autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 オフロードに強いSUV 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/10/12 19:57

オフロードに強いSUV 徹底比較(4/4)

オフロードに強いSUV 徹底比較

初代の良さを失うことなく上級移行

走行走行

初代モデルよりもあらゆる要素が進化した。そのわりに価格の上昇は小さく抑えられているところも好ましい。

内外装の視覚的にも、初代モデルよりも上級移行したように見え、デザインや素材の質感も高まっているが、初代が受けた「道具」的な感覚は薄れていないところに好感を抱く。

また、今ではデュアリスが存在することで、エクストレイルは、居住性や使い勝手の向上など、本当にやりたかったことがさらにできるようになったのだろう。

ライバルも増えつつあるが、おそらくそれなりに売れることだろう。

プレミアムブランドのエントリーモデル

走行走行

初代モデルのほうが、「クロスカントリーのクルマ」という雰囲気はあったと思う。

新型は、その性能を十分に確保しつつ、さらに進化させるとともに、乗用車をベースとするクロスオーバーSUVにすら引けをとらないほどの快適な走りを実現している。

これが例えばジープブランドのクルマであれば、コアなファンは逆にそれを嫌う傾向もあり、あえてそういうつくりにしていなかったりするのだが、やはり高価なクルマ。

マーケットのニーズを的確に捉え、「プレミアムコンパクトSUV」として相応しい、考えうる最善の進化を遂げたのだと思える。

本格的オフローダーであることの希少性

走行走行

従来モデルに比べ、ボディサイズが大きくなり、4ドア車が追加され、快適性も実用性も向上したのがこのクルマである。

そして、上記の2モデルと比べると、一般的ユースにおいては、快適性には少々劣ると感じるかもしれないものの、本格的クロスカントリービークルの味わいがある。

むしろそれを積極的に楽しみたいというユーザーも多いことだろうし、そうしたユーザーには唯一無二の選択肢となるだろう。

しかしながら前述のとおり、快適性も実用性も十分に高くなっており、これ1台ですべてをまかなうつもりで購入しても、十分に応えてくれるはずだ。発売以来、販売面で好調と伝えられるのが、このクルマに魅せられたファンがいかに多いのかを物語る。

日産 エクストレイル 関連ページ

ランドローバー フリーランダー2 関連ページ

ジープ ラングラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25