autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 女性向け軽自動車 徹底比較 2ページ目

3台比較 2009/9/28 18:17

女性向け軽自動車 徹底比較(2/4)

女性向け軽自動車 徹底比較

乗り心地を重視した足まわり

ミラココア:フロントスタイルミラココア:リアスタイル

「シンプルな水平基調のラインとクリーンな面構成の基本造形に、角に丸みをつけ、なで肩で台形シルエットとした」と資料に記載されたユニークなデザイン。

アルトラパンの対抗馬というコンセプトは見てのとおりだが、デザインテイストはだいぶ異なる。丸型ヘッドランプに開口部の小さなフロントグリル、くり抜いたように配された6ライトのサイドウインドウ、ホイールキャップのデザインなども特徴的。

大別してミラココアとミラココアプラスの2シリーズに分けられるが、プラスではさらにルーフレールやフォグランプ、シルバーのバンパーコーナーモールや、ドアミラーターンシグナルランプが与えられる。

特徴的なフロントに比べると、リアビューはやや控えめで、ミラの一員という印象はあまりない。また、ムーヴコンテにも似ておらず、より若い女性向けのクルマであることを強調したように見える。

アルトラパンが意外や男性ユーザーも取り込んでいるのに対し、ミラココアは男性が乗るのは少々はばかられるはずだ。

評判の高い現行ムーヴ以来の新世代プラットフォームをベースとするだけに、走りの基本性能は低くはない。直進安定性に優れ、快適性は高く、いたって運転しやすい。

ただし、クルマのキャラクターに合わせて、乗り心地を重視したソフトな足まわりとされているため、コーナーでのロールは大きめだ。

2代目ミラジーノがそうであったように、エンジンは自然吸気のみでターボの設定はなく、グレードにより4速ATもしくはCVTが組み合わされる。

独自のインプットリダクション式CVTは、相変わらず走り出しのレスポンスにやや遅れがあるが、低回転域から十分な加速を得ることができる。

ミラココア:フロントビューミラココア:リアビューミラココア:サイドビューミラココア:タイヤミラココア:エンジン

ルックスも走りも現代的にモディファイ

アルトラパン:フロントスタイルアルトラパン:リアスタイル

2008年度のグッドデザイン賞を受賞した2代目アルトラパンは、スクエアながら角を落とした柔らかなラインで包んでいる点はミラココアと共通。

一昔前なら立派なパイクカーといえるほどユニークなエクステリアは、女性ユーザーだけでなく、男性ユーザーが愛用してもおかしくないであろう普遍性も見て取れる。

初代のデザインテイストを受け継ぎながら、新世代のプラットフォームを得たことで、走行性能が大幅に向上。やや時代遅れの感の否めなかった初代に対し、一気に現代的にモディファイされた。

パワートレインもワゴンRと共用し、スペックも共通。自然吸気エンジンは4速ATも選べるが、CVTとの組み合わせたFF車で、10・15モード燃費24.5km/Lという好数値は、依然としてミラココアの23.5km/Lを上回る。

さらに、自然吸気だけでなくターボが選べる点がミラココアと異なる。

動力性能は、自然吸気でも、効率のよいCVTとの組み合わせで、実用域で不満のない加速を実現しているが、やはりターボには上乗せされたトルク感がある。

ただし、走り出しのごく初期の、過給が十分でない領域では自然吸気のほうがリニアで、運転しやすく感じられる部分もなくはない。コミューターと割り切るのであれば、自然吸気のほうが好ましい面もあるといえる。

逆に、高速道路の使用頻度が高い人や、郊外で比較的高い速度域で走る機会の多い人には、断然ターボを薦めたい。燃費面でも、10・15モード23.0km/Lと、自然吸気エンジン+4速ATの22.5km/Lを上回るほどだ。

ソフトな乗り心地に徹したミラココアに対し、アルトラパンは、全車に14インチの65扁平タイヤを装着し、一体感のあるスポーティなフットワークを実現している。走りを大いに意識したことがうかがわれ、好ましく思う。

アルトラパン:フロントビューアルトラパン:リアビューアルトラパン:サイドビューアルトラパン:タイヤアルトラパン:エンジン

独創のリアミッドシップレイアウト

i(アイ):フロントスタイルi(アイ):リアスタイル

上記2モデルが、スタイリングこそユニークだが、基本はFFレイアウトの軽乗用車であるのに対し、i(アイ)はリアミッドシップレイアウトという独創的なパッケージングを採用しているのが大きな特徴だ。

これにより、一般的な軽乗用車とはまったく異質のクルマとなっている。未来感に満ちたルックスも、このパッケージなればこそ実現したもので、登場から3年が経過しているが、古さを感じさせないどころか、この先も当面はこの新鮮味が薄れることはないのではと思う。

ドライブフィールには、このパッケージに由来する独特の感覚がある。当初は手応えが薄く頼りなく感じたステアリングも、2006年の改良で大幅に改善され、接地感が増している。

軽自動車としては最大の2,550mmというホイールベースと、重量物が前に積んでいないこともあって、操縦安定性は高く、攻めた走りでも非常に優れたハンドリング特性を示す。

また、ブレーキング時のノーズダイブも小さく抑えられているあたり、一般的なFFベースとは一線を画する。

エンジンは、直列3気筒MIVECターボと同自然吸気仕様で、全車に4速ATが組み合わされるが、900kgを超える車両重量もあって、自然吸気エンジンでは少々物足りないのが正直なところ。ここはターボを選んでおいたほうが無難だろう。

2008年12月の一部改良により、前記のようにグレード体系が見直されるとともに、ボディカラーのラインアップが変更され、従来の3色が廃止されたかわりに、写真のラズベリーレッドパールと、オーシャンブルーメタリック、サンフラワーイエローソリッドなどの新色が設定された。

i(アイ):フロントビューi(アイ):リアビューi(アイ):サイドビューi(アイ):タイヤi(アイ):エンジン

デザイン・スペックの総評

若い女性向けというコンセプトで通じるミラココア、アルトラパンの2台は、それぞれユニークなデザインを売りとしているが、走りのテイストは上で述べたとおりだいぶ異なる。

また、ターボが選べるか否かも違いの1つで、ターボはやはり期待に応える加速フィールが味わえる。

i(アイ)は、特殊なクルマゆえ、ドライブフィールはまったく異質。ただし、自然吸気エンジンでは少々物足りない。また、i(アイ)にはエコカー減税の対象となるモデルがない点も惜しい。

ダイハツ ミラココア 関連ページ

スズキ アルトラパン 関連ページ

三菱 アイ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ミラココア の関連記事

ダイハツ ミラココアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ミラココア の関連記事をもっと見る

ダイハツ ミラココア の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23