autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 コンパクトユーティリティカー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2010/12/27 14:55

コンパクトユーティリティカー 徹底比較(3/4)

コンパクトユーティリティカー 徹底比較

ミニバン的な室内空間

トヨタ ラクティス L’epice(レピス)トヨタ ラクティス L’epice(レピス)

水平基調のデザインのインパネは、アッパー部を浮かせた上下2段構成となっており、視覚的な広がり感をアピール。メーターフード一体のセンタークラスターをシフト部分まで回りこませることで、コクピット感覚を演出している。下記2台がフロアシフトであるのに対し、ラクティスはセミインパネシフトふうの設定で、さらにセンターコンソール部分がミニバン的なつくりになっているため、今回で唯一、前席左右移動のウォークスルーが可能である。

見る角度で表情が変わる幾何学模様のシボも新鮮な感覚。お洒落な感覚をアピールするLepice(レピス)では、インパネ上部やシート表皮など専用色ライトブルーでコーディネートされる。

また、ナノイードライブシャワーをオプションで選ぶこともできる。このクラスながらラクティスの1.5リッターのFF車全車にクルーズコントロールが標準装備されることも特筆できる。

ヒップポイントが高く、居住空間が下記2台よりも一段高いところにある印象ながら、頭上も十分に広く確保されている。リクライニングも可能な後席は、6:4分割可倒式で、ラゲッジ側面のレバーを操作することで、座面が沈み込みながら背もたれが倒れることで、低い位置でフラットになるチルトダウン機構をこのクラスで初採用(4WD車はダブルフォールディング)しているのも特徴だ。

なお、ラクティスの特徴である大面積のパノラマルーフは、Gでしか選べないところが惜しまれる。

トヨタ ラクティス L’epice(レピス)トヨタ ラクティス L’epice(レピス)トヨタ ラクティス L’epice(レピス)トヨタ ラクティス L’epice(レピス)トヨタ ラクティス L’epice(レピス)

あらためて光るセンタータンクの優位性

ホンダ フィット 15Xホンダ フィット 15X

こうして、似たようなサイズの中で比べると、あらためてセンタータンクレイアウトの強さが光る。自由度の高いシートアレンジを可能とする「ウルトラシート」は、後席の座面を跳ね上げて、背の高い荷物を積むことができるのも大きな特徴。

後席は2段階のリクライニングが可能で、背もたれを前倒しすれば座面ごと沈み込んで、低い位置でフラットな荷室になる。センタータンクのため前席下の足入れ性はやや損なわれているが、足元も広々としており、Xではリアセンターアームレストも備わる。

フロントスクリーンが前後に非常に長い上、三角窓も大きく、開けた視界はフィットの特徴。インパネのデザインがもっとも躍動的で、収納スペースについても、フィットがもっとも充実している印象で、アッパーグローブボックスにはエアコン連動温調機能も備わる。

Xではセンターコンソールボックスも備わる。また、マイナーチェンジで、エアコンのスイッチ類のデザイン変更など使い勝手の向上が図られた。

Xでは、スウェード調ファブリックをメイン素材とする、ブラウン基調の専用シート表皮やクロームメッキ加飾、高輝度メタリック塗装の採用により質感を高めた専用インテリアが与えられる。

装備面では、Xには前席シートヒーターが設定され、クルーズコントロールも標準装備される。

ホンダ フィット 15Xホンダ フィット 15Xホンダ フィット 15Xホンダ フィット 15Xホンダ フィット 15X

もっとも乗用車的な空間

日産 ノート 15X Vセレクション日産 ノート 15X Vセレクション

2010年12月の一部改良で、新シート&ドアトリムクロス、シルバーフィニッシャーのウレタン3本スポークステアリング、2連リングホワイトメーターおよび低フリクションシートベルトが全車に標準設定された。

さらに今回、インテリジェントエアコンシステムで、肌の保湿や臭いの低減などの効果を持ち、室内空間をさらに快適なものとしてくれる高濃度プラズマクラスターイオン発生機が新たに採用されたのもニュースである。

上記2台に比べると、ノートの前席では低い位置に座る感覚となり、三角窓はなく、ドライビングポジションや視界の印象はもっとも乗用車に近い感覚となる。インパネのデザインもシンプルで使いやすく、収納スペースも十分に確保されている。後席はアイポイントが高く、座面長が大きく、クッションの分厚いシートが与えられる。

2600mmのロングホイールベースにより、ニースペースも十分に確保されている。ただし、リクライニングできない背もたれがかなり斜めに設定されているのに対し、座面の角度が平らであるため、腰部の収まりがあまりよろしくないのが少々難点かもしれない。

2段マルチトランクによる使い勝手の良いラゲッジは、普通の状態ではフロアが高いが、簡単な操作で床面を低くできるし、ボードを外して垂直に立てて、パーテーションとして仕切るなどという多彩な使い方ができる。

日産 ノート 15X Vセレクション日産 ノート 15X Vセレクション日産 ノート 15X Vセレクション日産 ノート 15X Vセレクション日産 ノート 15X Vセレクション

内装・装備の総評

似たようなボディサイズ、パッケージの中で、後席やラゲッジの使い勝手がそれぞれ異なるが、そこはやはりフィットの独自性が光る。装備面では、運転席のシートハイトアジャスターこそあるものの、テレスコピックステアリングの設定が行き届いておらず、フィットの上級グレードにしか設定がない。装備面では、ラクティスは、1.5リッターのFF車全車にクルーズコントロールが、フィットではXとハイブリッドに標準で付くところがポイント、収納スペースはいずれも充実しており、ドリンクホルダーも相当な数が設定されている。安全装備について、前席デュアルエアバック全車標準、サイドおよびカーテンエアバッグも全車設定あり。横滑り防止装置は、ラクティスはスポーティなSのみ、フィットは今回のXをはじめ多くのグレードで選択可能。ノートには設定がないが、モーターによるe・4WDの設定があるのが特徴だ。

トヨタ ラクティス 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

日産 ノート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ラクティス の関連記事

トヨタ ラクティスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ラクティス の関連記事をもっと見る

トヨタ ラクティス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20