autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 魅惑のフレンチハッチ 徹底比較 3ページ目

3台比較 2011/9/29 13:10

魅惑のフレンチハッチ 徹底比較(3/4)

魅惑のフレンチハッチ 徹底比較

高級サルーンに匹敵するクオリティ感

ルノー メガーヌ GTラインルノー メガーヌ GTライン

浮かんでいるように見えるダッシュボードや、直線とスムーズな曲線が、落ち着いた雰囲気の中に変化を与えている。横方向の広がりを感じさせるインテリアは、全体のクオリティ感も上々で、高級サルーンにも匹敵するほど。

ブラックを基調としたスポーティな「GTライン」と、明るいカラーコーディネートの「プレミアムライン」を差別化した上、メーターパネルのデザインも、「GTライン」はメガーヌRSと同じタイプ、「プレミアムライン」はアナログとデジタルを融合させたものとするなど、それぞれキャラクターに相応しく専用に作り分けられている。

ステアリングスイッチはクルーズコントロール系のみで、あとのものはコラムに付く。

下記2モデルは前後とも比較的アップライトなシートポジションとなるのに対し、サイドサポートが張り出したメガーヌのドライバーズシートはヒップポイントを低くできるのが特徴で、よりスポーティな雰囲気となる。

運転席と助手席のフロア下にはフロントアンダーボックスが設定されている。

リアサイドウインドウには3台中で唯一、仕切りが入り、ほぼ全開にすることができる。反面、下記2モデルには、大面積のパノラミックルーフの設定があるが、メガーヌの場合、それはルノーの別のモデルに委ねるとの割り切りからか、設定がない。

ラゲッジスペースは、下記2モデルに比べて奥行きや高さは同程度だが、横幅が少しだけ大きい。リアシートはダブルフォールディングが可能だが、やや段差が残る。フロア下に小さいながらもアンダーボックスが設定されているのはメガーヌのみである。

ルノー メガーヌ GTラインルノー メガーヌ GTラインルノー メガーヌ GTラインルノー メガーヌ GTラインルノー メガーヌ GTライン

ユニークなデザインと素材

シトロエン C4 エクスクルーシブシトロエン C4 エクスクルーシブ

ユニークさ満載だった先代C4に比べると、随分オーソドックスなクルマになったとは言え、変化に富んだデザインや素材の使い方などは独特のものがある。ソフトな手触りの新素材スラッシュスキンを用いたダッシュボードの質感も新しく、サテンシルバーのアクセントも効果的に映える。

大胆なコントラストの配色も特徴的で、3種類の素材を用いたという一風変わった質感を持つシート生地も興味深い。そのシートにはマッサージ機能のあるアクティブランバーサポートが付くのも特徴。

アナログとデジタルを組み合わせた先進的なメーターは、表示のカラーをホワイトやブルーなど5段階に変更でき、アラーム音も4種類から選択。ステアリングセンターが固定ではなくなったものの、5件のメモリー機能の付くクルーズコントロールやオーディオ操作など、無数のステアリングスイッチが配される。

「エクスクルーシブ」ではパドルシフトが付く。やや高めのセンターコンソールには、小ぶりなギアセレクターと電動パーキングブレーキの採用により生まれたスペースに、ペットボトル4本が収納可能な深いボックスが備わる。

大面積のパノラミックルーフは、「エクスクルーシブ」に標準装備(「セダクション」でも選択可)だ。

後席は、頭上空間がやや小さめだが、サイドウインドウが立ち気味のため横方向は余裕がある。ラゲッジ容量は3台中最も大きく、フックやゴムバンドの他、脱着式のハンディランプも備わるなど、後発モデルらしく充実している。後席は3台中で唯一、シングルフォールドとなっている。

機能装備では、縦列駐車の可否を自動的に判定するパーキングスペースセンサーや、斜め後方の死角に入った後続車の存在を知らせるブラインドスポットモニターシステムが特徴だ。

シトロエン C4 エクスクルーシブシトロエン C4 エクスクルーシブシトロエン C4 エクスクルーシブシトロエン C4 エクスクルーシブシトロエン C4 エクスクルーシブ

他モデルにはない大きな開放感

プジョー 308 シエロプジョー 308 シエロ

308に乗って最初に感じるのは開放感だ。

大きなフロントウインドウと、前端がかなり低い位置まで下がったサイドウインドウ、さらにはパノラミックルーフなどにより、他車では味わえない大きな開放感を得ることができる。

それをより強調する、乗員側に向けて傾斜しているダッシュボードと、センターコンソールにかけて滑らかな曲線を描くのも特徴。C4とは逆にステアリングスイッチは何も付いておらず、コラムに配置されている。

メーターも大小2眼ずつの普通に針が動くタイプで、パーキングブレーキもハンドグリップ式と、上記2台と比べるとオーソドックスなつくりとなっている。丸いエアコンの吹き出し口もデザイン上のアイキャッチとなっている。

また、オプションのカーナビを装着した際にもっとも収まりが良いのは308だろう。なお、レザーシートは選べるが、308のひとつの特徴であった、ダッシュボードやドアの内張りやがレザー仕上げのインテグラルレザー仕様は、現在では廃止されている。

「シエロ」にはパノラミックガラスルーフが標準装備される。

C4ではルームミラー手前に5段階に開くシェードのダイヤルが設定されるのに対し、308ではセンターコンソールに開閉スイッチがあり、無段階でシェードの開き具合を調整できるようになっている。

室内空間は、リアにかけて絞り込んだフォルムとなっており、開口下端は高めであるものの、ハッチゲートの開口形状もよろしく使いやすい。ラゲッジスペースは、フックやゴムバンドも設定されている。リアシートはダブルフォールディングが可能だが、こちらもあまりきれいにフラットにはならない。

プジョー 308 シエロプジョー 308 シエロプジョー 308 シエロプジョー 308 シエロプジョー 308 シエロ

内装・装備の総評

C4と308ではレザーシートも選べ、メガーヌとC4にはセーフティヘッドレストが付く。 エアコンは、いずれも左右独立式のフルオートタイプが備わる。 ただ、撮影日が30度を超える気候だったせいもあるだろうが、全車、エアコンの効きが不足気味に感じられた。

ワイパーは下記2モデルでは両側の端に支点があり中央でクロスするタイプであるのに対し、メガーヌは右ハンドルに合わせて右に支点がある。ハッチゲートの開口形状は、後突対策のせいか、下端がやや高くなっているのは全車共通。ラゲッジ容量は、メガーヌが372リットル、C4がクラス最大級の380リットル、308が348リットルとなっている。さらにC4のラゲッジは、308に比べて、フックやゴムバンドの数が増えているほか、脱着式のランプが付き、後席のセンタースルーの面積が大きくなるなど、後発モデルらしく進化していた。

電動パーキングブレーキをはじめ、装備の面では、やはりメガーヌやC4に後発モデルのアドバンテージが感じられるが、安全装備では、メガーヌとC4はエアバッグの数が6個のところ、308のみステアリングコラムを含む7個となっている。

ルノー メガーヌ 関連ページ

シトロエン C4 関連ページ

プジョー 308 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー メガーヌ の関連記事

ルノー メガーヌの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー メガーヌ の関連記事をもっと見る

ルノー メガーヌ の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18