autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マイルドハイブリッドを搭載したソリオの“本当の燃費”を測ってみた【燃費レポート】 5ページ目

燃費レポート 2016/1/28 18:22

マイルドハイブリッドを搭載したソリオの“本当の燃費”を測ってみた【燃費レポート】(5/6)

マイルドハイブリッドを搭載したソリオの“本当の燃費”を測ってみた【燃費レポート】

スズキ ソリオハイブリッド 燃費レポート/市街地編

市街地編では、ハイブリッドシステムのモーターアシストの印象と、ドライバビリティ(運転のしやすさ)、アイドリングストップの印象についてご報告したい。

まず、ハイブリッドシステムの加速時におけるモーターアシストの印象は、モーター出力自体が僅か3馬力ということもあって、体感できるかどうかは「ドライバーの感覚次第」だ。

スズキ ソリオハイブリッド モーターアシスト表示

筆者はテストのため、3日間で300kmほどソリオハイブリッドに試乗したこともあってか、慣れてくると40km/h以下の低速域であれば、メーター内のアシスト表示から目を離しても感覚的にではあるがアシストされている事を体感することが出来るようになっていた。

ドライバビリティについては、市街地や郊外路で必要になる程度のごく普通の加速であれば、2,000回転程で交通の流れに乗ることができ、かつエンジンとCVTのレスポンスもアクセル操作に対して実に自然な感覚で楽に運転することができる

このことは、中低速トルクが太いエンジンの特性やCVTをはじめとする各部のマッチングの良さ、そして僅かだとは思うがモーターのアシストという「総合力の高さ」によるものであろう。

スズキ ソリオハイブリッド アイドリングストップインフォメーション

そしてソリオがマイルドハイブリッドを採用した大きなメリットと感じたのが「アイドリングストップの快適さ」だ。

ソリオハイブリッドのアイドリングストップは13km/h以下でエンジンが停止するというもので、停止前にアイドリングストップが始める停止に備えてブレーキ踏力を変化させた際に不要なエンジン再始動が起きることが懸念されるが、ソリオハイブリッドはそういったことはほとんどなく好印象であった。

さらにソリオハイブリッドは加速の際のアシストを行うモーターがエンジンを掛けるセルモーターの役割も兼ねるため、本格的なハイブリッドカーと同じようにエンジン再始動は瞬時でかつセルモーターの音もないため、アイドリングストップの開始とエンジン再始動はタコメーターを見ていないといつ起きたか分からないほどであった。

またアイドリングストップの頻度はテスト日の天候であれば渋滞中に長い停止の後にバッテリー電圧の低下が起きなければほぼ毎回、アイドリングストップする時間も渋滞で長い停止にならなければ停止中エンジンが再始動することは少ないと言えるほど長く、マイルドハイブリッドの採用によるアイドリングストップの性能向上は非常に大きい。

スズキ ソリオハイブリッド 市街地における実燃費は「18.2km/L」

市街地での燃費は「18.2km/L」であった。

この数値を高速燃費、郊外路と同じように1.3リッター級エンジンを搭載するコンパクトカーの市街地での実燃費が16~18km/Lが相場であることを踏まえて考えると、郊外路と同じように及第点と言えるだろう。

スズキ ソリオハイブリッド 郊外路における実燃費/18.2km/L

スズキ ソリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ソリオ の関連記事

スズキ ソリオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ソリオ の関連記事をもっと見る

スズキ ソリオ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25