autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ Eクラス 試乗レポート/松田秀士 編 3ページ目

試乗レポート 2009/6/19 17:12

メルセデス・ベンツ Eクラス 試乗レポート/松田秀士 編(3/3)

メルセデス・ベンツ Eクラス 試乗レポート/松田秀士 編

質実剛健なメルセデスらしい進化

安全性の探求はメルセデスの普遍のテーマ。

今回、高張力鋼板の使用比率を 乗用車最高レベルの72%まで上げ、軽量で強いボディを実現。歩行者傷害を軽減するためにボンネットの後端を瞬時に持ち上げてエンジンとのスペースを作るアクティブボンネットを全車標準装備している。

また、総合的安全性として、

・事故を未然に防ぐ安全技術。

・事故を察知し備える安全技術。

・事故から乗員を守る安全技術。

・事故後に備える安全技術。

の4つに分類して安全技術を高めている。

たとえば、事故を未然に防ぐ安全技術として「ナイトビューアシストプラス」、「アダプティブハイビームアシスト」、「レーンキーピングアシスト」、「アテンションアシスト」を採用。

ナイトビューアシストプラスは赤外線カメラによって夜間の前方90mまでの範囲の画像を映し出し、歩行者検知機能を搭載している(オプション)。

眠気を検知して注意を促すアテンションアシストと、先行車や対向車を検知してヘッドライトの照射範囲を連続的に自動で調整するアダプティブハイビームアシストは全車標準装備。

このアダプティブハイビームアシストは実際に夜間体験したが、照射可変範囲が65~300mとかなり実用的で優れものだった。

レーンキーピングアシストは白線をカメラで検知し、はみ出しそうになったときにステアリングを振動させて注意を促すものだ。ややステアリングへの振動が弱いかなと感じたが、安全性は高い。ただ、オプションであることとE550アバンギャルドの3本スポークステアリングには設定がないのは残念。

全体的に見て、今回のフルモデルチェンジは非常に質実剛健なメルセデスらしい進化といえる。

今後、国内にも導入予定のリンバーン(希薄燃焼)を達成した直噴エンジン(リンバーンと直噴の組み合わせは技術的にハードルが高い)や、更なる環境性能を実現したディーゼルターボなど今後の進化から目が離せない。

筆者: 松田 秀士

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円