autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス LFA 試乗レポート

試乗レポート 2010/8/4 08:14

レクサス LFA 試乗レポート(1/4)

レクサス LFA 試乗レポート

「和製スーパーカー」レクサス LFAに試乗する

レクサス LFA

「300km/hオーバーのスーパースポーツ」。

そしてクルマの味作り。トヨタ(レクサス)が渾身の力で世に送り出そうとしているレクサス LFAは、日本のモノ造りの期待を一身に背負っている、といっても過言ではない。

「スーパーカー」という言葉を聞いただけでワクワクしてしまう世代のボクにとっては、そのLFAにいつ試乗できるのか、じっと耐えて待っていた。

そして、ついにそのときがやってきたのだ。

試乗会場はあのトヨタ7も開発の場としていた袋井にあるヤマハのテストコース。路面が改修され走りやすくなったが、設計当初鈴鹿を模倣したという平均速度の高い、上り下りのトリッキーなコースレイアウトだ。

平均速度が360km/hを超えるインディ500を走ったボクとしては、300km/hオーバーというLFAの実力をしっかりと確認したい。

そして、そこにあるトヨタの味作りのDNAとはいったいどんなものなのか?美味しいのか?まずいのか?苦いのか?甘いのか?

今回試乗するコースがテストコースとはいえ、ほとんどレーシングコースのレイアウトなので、ある程度限界まで攻め込めそうだ。レクサススタッフの心配そうな視線を痛いほど背に受け、しかしボクはレーシングモードでコースインした。

本物志向に振られたインテリア

レクサス LFA
レクサス LFAレクサス LFA

LFAのシェイプが効いたデザインを眼前にした感想は、意外に大きく見える。

エッジの付け方など、都会的でシャープな印象を受ける。早く走り出したいという、はやる気持ちを抑えてドアを開けてみた。

シートはかなりデザイン重視。腰を降ろすと、フィット感というよりもすっぽりと包まれる感覚。

大きめで意外とルーズだ。着座位置は低くホイールベースのほぼセンター、スポーツカーらしい低重心なボディとのフィット感がある。シートベルトにはベルトそのものにエアバッグが埋め込まれていて、ここにもトヨタの安全に対する心遣いが伺える。

インテリアはなかなか頑張った、と褒めたいところ。もう少し色気があれば、エキゾチックなアクセントがあればと思うのはボクだけか?とびきりの美女なのにパンツルックじゃあね、という感じだろうか。もっと艶っぽさが欲しい。

ただし、SPORTモード選択時にエンジン回転計のディスプレイ色を変化させたり、ステアリング上のボタン操作で回転計そのものが右にずれてラップ計測機能など様々な情報を表示するなど、ホンモノの走りを支援する機能を盛り込むところは、モータースポーツ愛好家の心をくすぐる配慮であり、ホンモノ志向だ。

レクサス LFAレクサス LFAレクサス LFAレクサス LFAレクサス LFA
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス の関連記事

レクサスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス の関連記事をもっと見る

レクサス の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円