autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight 燃費レポート(レヴォーグ1.6GTと燃費比較)/永田恵一 4ページ目

燃費レポート 2014/7/24 15:19

【燃費】スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight 燃費レポート(レヴォーグ1.6GTと燃費比較)/永田恵一(4/5)

【燃費】スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight 燃費レポート(レヴォーグ1.6GTと燃費比較)/永田恵一

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT 燃費レポート【市街地編】

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT/エンジンルーム

市街地では主にドライバビリティ、アイドリングストップのフィーリングなどをお伝えしよう。

ドライバビリティに関しては、2.5リッターという近年では大排気量といえるNAエンジンだけに、市街地のペースだと1,500~2,000rpmという低回転で流れに乗ることができ、高速道路や郊外路以上に高めの回転を使いがちになるレヴォーグの1.6リッターターボに対する優位性を感じた。

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT/アイドリングストップ&ブレーキホールド

アイドリングストップはレヴォーグと同じく停止後ブレーキペダルを踏み増すとアイドリングストップが始まるというタイプで、再始動の早さとセルモーターの音質、音量ともに、セルモーターの音が少し大きい部類に入るような感もあるが、及第点を与えられる。

また、レヴォーグと同じく先行車がいる状態でEyeSightに停止まで任せると(EyeSightは市街地でも気持ちブレーキが遅いように感じこともあるが、それ以外は実に上手に流れに乗って走ってくれる)、電動パーキングブレーキを使っている恩恵でそのままアイドリングストップが始まり、ブレーキまで保持してくれる機能は有難い。

ただレヴォーグと同じく、ドライバーが停止まで行った際にはブレーキを保持してくれないことは惜しいところだ。

アイドリングストップの頻度は市街地でも流れが良ければ「ほぼ停止するほど」といえるくらい多かったが、エアコンを使っていると室内環境維持のためエンジンが再始動してしまうことも同じくらい多かった。

アイドリング時のエンジン回転数はエアコンオフで一番低いときだと500rpm程度で振動を感じることもあったが、これはアイドリング時の燃料消費を最小限に抑えるという環境意識の高さと解釈するべきだろう。

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT/市街地の実燃費は「10.4k/L」

市街地での燃費は「10.4km/L」と、レヴォーグの「11.8km/L」に対し比率、絶対値とも最も差が開く結果となった。

実はテスト前から予想はしていたのだが、アイドリングストップ付ということは同じでもアイドリングの際に使う燃料は排気量が大きいぶん多いことに加え、アイドリングに使う燃料の量が直噴のレヴォーグと通常のポート噴射のレガシィリッターNAではそれなりに差が出たという結果だろう。燃費そのものについては納得できる値ではある。

スバル レガシィツーリングワゴン 2.5i EysSight B-SPORT Gパッケージ 市街地の実燃費/10.4km/L

スバル レヴォーグ1.6GT EyeSight 市街地の実燃費/11.8km/L

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/12~2017/12/12