autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート スズキ スペーシア 燃費レポート

燃費レポート 2013/6/22 00:00

スズキ スペーシア 燃費レポート(1/4)

スズキ スペーシア 燃費レポート
スズキ スペーシア フロントイメージ

使い勝手の良さで人気を集めているダイハツの超ハイト系軽自動車「タント」の対抗馬としてラインナップされていた「スズキ パレット」。その後継車として、今年2月に登場したのが「スズキ スペーシア」だ。

スペーシアの特徴としては、この手のクルマではスタンダードとなっている両側スライドドアが採用されているほか、全高の高さを生かした広大な室内や使い勝手の良さに加えて“低燃費”であることも挙げられる。

燃費向上の手法として代表的なのが電装関係だ。

スズキ スペーシア リアイメージスズキ スペーシア フロントビュースズキ スペーシア リアビュースズキ スペーシア 両側スライドドアスズキ スペーシア 出発前にオートックワン社にて撮影
スズキ スペーシア 助手席下に搭載されているリチウムイオン電池

ワゴンRやアルトエコにも採用されている、減速エネルギーを利用して発電された電気を助手席下のリチウムイオンバッテリーに貯めることなどで発電によるエネルギーロスを減らす「エネチャージ」、13km/h以下のスピードからエンジンを停止するアイドリングストップに加え、エアコンが効かないアイドリングストップ中の快適性を維持するため、エアコンのシステム内に蓄冷材を入れ冷たい風が出る時間を延長する「エコクール」も実用燃費の向上に貢献している。

もう1つ、燃費向上に大きく貢献しているのが軽量化だ。

パレットと比較するとなんと90kgもの軽量化が図られており、テストに使ったXグレード(NAエンジン)の車重は850kgと、このクラスではダントツで軽量に仕上がっている。結果、JC08モード燃費はNAエンジン車のFFで「29.0km/L」とクラスナンバー1なのはもちろん、燃費に関してはスペーシアよりも有利なはずのワゴンRにも勝る数値を実現している。

スズキ スペーシア 出発前にオートックワン社にて撮影

今回の燃費テストは、そんな「スズキ スペーシア」を使い、「市街地」「郊外」「高速道路」と3パターンの道路状況で燃費を計測してみた。

走行ルートは、東京都港区にあるオートックワン編集部を朝8時頃出発、高速道路で湾岸~アクアラインを通過して千葉県茂原市方面に向かい、その後一般道でオートックワン編集部へ夕方に戻るというおよそ150kmの設定。

燃費測定の基本ルール

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

スズキ スペーシア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ スペーシア の関連記事

スズキ スペーシアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ スペーシア の関連記事をもっと見る

スズキ スペーシア の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21