陽一郎

ワゴンRを上回る「29km/L」という超絶低燃費を実現!

スズキ スペーシア「T」(DOHC VVT ターボエンジン搭載モデル)[ボディカラー:キャンドルオレンジメタリック]

「疑問がなさそうで、実は知りたいことが意外に多いクルマ」

それが、背の高い新型軽自動車「スズキ スペーシア」ではないだろうか。2月26日に「スズキ スペーシア 新型車解説」を掲載しているので詳細は省くが、一番の疑問はJC08モード燃費が29km/Lに達する燃費性能だろう。

2012年9月に登場した同じスズキの「ワゴンR」は、28.8km/Lという超低燃費でニュースになった。スペーシアは車両重量がワゴンRよりも60kg重い850kg(ノーマルエンジンのX)、全高は95mm高い1,735mmだ。ボディが重く、空気抵抗も増えれば燃費で不利になるが、JC08モードの数値はスペーシアが0.2km/L優れている。

スズキ スペーシアの動画試乗レポートはコチラ↓↓

スズキ スペーシア動画試乗レポート~渡辺陽一郎のカーライフガイド~

ワゴンRよりもさらに低燃費な理由

スズキ スペーシア リアコンビランプ(LEDストップランプ)

開発者に尋ねると、「ワゴンRに対して複数の改善を加えたため」と言う。

タイミングチェーン(バルブを駆動する機能でベルトではなくチェーン式)の幅を35%細くし、パワーロスを低減している。さらに、エンジンの吸排気系統に備わる可変バルブタイミング機能の作動も見直して、ワゴンR以上に効率の良い燃焼が行えるよう工夫した。

CVT(無段変速AT)は副変速機を備えたタイプだが、ワゴンRに比べるとローギヤを使う頻度が抑えられている。低速域でもハイギヤの状態を長く維持することで、エンジン回転を抑える制御とされた。

こういったさまざまな工夫を施すことで、より背が高くボディも重いスペーシアにもかかわらず、燃費はワゴンRを上まわっている。

ちなみに、スペーシアの登場とほぼ同時期の2013年2月20日には「アルトエコ」もマイナーチェンジが図られ、JC08モード燃費を従来の30.2km/Lから33km/Lへと大幅に向上させている。スペーシアと同様の機能を組み込んで、約10%の燃費改善が図られている。

「パレット」から「スペーシア」へ改名した理由とは

スズキ スペーシア フロント周り

疑問はほかにもある。どう見ても従来の「スズキ パレット」の後継車種だが、車名をスペーシアに改名したこと。

この理由は単純で、パレットの売れ行きがイマイチだったから。スペーシアではボディサイドの上に向けた絞り込みを抑え、天井部分では左右の幅を60mm広げている。

パレットは正面から見ると台形のデザインだったが、スペーシアは長断期を施す年2タp>ちげ行が高ぐ蘃0mり"ontain高くボディも重左僬さ作っられ、JC0m婵舿ttp://う巗たこて高ぐ蘃0m"alt="スけよo.jさ作っ