autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 「”疲れにくいタイヤ”って何!?」ブリヂストン「Playz PXシリーズ」試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2016/1/8 13:05

「”疲れにくいタイヤ”って何!?」ブリヂストン「Playz PXシリーズ」試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

Text: 岡本 幸一郎 Photo: 和田清志・ブリヂストン
「”疲れにくいタイヤ”って何!?」ブリヂストン「Playz PXシリーズ」試乗レポート/岡本幸一郎

ドライ路で感じたドライバビリティの高さ

「”疲れにくいタイヤ”って何!?」ブリヂストン「Playz PXシリーズ」試乗レポート/岡本幸一郎

ドライハンドリング路では、CT200h、セレナ、ムーヴの順で、最初にEcopia EX20シリーズ(以下「Ecopia」)を履いた車両で感触を確かめ、直後にPlayz PXシリーズ(以下「Playz」)装着車に乗り換えた。

3台どれに乗っても感じたことは、Playzシリーズが訴求する「疲れにくい」という言葉からイメージするよりも、まずドライバビリティの高さが印象に残った。

ケースに剛性感があり、グリップも高く、直進性が高いので、至って走りが安定していて、あまり修正舵を要しない。

一体感ある走りで「ラク」

「”疲れにくいタイヤ”って何!?」ブリヂストン「Playz PXシリーズ」試乗レポート/岡本幸一郎

コーナリングでは、ステアリングの切り始めから応答遅れなくノーズが向きを変え、しかも小さな操舵量で曲がっていく。操舵に対する正確性も高い。

応答遅れがあると、曲がらないと思って切りすぎてしまいがち。そうすると今度曲がりすぎるので、また直すといった状況に陥りがちだ。

しかしPlayzなら、切りすぎることもなければオツリもない。走りに一体感があり、意のままに動くので、それが疲れにくさにつながる、という感じだろうか。

「”疲れにくいタイヤ”って何!?」ブリヂストン「Playz PXシリーズ」試乗レポート/岡本幸一郎

重心高が高いセレナでは、なおのこと顕著に違いがわかる。

ロールレートも小さくなっていることも実感する。

疲れにくいであろう上に、ミニバンながら運転を楽しめる感じの走り味になっている。

高速でのレーンチェンジも「ラク」

「”疲れにくいタイヤ”って何!?」ブリヂストン「Playz PXシリーズ」試乗レポート/岡本幸一郎

高速道路でのレーンチェンジを想定したスラロームではフラつきの小ささを実感する。

このあたり、イン側の剛性を高めたミニバン専用設計が効いていることに違いない。

それにしてもこれほど違うと思わなかった。ミニバンであれば人を乗せることも多いが、同乗者にとってもPlayzのほうがありがたいはずだ。

「”疲れにくいタイヤ”って何!?」ブリヂストン「Playz PXシリーズ」試乗レポート/岡本幸一郎

軽自動車のムーヴも、やはり同じように舵角も減ってロール角も小さくなっている。

ただし、走りはどっしりと骨太な印象になり、路面への当たりの硬さや音がやや強く出ていた気もしたのだが、絶対的な車両重量が小さく、タイヤへの荷重も小さいムーヴの場合は、Ecopiaでのバランス感もこれはこれでなかなかよく、逆に最新のPlayzではややオーバースペックな印象も受けた。

このあたりは相性の問題であり、どちらがよいかは好みによるだろう。

[WET路面での印象は・・・次ページへ続く]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!