autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ユニークコンパクトカー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2008/4/11 19:35

ユニークコンパクトカー 徹底比較(3/4)

ユニークコンパクトカー 徹底比較

デザインはもちろん意外なほど実用性にも優れる

インパネフロントシート

インテリアは、ホワイトとボディ同色パーツを上手く組み合わせてコーディネイトしており、視覚的にも興味深い。エクステリアと同じくメッキを多用することで、個性的なデザインをより巧みに演出している。パネルはプラスチッキーな感じだし、ボディ同色部分を上手く使っている。内装のちょっとチープな感じも、このクルマの演出になっていると思える。メーターは、同心円の中の内側にタコメーター、外側にスピードメーターの配置になっている。

一見するとサイズの小さいクルマだが、中に乗り込むと意外と大きいという印象で、スペースユーティリティに優れることがうかがえる。デザインもさることながら、コンパクトなハッチバック車としてもごく普通に使えるクルマである。固定式のガラスルーフは標準装備で、前席乗員の頭の前の部分からガラスとなっているので、開放感がある。

だが、右ハンドル仕様のポジションは、センターパネルの奥にあるフットレストに足を置こうとすると左足のスネがずっとそこに当たってしまうし、ペダルのレイアウトも不自然になっている。輸入車の右ハンドル仕様でよくありがちの悪い点が多々見られるようだ。リアシートは、それだけに頭上空間には厳しいものがあるけど、意外と座れるシートになっている。

アクセス性は、フロントシートの肩の部分にあるレバーを操作することで前倒しされながらスライドする。リアシートは肩のレバーで前に倒れるシンプルな設定。ワンアクションで前方に倒れて、段差こそそのまま残るものの、意外と広い空間となる。

ハッチバック車のような開口部の形状で、フロアが低く、タイヤハウスの張り出しが小さく、横方向もそこそこ広い。前席に2人乗って、後ろにたっぷり荷物を乗せてレジャーへ…、という使い方も問題なくこなせそうである。

リアシートメーターラゲッジガラスルーフガラスルーフ

2ドアワゴンとしてのユーティリティ

インパネフロントシート

このインパネもかなり特徴的だ。センターに大きなスピードメーターを置いて、目の前にはタコメーターが並ぶ。

どうして左ではなく右に観音開きドアが設定されたのかというと、左側には給油の配管があって、右にせざるをえなくなったということで、日本にはあまり適さないレイアウトとなってしまっている。

ミニクーパークラブマンは、今回の3台の中でも樹脂パネルの質感などダントツに高い。シートのたてつけとか、インパネのチリの合わせとか、ラゲッジルームのボードなど、細かい部分のつくりがしっかりしている。やはりプレミアムコンパクトなんだと思わされる。シートの仕立ても質感高く仕上げられている。ドア内張りのパネルも楕円をモチーフにした面白いデザインを採り入れている。

ロングホイールベース化により、ストレッチに生まれた空間は、後席の居住性とラゲッジスペースの向上に当てられている。ラゲッジスペースも、横幅はそれほど広くないが、これだけあれば2ドアワゴン的な使い方ができるだろう。2段に区切られていて、パーテーションとして使えるボードも備わるなど、使い勝手が向上している。

ボードを付けた状態でリアシートを前倒しすると、フラットで広いフロアとなる。単純に前倒しするだけのワンアクション操作であり、背面に操作レバーが付いているので、後ろからアレンジできる。

リアシートメーターラゲッジラゲッジ観音開きドア

一人前の自動車になったことをアピール

インパネフロントシート

エクステリアは初代のイメージを受け継いでいるが、インテリアは全面的に変わった。先代は、かなり奇抜なデザインで、オモチャっぽいといえばそれまでだが、遊び心を全面的にアピールしていた。しかし新型では、インパネやドアの内張りも整然としたオーソドックスなレイアウトとなった。

押したら飛び出すCDのトレイは、iPod®のホルダーへと姿を変えた。これらを見るにつけ、少々残念な気もするところだが、主な目的は衝突安全の向上のためとのことで、納得せればなるまい。タコメーターは付かず、ステアリング調整機能はない。シートヒーターはオプションで用意されている。

ラゲッジスペースは、席の後ろにネット状のホルダーと、下に開くゲートを持つラゲッジスペースが設定されており、助手席を水平になるまで前倒しすることもできるが、容量的にはあまり期待できるものではない。

また、サイズの小さいクルマだが、ドア自体が大きいので、日本で使うとなると、デパートなどではかえって不自由するかもしれない。スマートのコンセプトを究極に表現するのであれば、全長も制約があり難しいところだが、プジョーの1007みたいに何らかの形でスライドドアにするというのも手だと思う。

エンジンはリアに積まれ、しかも乗員に非常に近い位置に搭載されるわけだが、隔壁の上に分厚いクッションパッド入れており、静粛性は確保されている。

今回はカブリオに試乗したが、これが非常に完成度が高い。固定式ルーフのクーペを買う必要はないのではないかと思うほどだ。ソフトトップながら、遮蔽感が高い。シンプルに2段階に後方へ畳まれる方式で、どんな速度で走りながらでも開閉することができる。タルガ状態から、さらに後ろに下げてリアウインドウ部分もオープンにすることができるし、両サイドのレールを外しても、オープンカー状態にもできる。

ラゲッジメーターラゲッジ電動ソフトトップiPod対応オーディオ

内装・装備の評価

3台ともユーティリティよりデザインで楽しむクルマだと思うが、そうはいっても使い勝手を求めたくなるもの。その点で、ミニはこういう形で対応してきた。フィアット500は、もともと持つパッケージが、予想以上に使い勝手に優れることがわかった。スマートについては、かなり特殊なクルマであるので、そこを理解する人が購入検討の対象なのかもしれない。また、もはやカーナビは必需品となりつつあるが、この3台については、装着することはあまり現実的ではない。付けられないことはないが、デザイン的に台無しになってしまうのだ。あらかじめそれを覚悟しておかねばなるまい。

フィアット 500(チンクエチェント) 関連ページ

ミニ ミニクラブマン 関連ページ

スマート フォーツーカブリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事

フィアット 500(チンクエチェント)の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事をもっと見る

フィアット 500(チンクエチェント) の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22