autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】メルセデス・ベンツ 新型Eクラス カブリオレは、デザインも乗り味も”エレガント&スポーティ”

試乗レポート 2017/7/5 18:52

【試乗】メルセデス・ベンツ 新型Eクラス カブリオレは、デザインも乗り味も”エレガント&スポーティ”(1/2)

【試乗】メルセデス・ベンツ 新型Eクラス カブリオレは、デザインも乗り味も”エレガント&スポーティ”

新型Eクラスカブリオレはエレガントかつスポーティなキャラクターが魅力的

ベンツ Eクラスカブリオレ

メルセデス・ベンツの中核を担うEクラス。

最近はよりコンパクトなモデルに脚光が当たっているメルセデス・ベンツだが、Eクラス存在は大きくポジションは今も不動だ。ドイツではカンパニーカー制度を利用して、多くのビジネスマンがEクラスを日々の足に使っている…。

というのは、主にセダンの話だが、Eクラスファミリーも忘れてはならない。おなじみのステーションワゴンとクーペ、それと今回新たにフルモデルチェンジしたカブリオレがある。

ちなみに、本国にはステーションワゴンの背を高くしたクロスオーバーモデルのAllTerrain(オールテレーン)というモデルもあるのをご存知だろうか。アウディで言うところのA6オールロードクワトロに相当するモデルだ。

>>新型メルセデスベンツEクラスカブリオレの写真を見る(76枚)

それはともかく、新たなEクラスカブリオレの国際試乗会がスイス ジュネーブを起点に行われた。

レマン湖のほとりから一路南東へ。フランス・モンブランを目指してのテストドライブである。

ニュースは、今年Eクラスカブリオレ誕生から25周年であるということ。彼らはEクラスのオープンエアモータリングの起源を1992年型とし、新型でそれを祝うモデルをラインナップした。1992年型とはW124型のこと。齢五十路越えの我々には憧れの存在である。

新型の特徴はまずはデザインが挙げられる。これまでもそうであったが、よりエレガントに仕上がった。しかも最近の傾向としてそこにスポーティさも加わる。兎にも角にも、パーソナルカーとして魅力的なスタイリングの持ち主だ。

時速50キロ以下なら走行中の電動幌開閉も可能

ベンツ Eクラスカブリオレ

Eクラスカブリオレの幌はソフトトップで、開閉式の技術はSクラスから譲り受けた。電動油圧式のそれは稼働中も静かで、モーター音が耳障りになることはない。開く時間は約20秒。時速50キロ以下であれば、走行中も操作可能である。幌の色はブラウン、ブラック、ブルー、レッドから選べる。

もちろん、全自動なのでスイッチ一つで開閉できる。4つのガラス窓と連動し、一連の動きが始まる。

ただ、トランクを開いてあらかじめ確保される幌収納スペースに荷物を置けば、センサーがそれを感知し、幌は開かない。なので、途中まで動いてストップするなんてことにはならないのでご安心を。

オープン時の走行では、AIRCAPが効力を発揮する。ウインドシールド上部がフラップのように上がり、それと同時にリアでリフレクターがせり上がるというものだ。

これによりキャビンへの風の流入がかなり防げる。はたから見ているより快適な空間だ。今回の試乗では走行中リアシートにこそ座らなかったが、フロントは左右とも風が嫌になることはなかった。

また、メルセデス・ベンツにはエアスカーフがあることも忘れてはならない。これは冬場に効果的で、ヘッドレスト下部から暖かい風が出てくる装備。経験値でいうと、それはまるで温泉にでも入っている様だ。真冬に屋根を開けていても汗をかくくらい暖かい。

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ 関連ページ

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラスカブリオレ の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円