autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 来春登場の新型Eクラスは革新技術が満載! ひと足早くその一部を公開 3ページ目

新型車解説 2015/7/22 16:07

来春登場の新型Eクラスは革新技術が満載! ひと足早くその一部を公開(3/4)

関連: メルセデス・ベンツ Eクラス Text: 河口 まなぶ Photo: メルセデス・ベンツ日本
来春登場の新型Eクラスは革新技術が満載! ひと足早くその一部を公開

さらに進化したオートパイロットへの準備

そんな風に、とてもキャッチーなスマホ連携とは対極だけれども、実に重要なのが自動ブレーキ系を含むオートパイロット。つまり自動運転につながる技術だが、これに関しても今回Eクラスはかなり歩を進めた印象だ。

まず自動ブレーキに関してだが、SクラスやCクラスよりもさらに進んでいる。メルセデスに搭載されるレーダーやカメラは実に多いが、それらの進化も含めてきめ細やかな制御を行っている印象だ。

例えば自動ブレーキに関しては、クルマ以外の歩行者や自転車に対してよりきめ細やかなセンシングを行う一方で、それらを避けようとしてハンドル操作を行った際には、実際よりも大きく切る回避行動を行う。

また、交差点での出会い頭に対しても、これまではドライバーがブレーキを踏むことで踏力をアシストしていたが、今回は自動ブレーキをかける機能を手に入れた。SクラスやCクラスでは、ハンドルを制御することで自車を車線の中央に維持するだけでなく前のクルマの動きをトレースする半自動運転ともいえる機能を備えていたが、それがさらに進化した。

次期型Eクラス 安全技術

次期Eクラスでは、これまでステレオカメラで車線を認識してハンドル操作をアシストするなどしていたが、それに加えて車線がなくとも、ガードレールや他レーンの走行車両、対向車両、駐車車両等を認識して130km/hまでハンドル操作をアシストするというから、おそらく機能的にはほぼ自動運転を実現するためのソリューションは揃っていると思って良いのだろう。

加えて渋滞で停車している最後尾に対しても、90km/hまでは自動ブレーキ機構が効くという。他にも速度標識をカメラで読み取るか、ナビの情報を手に入れるかで、その制限速度に制御することなども行なえるようだ。この辺りの進化によって、ますますオートパイロットへの準備がなされていることを痛感したのだった。

この他プレセーフ機構では、衝突時に衝突音による耳に対する影響を軽減するためのノイズを発生させる機構も備えた。

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円