autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ジュネーブモーターショー2014 【ジュネーブショー2014】日産、新型クロスオーバー3車種を一堂に展示

モーターショー 2014/3/6 14:23

【ジュネーブショー2014】日産、新型クロスオーバー3車種を一堂に展示

【ジュネーブショー2014】日産、新型クロスオーバー3車種を一堂に展示

日産自動車は、「第84回ジュネーブモーターショー」(プレスデー:3月4日~5日、一般公開日:3月6日~16日)で、「ジューク」、「エクストレイル」および「キャシュカイ」のクロスオーバー3車種を一同に展示し、日産のクロスオーバーセグメントにおける強固な優位性を示した。

また、ゼロ・エミッション車「e-NV200」の生産モデルを世界初公開したほか、「NISSAN GT-R NISMO」を欧州で初お披露目した。

日産は、先進技術を搭載した革新的な商品や新型車などに対するマーケットの強い需要に応えるため、2014年に欧州の工場で、クロスオーバー、商用車などの生産を拡大する。

「キャシュカイ」や100%電気自動車「リーフ」などの増産に加え、100%電気自動車第2弾の「e-NV200」の生産開始、更に英国、スペイン、ロシアの工場で増産を計画している。日産の欧州にある生産工場は今後その重要性を更に増すことになる。 昨年、日産が欧州で販売した車両の80%は欧州生産車であった。欧州での生産開始から30年の間に、日産は欧州で累計1,000万台の車両を生産している。

ジューク

日産 ジューク/ジュネーブモーターショー2014

その革新性により全く新しい市場セグメントをつくり出した「ジューク」は、発売から3年が経過。「キャシュカイ」が独自のクロスオーバーセグメントの先駆けとなったように、「ジューク」は、印象的なデザインと先進技術の採用により、コンパクトクロスオーバーという新境地を切り拓いている。

「ジューク」は、個性的なスタイリング、力強いドライビング性能、洗練されたインテリアの組み合わせにより、発売からわずか40カ月で42万台を販売した。

拡大する小型クロスオーバー市場において、その上質なスタイルと優雅さで、卓越したモデルとしての地位を確立した「ジューク」は、新しいデザインを採用する。

◎関連記事

■日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)試乗レポート/斎藤聡

日産 ジューク/ジュネーブモーターショー2014日産 ジューク/ジュネーブモーターショー2014日産 ジューク/ジュネーブモーターショー2014日産 ジューク/ジュネーブモーターショー2014P日産 ジューク/ジュネーブモーターショー2014

新型エクストレイル

日産 新型エクストレイル/※写真は日本で撮影したもの

新型「エクストレイル」は、先進的な4WDシステムと日産のクロスオーバーらしい特徴的なデザインを採用している。更に、LEDヘッドランプ、セーフティシールドテクノロジー、「ニッサンコネクト」ナビゲーション・情報システムなどの革新的な技術も数多く搭載している。

また、ルノー日産アライアンスのコモンモジュールファミリープラットフォームをベースにした新型「エクストレイル」は、実用性も大幅に向上。『シアタースタイル』の新しいシートレイアウトや、2列目スライドシートに加え、新規に3列目シートを採用し、レッグルームとヘッドルームも拡大している。

◎関連記事

■日産 新型 エクストレイル[3代目/2013年末フルモデルチェンジ]試乗レポート/今井優杏

■日産 新型エクストレイル[2013年12月フルモデルチェンジ]新型車解説/渡辺陽一郎

e-NV200

日産 e-NV200/ジュネーブモーターショー2014

日産は、非常に安いランニングコストと、今までにない洗練さを実現した100%電気自動車「e-NV200」を発売する。ワールドカー・オブ・ザ・イヤーを受賞した「リーフ」と、インターナショナル・バン・オブ・ザ・イヤーを受賞した「NV200」という2台の強みを兼ね備えた「e-NV200」は、小型商用車の常識を覆すモデルとなるだろう。

「e-NV200」は、「リーフ」に使われている高性能の電動パワートレインをベースに、「NV200」の誇るクラストップの荷室空間を提供し、排出ガスや不快な騒音を出すことなく、人や物を運ぶことができる実用的で多用途なクルマ。主にビジネスでの用途を想定しているが、大家族のユーザーの自家用車としての利用にも適した5人乗りのワンボックスカーである。「e-NV200」は、本年5月に発売を予定。

日産 e-NV200/ジュネーブモーターショー2014日産 e-NV200/ジュネーブモーターショー2014日産 e-NV200/ジュネーブモーターショー2014日産 e-NV200/ジュネーブモーターショー2014日産 e-NV200/ジュネーブモーターショー2014

NISSAN GT-R NISMO

日産 GT-R NISMO/※画像は東京オートサロン2014のもの

生産モデルとして欧州初公開となる「NISSAN GT-R NISMO」は、量産車として世界最速のラップタイムを刻んだニュルブルクリンク北コースにおいて開発された。NISMOブランドのスピリットを体現した「NISSAN GT-R NISMO」は、専用の3.8リッターツインターボチャージャー付きV6エンジンや専用チューニングしたサスペンションなどを採用し、300km/h走行時にプラス100kgのダウンフォースを発生する優れた空力性能を実現している。

ニッサン ブレードグライダー

日産 ブレイドグライダー/※写真は東京モーターショー2013のもの

ジュネーブモーターショーで欧州初公開となるコンセプトカー「ニッサン ブレードグライダー」は、幅の狭いフロントトレッドと幅広でより安定性のあるリアトレッドを採用し、これまでにない特徴的で斬新なデザインを提案している。

また、リアホイールの間にリチウムイオンバッテリーとインホイールモーターを搭載したことで最適な重量配分を実現した。

◎関連記事:【東京モーターショー2013 現地速報】日産による粋なサプライズ!事前情報一切なしで登場した「IDx」「IDx NISMO」!さらにリアが格好いい!「ブレイドグライダー」3台がワールドプレミア!

新型 キャシュカイ

新型「キャシュカイ」は、ジュネーブモーターショーの目玉モデル。クロスオーバーのデザインにおいて、新しい時代の到来を告げるこの新型「キャシュカイ」は、かつてないほどの注目を浴びている。

生産は、日産のサンダーランド工場(英国)で既に本格的に始まっているが、日産のセーフティーシールドや、スマートフォンとの接続が可能な最新の「ニッサンコネクト」システムなど、数々の初搭載の技術と多くの革新的で実用的なデザインにより、クロスオーバー市場における日産のリーダーシップを証明するクルマとなっている。

日産 GT-R 関連ページ

日産 ジューク 関連ページ

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 GT-R の関連記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連記事をもっと見る

日産 GT-R の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25