autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 エコカー減税対象車 異種タイプ徹底比較 3ページ目

3台比較 2010/6/3 19:38

エコカー減税対象車 異種タイプ徹底比較(3/4)

エコカー減税対象車 異種タイプ徹底比較

エントリーモデルでも充実した安全装備

フォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフ

ゴルフ1.2トレンドラインはいたってオーソドックスなつくり。

ゴルフの他グレードに比べると、ステアリングホイールが本革ではなく樹脂になっていたり、シルバーやクロームの加飾が省かれていたりする。ただしエントリーモデルながら、ベースの質感の高さは見て取れる。エアコンはフルオートではないが、温度はオート調整できるタイプ。VWというと「RNS510」という高性能カーナビと、テールゲートのVWワッペンに仕込まれたリアビューカメラの評判が高いが、これは同グレードでは選ぶことができないのが残念。

後席の居心性は、まず、センタートンネルの存在が下記2モデル(プリウス、フィット)との違いだ。さらにエアコンの吹き出しが後席にもある点も、下記2モデルとの違いとして挙げられる。

後席の座面は小さいのだが、シートのつくりはしっかりとしている。またセンターだけでなくドア側にも大きめのアームレストがある。

ただし、小柄な人であれば問題ないが、一般的な体格の成人男性が座ると、頭上は十分に広いが、大腿部の収まりがあまりよろしくないだろう。

ラゲッジルーム容量は、外観から想像するよりもずっと大きくて深い。後席はポロのようにダブルフォールディングしないので、前倒しすると段差が残るし、最大荷室での使い勝手はあまり期待できないが、通常状態では使いやすく広い。床下にはテンパータイヤを搭載する。

安全装備については、横滑り防止装置、前席デュアルエアバッグ、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、運転席ニーエアバッグ、全席に3点式シートベルトとフォースリミッター付シートベルトテンショナーが標準装備される。

エントリーモデルながら、この充実ぶりはさすが。日本車も見習うべきである。

フォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフ

HVのエコドライブを視覚的にも楽しめる表示機能

トヨタ プリウストヨタ プリウス

ヒューマンテックをテーマにデザインされたというインパネは、シフトまわりの形状が特徴的だ。

センターメーターには、HVであることと、それによるエコドライブを視覚的にも楽しむための各種表示機能が充実している点も、プリウスに乗る醍醐味のひとつだ。

後方の視界は、ハッチゲートに横方向にバーが通っているが悪くない。

後席は、横から見たときの頂点がBピラー上からやや後方に移動し、前席が薄くされたことで、後席の居住性はかなり向上している。今回の2モデルに比べると、頭上空間は小さいが、リアにセンタートンネルはない。ハッチゲートは、後席のほぼ真上から開き、そこからなだらかに下りてくる。

ラゲッジルームは、ゴルフと奥行きはほぼ同じだが、横幅はやや小さいものの、広さは十分。

車軸間にバッテリーを積むためフロアは高め。ただし、開口部下端はワゴンのように床面と平らであり、このほうが使いやすいという人もいるだろう。

フロア下には深いアンダーボックスが備わり、その下にテンパータイヤを積む。後席を前倒しすると、高い位置のままでフラットになる。

Sグレードの装備では、最廉価のLグレードに対し、フォグランプや運転席のハイトアジャスターが加わる。クルーズコントロールや、プリクラッシュセーフティシステムは、上級のGグレードでないと選べない。

安全装備については、横滑り防止装置、前席デュアルおよびサイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、アクティブヘッドレストが全車標準装備される。また、ソーラーパネル(Sグレード以上で選択可能)のような実験的な装備が設定されていたり、インテリジェントパーキングアシストなど先進的な運転支援デバイスが選べるのもプリウスならではである。

トヨタ プリウストヨタ プリウストヨタ プリウストヨタ プリウストヨタ プリウス

限られた中でのスペース効率の高さ

ホンダ フィットホンダ フィット

ボディサイズをめいっぱい使ったスペース効率の高さは、センタータンクレイアウトによる広い室内空間と、多彩なシートアレンジが特徴。

シートに座ると視界が意外と良い。

変化に富んだデザインのインパネは、グローブボックスの上にアッパーボックスも設置。またシフトまわりにも豊富に小物入れを配するなど、細やかな配慮が見られる。

足元はもっとも広々としており、ドアポケットの容量も一番大きい。ただし、運転席のハイト調整はあるものの、テレスコピックが付かないのが残念。

2009年11月の改良時より、全車のフロント三角窓に高熱線吸収/UVカット機能付きガラスが採用された。また、エントリーモデルであるGグレードに、スマートキーシステムやETC車載器、Fパッケージ(電動格納式リモコンカラードドアミラー、アレルフリー高性能脱臭フィルター、運転式ハイトアジャスター、ドアミラーウインカーなど)の装備を装着した「Gスマートセレクション」が追加された。

フィットのシートサイズはやや小さめ。ただ前後席ともアップライトに座ることで、座面サイズの小ささは気にならない。後席に関してはリクライニングが可能で、狭さを感じさせない設定となっている。基本的にヒップポイントが高いため、頭の斜め上の余裕はあまりない。

ラゲッジスペースの奥行きもあまりないが、横幅は確保されておりフロアも低い位置にある。フロア下にスペアタイヤはなく、大きなアンダーボックスが配されているのも、ユーティリティをしっかりと考えた証。総じて使い勝手はとても良さそうだ。

安全装備については、前席デュアルエアバッグは全車標準装備。サイドおよびカーテンエアバッグはオプション。横滑り抑制装置は一部グレードのみ設定がある。

ホンダ フィットホンダ フィットホンダ フィットホンダ フィットホンダ フィット

内装・装備の総評

Cセグの2ボックス車としてオーソドックスなまとまりを見せるゴルフ。またハイブリッドシステムのバッテリーなどの搭載や、空力向上のためのボディ形状の制約を受けつつも、使い勝手を高めたプリウス。そしてコンパクトながら、スペース効率を追求し、センタータンクレイアウトによる、とくにリアシートの使い勝手において抜群のアイデアを見せるフィットと、三車三様だ。後席の居住性については、クリアランスの余裕やシートのつくりなど各車において一長一短で、用途によってベストといえる車種は変わってくる。ユーティリティという点では、コンパクトながら抜群のスペース効率を見せるフィットに優位性が光る。安全装備の充実度については、ゴルフはさすがのものがあり、プリウスも低価格グレードを含めかなり充実している上、独自の先進装備の設定がある点にも注目だ。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

トヨタ プリウス 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円