autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産アッパーミドルセダン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/11/30 19:49

国産アッパーミドルセダン 徹底比較(3/4)

国産アッパーミドルセダン 徹底比較

オーソドックスに質感を高めた

トヨタ マークXトヨタ マークX

先代ではイルミネーションなどに奇抜なアイデアを見せていたが、オーソドックスな中で、センターパネルの両端にクロームメッキをあしらうなどして、質感はグンと上がった。

奇をてらうことなく、居心地のよい空間を乗り手に提供している。スポーツタイプでは、内装色がブラック系となり、他グレードでは付かないパドルシフトも備わる。

リアシートの座面の前後長はあまり大きくなく、前席背面の形状を工夫するなどにより、居住性はやや上がったように感じられる。ただし、ウエストラインが後ろにいくほど高くなっていることと、Cピラーが頭の真横にくること、頭の斜め上は絞り込んでいることなどにより、開放感はそれほど高くない。

リアシートは可倒式で、リクライニングだけでなく40:60で前倒ししてトランクスルーにできるのも特徴で、今回のほかの2台はそういう設定にはなっていない。

トランクフードはデュアルヒンジではないが、開口部は広い。ラゲッジスペースも十分な広さは確保されているものの、リアのタイヤハウス部分がダンパーを配置するスペースの確保のせいか、横幅がだいぶ制約を受けて狭くなっている。

トヨタ マークXトヨタ マークXトヨタ マークXトヨタ マークXトヨタ マークX

ボディサイズ拡大で後席居住性が向上

スバル レガシィスバル レガシィ

これまでのレガシィとも、先にモデルチェンジしたインプレッサやフォレスターに対しても、大きく雰囲気が変わった。横方向の広がりを強調したインパネは、上級セダンとして相応しい落ち着いた雰囲気が与えられている。

Lパッケージには、ファブリックのシルキークロスのアイボリーかオフブラックの内装となり、木目調のパネルがつく。Sパッケージでは、カーボン調のパネルとスポーティクロスと合皮のブラック系のインテリアになり、スポーティな雰囲気となっている。ただし、樹脂の革シボの部分はいいが、金属を模したパネル部分には、もう少し期待したいところである。

装備面では、これまでなぜか採用の遅れていたオートライトがようやく採用されたことを歓迎したい。また、電動パーキングブレーキの採用は、ライバルに先んじた。さらに、評判のよいマッキントッシュ製オーディオが低価格で選べるところもレガシィならでは。

メーターの視認性にも優れ、操作系が最適に配置されており、インプレッサのようにダッシュボードが低すぎてドライバーとの位置関係が合っていない印象もない。パッと乗り込んで、今回の中でもっとも早くなじむように感じるのは、それだけ考えて設計されているからだろう。

ボディサイズ拡大の恩恵で頭上空間こそ、それほどでもないがニースペースや足を置く場所など、後席の居住性も申し分なくなった。ただし、リクライニング機構は付かない。ラゲッジルームは、3台の中ではレガシィがもっとも形状がよく、実容量が大きく確保されており開口部も広く使いやすい。

スバル レガシィスバル レガシィスバル レガシィスバル レガシィスバル レガシィ

コクピット感覚の前席

日産 スカイライン日産 スカイライン

インパネからドアにかけて連続性のあるデザインとされた、コクピット感覚で囲まれ感のある前席空間となっている。写真の本アルミや、オプションの本木目のフィニッシャーを用いるなどし、色気のあるデザインとされている。

パドルシフトをマグネシウム製として操作感を高めるなど、細やかなこだわりも見られる。シートに腰を下ろしたときに、3台の中でもっともワクワクする感覚があり、それは助手席の同乗者にとっても同じことだろう。

前後とも大柄なサイズのシートが配され、クッション厚もたっぷり確保されている。後席に関しては、スペースも十分確保されており座面もとても長いのだが、微妙な角度によるものか、やや着座姿勢がしっくりこない面もなくはない。

頭まわりの空間の余裕は、この3台の中ではトップだろう。リクライニングは可能だが可倒式ではなく、真ん中だけ抜けてスキーのような長尺物を積めるようになっている。ラゲッジルーム容量も十分に広い。

マークXよりもタイヤハウス部分の横幅を広く確保するも、レガシィに比べると開口形状、横幅、奥行きにはわずかに劣るが、これだけ確保されていれば文句はない。

日産 スカイライン日産 スカイライン日産 スカイライン日産 スカイライン日産 スカイライン

内装・装備の総評

インパネまわりは、質感ではマークX、デザインではスカイライン、使いやすさではレガシィという印象。当然ながら、後席3点式シートベルトは全車に付いている。ラゲッジルームには、ゴルフバッグがいずれも4つを積載可能とされているが、もっとも積みやすいのは開口部の広さ、ラゲッジスペース形状に優れるレガシィだろう。日本で乗るには便利なサイドブラインドモニターは、マークXとスカイラインに付く。マークXではインテリジェントパーキングアシストも選べる。安全装備では、マークXではプリクラッシュセーフティシステムも設定。

トヨタ マークX 関連ページ

スバル レガシィB4 関連ページ

日産 スカイライン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ マークX の関連記事

トヨタ マークXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ マークX の関連記事をもっと見る

トヨタ マークX の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/17~2017/10/17