autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight 燃費レポート/永田恵一 4ページ目

燃費レポート 2014/7/11 17:04

【燃費】スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight 燃費レポート/永田恵一(4/5)

【燃費】スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight 燃費レポート/永田恵一

スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight 燃費レポート【市街地編】

スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight/市街地の燃費を測定中2

市街地ではレヴォーグ1.6リッターターボのドライバビリティ、アイドリングストップのフィーリングを中心にお伝えしたい。

まずドライバビリティに関しては、高速道路編で書いたネガティブな部分が市街地だとさらに悪く感じてしまった、というのが率直な印象だ。具体的には、発進加速で使用する回転域だと過給が十分に行われていないせいなのかアクセル開度が深くなりがちだったり、2,000rpm以下の低回転を保ちながら走るのが少し難しく、市街地の暖加速でも他の最近のクルマに比べると回転数が高い傾向にあった。

これは、必ず使わなければならない常用域での運転のしやすさや燃費にも大きく関連することなので、ダウンサイジングターボが高い技術力を要求される技術であるのは承知しながらも改善を願いたいところだ。

アイドリングストップは、停止後にブレーキペダルを踏む増すことでアイドリングストップを開始する標準的なタイプ。再始動に関しては、その早さは標準的なレベルに留まるが、再始動時のセルモーターの音量はほとんど聞こえないと言えるほど抑えられていることは高く評価できる。

スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight/パーキングスイッチ

また、レヴォーグのアイサイト装着車は電動パーキングブレーキとなっており、そのおかげでアイサイトに完全停止まで任せて走っていると停止後そのままブレーキペダルを踏まなくてもブレーキを踏んだ状態がキープされるのは非常に有難い。ただ、なぜかアイサイトに任せて走っていないと停止中ブレーキを踏んだ状態がキープされないのは不満であった。

アイドリングストップに関しては、インフォメーションが作動可能な状態と作動を知らせる「A」マークしかないことと、室内の快適性維持のためにエンジンがしばしば再始動してしまっていたことが残念であった。アイドリングストップ関連のインフォメーションの充実と、スズキのエネクールのようなエアコンの冷気をキープするデバイスの追加を望みたい。

またEyeSightは相変わらずスバル車における美点であるが、市街地でも(ブレーキが遅いと若干感じることがあるものの)概ね先行車の再スタートを含んだ加減速など、EyeSightに安心して運転を任せられる高い完成度を備えてることは高評価だ。

スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight/メーターインフォメーション「SI-DRIVE Sモード」スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight/市街地における実燃費は「11.8km/L」

その他に気づいたこととしては、Sモードを選ぶとお決まりではあるがアクセルレスポンスがシャープになり、エンジン回転数も高めをキープするので走りを楽しみたい時には向くが、普通に乗っている分にはIモードで何ら問題はないこと、レヴォーグは先端の見切り自体はいいのだが、ボンネットに置かれるインタークーラーのエアスクープで前方視界が遮られ、視界の良さがスポイルされるのが惜しく感じたことくらいだ。

市街地での燃費は「11.8km/L」と、同クラスのガソリン車としては及第点を与えられるものだった。

スバル レヴォーグ1.6GT EyeSight 市街地の実燃費/ 11.8km/L

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21