autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が800万台を突破

自動車ニュース 2015/8/21 14:41

トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が800万台を突破

ハイブリッド 30モデル、PHV 1モデルを約90の国・地域で販売

トヨタ プリウス(初代)
トヨタ プリウス(2代目)トヨタ プリウス(2代目)

トヨタは、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が、2015年7月末までに804.8万台となり、800万台を突破したと発表した。

トヨタは、環境への対応を経営の最重要課題の1つと位置付け、「エコカーは普及してこそ環境への貢献」との考えのもと、これまでハイブリッド車の普及に取り組んできた。

1997年8月に日本でコースターハイブリッドEVを発売、同年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売して以来、2014年9月末に700万台を突破してから約10か月で累計販売台数800万台を達成した。

トヨタは、直近の1年間でも新型エスクァイア(2014年10月より発売)、新型シエンタ(2015年7月より発売)をはじめ3車種で新たにハイブリッドモデルを投入するなど、2015年7月末現在、ハイブリッド乗用車30モデル、プラグインハイブリッド車1モデルを、合わせて約90以上の国・地域で販売している。

また、今秋にはRAV4ハイブリッドを米国で、本年中には中国産ハイブリッドユニットを搭載したカローラハイブリッド、レビンハイブリッドを中国で発売予定であり、引き続き更なるラインナップの拡充、販売地域の拡大に努めていく。

なお、2015年7月末までに販売したハイブリッド車のCO2排出抑制効果は、車両サイズおよび動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車のCO2排出量と比較し、約5,800万トンに上るとトヨタでは試算しており、気候変動の原因のひとつとされるCO2の削減に寄与したと考えている。

また、ガソリン消費抑制量は、同等クラスのガソリンエンジン車のガソリン消費量と比較し、約2,200万kLの効果があったと試算している。

トヨタは、各種のエコカー開発に必要なすべての要素技術を含み、様々な燃料と組み合わせることができるハイブリッド技術を「21世紀の環境コア技術」と位置付け、ハイブリッド車以外のエコカー開発にも取り組んでいる。そして、ハイブリッド車についても、更なる高性能化やコスト低減、商品ラインナップの拡充に今後も取り組んでいく。

トヨタ プリウス(3代目)トヨタ プリウス(3代目)トヨタ プリウスαトヨタ エスクァイアトヨタ シエンタ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/11~2017/12/11