マツダ アテンザ 日本にない日本車/マツダ アテンザディーゼル

記事・レポート 特集 特集-その他 日本にない日本車/マツダ アテンザディーゼル

日本にない日本車/マツダ アテンザディーゼル (1/3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ アテンザ 車種情報

Text :
日本にない日本車/マツダ アテンザディーゼル

ドイツで1,500km、「マツダ アテンザディーゼル」を満喫!

「うわぁ!速っ!」

アウトバーンに乗って「速度無制限区域」の標識を確認するやいなや、アクセルを床までベタ踏み!6MTを右手でシフトアップしつつ、ジックリと楽しむ。ディーゼルなのに、4500rpmあたりまでグングン伸びる。

「新型のSKYACTIV Dは5,400rpmまで回るけど、これでも十分、速っ!」

3車線は一番左の追い越し車線。最高速度はメーター読みで225km/hに達した。

ポルシェ、BMW、メルセデス、VW、オペル、プジョー、ルノー、セアト、シュコダ、フィアットなど欧州各車は、背後から迫ってくる「マツダのディーゼル」に道を譲った。

車両は「マツダ6」つまり「アテンザ」。モデルは「5-Turer」つまり「アテンザスポーツ」。

日本では「アテンザ」、最上級モデルは2.5リッターガソリン車。それがこちら欧州の「マツダ6」では、最上級モデルは、この2.2リッターディーゼル車だ。

では、なぜ今回、マツダのディーゼルに乗ったのか?

それは、以下のような経緯からだ。

・昨年末、筆者はマツダの三次テストコース(広島県三次市)で「SKYACTIV D」を搭載し、外観を現行車で仮装した「次期アテンザ」を試乗。その出来の良さ、そしてマツダの武骨で生真面目な開発精神に感銘を受けた。

・欧米日のメディアで「SKYACTIV D」が話題に。

・「SKYACTIV D」の良さ、さらには「アテンザ」の進化を確認するために、走行条件の厳しいドイツで、現行車に乗りたくなった。

以上の気持ちをマツダ側に伝えたところ、ドイツで「マツダ6/ 5-Turer」を準備して頂いた。

そして、フランクフルトを起点にドイツ南部、東部など1週間で1500kmも走った。中世の街として名高いローテンブルクに行った。ニュルブルクリンクにも行った。様々なシチュエーションで「マツダ6」を試し、「マツダの現行ディーゼル」を楽しんだ。


  1. Page1 日本にない日本車/マツダ アテンザディーゼル
  2. Page2 欧州マツダの開発拠点を直撃!
  3. Page3 日本人が欲しいとマツダに言えば、マツダは「アテンザディーゼル」を日本で売ってくれる?その可能性は?

桃田健史

筆者プロフィール: 桃田健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ アテンザ 関連記事

≫マツダ アテンザに関連する全ての記事を見る

マツダ アテンザ 関連ニュース

≫マツダ アテンザ に関連する全てのニュースを見る

"); rder="0" src=microad.jp/de 目指 賞金100万円; } //]]>--> &&
メリッpp;cb=INSERT_ocument.w自動車評論家uive (<\/scr_label } //]]>-->5