autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT 試乗レポート/藤島知子

試乗レポート 2012/7/2 13:38

スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT 試乗レポート/藤島知子(1/3)

関連: スバル レガシィB4 , スバル レガシィツーリングワゴン Text: 藤島 知子 Photo: 茂呂幸正/オートックワン編集部
スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT 試乗レポート/藤島知子

スバルらしいこだわりをさらに凝縮した新世代レガシィの進化を探る

スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT エクステリア・リアビュー
スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT 正面スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT リア

2009年のフルモデルチェンジで変貌を遂げたスバルの5代目「レガシィ」シリーズ。大きく描かれたシルエットに、ひとクラス上の質感を手にしたインテリア、何よりも乗員がゆったり過ごせる居住空間を得たことで、随分と立派なクルマに生まれ変わった。

しかし大型化したレガシィは、それまでのレガシィを知る者にとって、どこか『大味感』を与えるモデルであったことも否めない。

『市場のニーズも大切だが、コダワリをもつスバリストたちの声にも応えたい』

そんなジレンマに苛まれていたのは、開発陣も同じだったのではないだろうか。

スバルというメーカーは、これまで作り手の熱意と乗り手側の思いを交錯させながら、クルマを魅力的なものに育ててきた。『全性能進化』と掲げ、2012年5月に実施された大規模なマイナーチェンジは、『大味』とは対極にある『凝縮感』をもたらすクルマ作りが焦点となる。

引き締まった表情、質感の高まったインテリア

スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT[ボディカラー:アイスシルバーメタリック]
スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT マルチインフォメーションディスプレイ付ルミセントメーター[写真は「SI-DRIVE:S# スポーツ・シャープモード」]スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT 専用フロントシート

エクステリアの変更点ですぐに目に留まるのはフロント周りのデザイン。2011年末に登場した新型「インプレッサ」と同様のモチーフが採用されたフロントグリル、大きな目つきのヘッドライトは、内側に“コ”の字を描き、ワイド感を高めたバンパーと合わせて、以前よりも横のラインが強調されて引き締まったイメージに変わった。

インテリアについては、インパネの加飾パネルがヘアライン加工を施したブラックからダークメタリックに変更されたほか、メーター内には3.5インチのカラー液晶画面が埋め込まれている。エコ運転に効果を発揮する瞬間燃費計は、アナログ式のタイプから、色彩でエコ運転度を知らせるデジタル表示に変わったことで、ドライバーが直感的に把握しやすいものになった。

シート表皮は全グレードにおいて上質感のあるものに変更されている。最上級モデルの2.0 GT DITは、ブラック地のファブリックと合成皮革のコンビシートにブルーステッチを用いたハイセンスな仕様が標準装備されている。

パワートレーンで最大の変更点は、第3世代のBOXERエンジンが採用されたこと。エンジンタイプに合わせて最適化されたCVTに加えて、シャシー性能の強化、Ver.2に進化したアイサイトを導入するなど、全方位的な改良が行われていることが分かる。

スバル レガシィB4 関連ページ

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィB4 の関連記事

スバル レガシィB4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィB4 の関連記事をもっと見る

スバル レガシィB4 の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23