autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】スバル レヴォーグ vs マツダ アテンザワゴン どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2014/3/14 17:45

【比較】スバル レヴォーグ vs マツダ アテンザワゴン どっちが買い!?徹底比較(2/3)

【比較】スバル レヴォーグ vs マツダ アテンザワゴン どっちが買い!?徹底比較

【スバル レヴォーグ vs マツダ アテンザワゴン 装備対決】

レヴォーグとアテンザワゴンの比較グレードだが、レヴォーグは注目の2リッター300psモデル「2.0GT アイサイト」、アテンザワゴンはクリーンディーゼルの「XD」で比較してみよう。

まずは「レヴォーグ 2.0GTアイサイト」(334万8,000円)と、「アテンザワゴン XD」に衝突回避の支援機能を含んだ安全装備をフル装着した仕様(324万7,560円/消費税は8%)との比較だ。

装備レベルはほぼ同等。レヴォーグには運転席と助手席の電動調節機能が備わり、アテンザワゴンにはディスチャージヘッドランプが装着される。

動力性能は、レヴォーグ 2.0GTアイサイトの最高出力が「300ps」(5,600rpm)、最大トルクは「40.8kg-m」(2,000~4,800rpm)。アテンザワゴン XDは、最高出力「175ps」(4,500rpm)最大トルク「42.8kg-m」(2,000rpm)だ。

最高出力はレヴォーグ 2.0GTアイサイトが125ps勝るが、最大トルクはアテンザワゴン XDが2kg-m上まわっている。

単純な動力性能を競えば、レヴォーグ2.0GTアイサイトに軍配が上がる。

レヴォーグには筆者はすでに試乗しているが、レヴォーグが搭載する2リッターのDITには、レガシィの同型エンジンに比べると3,000rpm付近から急激な速度の上昇が抑えられている。扱いやすくなり、4リッタークラスのノーマルエンジンに近い感覚で加速できる。

一方、アテンザワゴンXDは、ディーゼルらしく低回転域から発生する強大なトルクが魅力。このあたりは好みの違いだが、実用回転域で高い駆動力を発揮するアテンザワゴンXDに魅力を感じるユーザーも多いだろう。

スバル レヴォーグ(LEVORG)フロントイメージスバル レヴォーグ(LEVORG)リアイメージスバル レヴォーグ(LEVORG)フロントビュースバル レヴォーグ(LEVORG)リアビュースバル レヴォーグ(LEVORG)サイドビュー
マツダ 新型 アテンザ ワゴン XD(クロスディー) L Package[SKYACTIV-D(クリーンディーゼルモデル)] ボディカラー:ブルーリフレックスマイカマツダ 新型 アテンザ ワゴン XD L Package エクステリア・リアビュー(左)マツダ 新型 アテンザ ワゴン XD L Package エクステリア・正面マツダ 新型 アテンザ ワゴン XD L Package エクステリア・リア正面マツダ 新型 アテンザ ワゴン XD L Package エクステリア・サイドビュー

【スバル レヴォーグ vs マツダ アテンザワゴン 燃費対決】

そして燃費は、レヴォーグ 2.0GTアイサイトが「13.2km/L」で、アテンザワゴン XDは「20km/L」(※ いづれもJC08モード燃費)。使用燃料は、レヴォーグ 2.0GT アイサイトが「プレミアムガソリン」、アテンザワゴン XDはクリーンディーゼルターボだからもちろん「軽油」だ。

となれば実用燃費で計算して、1km当たりの走行コストはレヴォーグ 2.0GTアイサイトが「15.2円」、アテンザワゴン XDは「8.2円」。1万km走ったと仮定すると、レヴォーグ 2.0GTアイサイトが「15万2000円」、アテンザワゴン XDが「8万2,000円」の差額となり、結果、燃料代はアテンザワゴン XDが約半分で済むことになる。

この走行コストの違いを考えると、走行距離の伸びるユーザーには、やはりアテンザ XDを推奨したい。

スバル レヴォーグ(LEVORG)エンジンマツダ 新型 アテンザ ワゴン XD L Package SKYACTIV-D 直4 直噴ディーゼル DOHCターボエンジン

一方、「レヴォーグ 1.6GT-S アイサイト」(305万6,400円)と、「アテンザワゴン 25S Lパッケージ」(308万2,400円/消費税は8%)を比較するとどうだろうか。

まず、価格と装備については共に互角だ。動力性能は「レヴォーグ 1.6GT-S アイサイト」の最高出力が170ps(4,800~5,600rpm)、最大トルクは25.5kg-m(1,800~4,800rpm)。アテンザワゴン 25S Lパッケージは188ps(5,700rpm)/25.5kg-m(3,250rpm)と、こちらも数値上の大差はない。

運転感覚については、低回転で高い動力性能を発揮する「レヴォーグ 1.6GT-S アイサイト」が力強いが、エンジンの回転感覚はターボを用いない「アテンザワゴン 25S Lパッケージ」が自然な印象を受ける。この選択も、どちらが良いかはユーザーの好みによって分かれるところだろう。

スバル レヴォーグ(LEVORG)試乗イメージ1マツダ 新型 アテンザ ワゴン XD L Package 試乗イメージ4

燃費は、レヴォーグ 1.6GT-S アイサイト、アテンザワゴン 25S Lパッケージともに「16km/L」。

価格、動力性能、燃費など「レヴォーグ 1.6GT-S アイサイト」と「アテンザワゴン 25S Lパッケージ」の2台には共通点が多い。

さらに、走行安定性やハンドリングの傾向も、実は両車ともに良く似ているのだ。どちらも、後輪の安定性を十分に確保しつつ、自然に曲がる印象に仕上げられている。

今は日本車、輸入車を問わず同様の傾向にあるので当然ともいえるが、設計の新しいクルマに乗るメリットを実感させてくれる。

その上で違いを述べるとすれば、レヴォーグには“軽快感”が伴い“運転の楽しさ”を感じさせる。そしてアテンザワゴンはレヴォーグほど軽快ではないが、1,840mmに達する全幅によって直進時に“安心感”の高さが特筆出来る。

強いていえば、レヴォーグの方がスポーティであり、クルマ好きには適するだろう。

この性格の違いは、売れ筋になるエンジンともマッチしている。アテンザワゴンは直進安定性に優れた高速道路向けのクルマとあって、実用回転域の駆動力が高い「クリーンディーゼルターボ」がピッタリ。レヴォーグは1.6リッターのターボが主力だけに、少しコンパクトなサイズを生かした機敏な走りが楽しい。

スバル レヴォーグ 関連ページ

マツダ アテンザワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26