ダイハツ、新型軽自動車「ミラトコット」を発売…運転のしやすさと愛着のわくデザインを両立

新型ミラトコットは女性や初心者が運転しやすい軽自動車

ダイハツは、新型軽自動車「ミラトコット」を2018年6月25日より発売する。価格(消費税込)は、107万4600円から142万5600円となる。

ミラトコットは、軽自動車のベーシックモデルであるミライースと同じくらいのボディサイズで、若い女性のユーザーをはじめとした幅広いユーザー層に、より安心して日々のモビリティライフを過ごしてもらいたいという想いを込めて開発された。

モデル名の「ミラトコット」とは、”TO Character(自分らしさの表現)”、”TO Comfortableness(安全・安心・運転しやすさ)”、”TO Convenience(使いやすさ)”の頭文字である”TO C”から着想を得た造語である。

「誰でもやさしく乗れる、エフォートレス※なクルマ」をコンセプトに、軽自動車に相応しいお手頃価格やコンパクトなサイズ感を実現した。

※肩ひじはらず自然体でいられるということを表すファッション用語

>>ダイハツの新型軽自動車「ミラトコット」のすべてを画像で見る

女性目線を取り入れたクルマ作り

車を初めて購入するユーザーや運転に不慣れなユーザーにも気軽に安心して乗ってもらえるように、車両感覚がつかみやすく死角の少ないパッケージを実現するとともに、充実した安全・安心装備を採用。衝突回避支援システム「スマートアシストIII」の採用に加え、SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグを軽自動車として初めて全車標準装備した。

また、運転のしやすさと意匠性を両立したスクエア調のシンプルで愛着のわくデザインや、新色3色を含む多彩なカラーバリエーション、新開発のキャンバス地調デザインフィルムトップを採用。さらに、あると嬉しい数々の快適装備も採用した。

企画・開発に関しては、近年の若い女性の感性の変化に着目。ミラトコットのターゲットユーザーに近い女性社員がプロジェクトチームに参画し、ユーザー視点でのコンセプトやアイテムに関する意見を取り入れた。

関連記事:ダイハツ ミラトコット 新型車解説|肩ひじ張らないカジュアルな軽、107万4600円から

ダイハツ ミラトコットの特長

パッケージや装備による3つの安心

■座って安心 ~コンパクトなサイズと広い視界を確保した運転しやすいパッケージ~

・誰もが扱いやすいコンパクトなサイズ

・室内高はミライースより30mm高い1270mmで、ゆとりあるヘッドクリアランス

・スクエアなボディと水平基調のインストルメントパネルで、フードの先端が見やすく車両感覚がつかみやすい造形を実現。フロントピラーは角度を立て、ドアミラーをドアパネルにとりつけることで死角が少なく広い視界を確保。さらに、水平なベルトラインで、バックの際も後方の見通しが良好

・体格に合った運転姿勢を実現する運転席シートリフター、チルトステアリングを装備

■走って安心 ~軽自動車初の安心サポート装備と安定した走行性能~

・軽自動車で初めてパノラマモニターとコーナーセンサーをダブルで設定。駐車時やすれ違い時に車両周辺を視覚と聴覚でサポート

・最小回転半径4.4mで、狭い場所でも扱いやすい取り回しの良さ

・ステアリングの操舵力を軽く設定するとともに、しなやかな足回りのサスペンションで、乗り心地の良さと高い操縦安定性を実現

・視認性が高いBi-Angle LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)を全車標準装備

■もしもの時の安心 ~充実した安全機能~

・世界最小サイズのステレオカメラを採用した衝突回避支援システム「スマートアシスト III」を搭載

・誤発進抑制制御機能(前方)用のソナーセンサーをフロントに2箇所追加し、信頼性を向上

・SRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前/後席)を軽自動車で初めて全グレードに標準装備

・リアシートベルトにプリテンショナー機能を追加するとともに、リアシートベルトリマインダーを設定

シンプルで愛着のわくデザイン

■シンプルで愛着のわくエクステリア

・水平基調のスタイルや見切りの良いボディで、デザイン性と運転のしやすさを両立

・角の取れたやさしいスクエアボディが、自然体で親しみやすく扱いやすいイメージを演出

・スクエアなボディに対し、フロントとリアの丸いランプがアクセントになって個性を表現

■居心地の良さにこだわったインテリア

・インパネ周りをすっきりさせ水平基調にすることで、扱いやすさと視界の良さを実現

・セラミックホワイトのインパネガーニッシュは、陶器のようなクリーンな質感で、暖かみのある白色と滑らかな丸みが、やさしく柔らかな印象を演出

・シート背もたれ部は明るいベージュ、乗り降りの際に触れることがあるシート座面は茶色を配色した2色のコンビネーションカラーフルファブリックシートを採用。明るい印象とともに汚れが目立ちにくい配慮で、日常での使いやすさを実現

・メーターは明るい印象のインテリアに合わせ、読みやすさにこだわった視認性の高いメーターを採用

■全8色のカラーバリエーションと新開発のデザインフィルムトップ

・セラミックグリーンメタリックをはじめ、新たに3色を開発。カーライフを彩る、明るく多彩な全8色のカラーバリエーションを設定

・シボとプリントを組み合わせることで、布のような質感を実現したキャンバス地調のデザインフィルムトップ(Dラッピング)を新開発。ルーフ、バックドアアッパー、フロントバンパーに貼ることで、ボディカラーとのコンビネーションが個性的なアクセントを創出

毎日を快適にするうれしい装備

・ポケッテリアを手の届く位置に配置し、使い勝手の良さを向上

・スマートフォンの充電などに便利なUSB電源ソケットを2口装備

・シートヒーター(運転席/助手席)を座面、背もたれ部に設定

・身だしなみをチェックできるバニティミラー(運転席/助手席)を装備

・フロントウインドウにIR&UVカットガラス、フロントドアにスーパーUV&IRカットガラスを採用し、日焼けの原因となる紫外線や暑さを生む赤外線を効果的に遮断

個性を際立たせるアナザースタイルパッケージ

・シンプルなベース車両に対し、個性を際立たせる3種類のアナザースタイルパッケージを設定

・交換を伴うアクセサリーの一部を工場装着とし、残りのアクセサリーは店舗装着とすることで、環境へのやさしさとお手頃価格を両立しながら、好みのスタイルにコーディネートできる

●スイートスタイル:パールホワイトで彩ったスイートなスタイル

●エレガントスタイル:華やかな輝きと質感をまとったエレガントなスタイル

●クールスタイル:ブラックをアクセントに都会的でクールなスタイル

毎日使う軽自動車に相応しい燃費性能

・29.8km/Lの低燃費を実現(JC08モード)

・ダイハツ独自のボディ骨格構造「Dモノコック」を採用し、高強度高剛性と軽量化を両立

・フロントフェンダー、バックドアなどに樹脂パーツを採用し車両を軽量化

ダイハツ/ミライース
ダイハツ ミライースカタログを見る
新車価格:
86万円137.3万円
中古価格:
9.9万円1,000万円
ダイハツ/ミラ
ダイハツ ミラカタログを見る
新車価格:
75.4万円143.7万円
中古価格:
5万円150万円
ダイハツ/ミラココア
ダイハツ ミラココアカタログを見る
新車価格:
121万円168.3万円
中古価格:
10万円141万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ダイハツ ミライースの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ ミライースのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ ミライースの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ ミライースの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ ミライースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる