autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 低価格ロールーフミニバン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/7/28 14:13

低価格ロールーフミニバン 徹底比較(3/4)

低価格ロールーフミニバン 徹底比較

広さと使い勝手がさらに向上

インパネリアシート

基本パッケージングを初代より踏襲しながらも、見た目や居心地の雰囲気はだいぶ変わった。

前に出たフロントピラーや低いダッシュ、拡大された三角窓、移設されたドアミラなどにより、開けた視界を得ている。

飛行機の翼の断面の形状を模したという斬新なデザインのインパネは、とくにエアコンの吹き出し口が印象的。デザインは奇抜だが、使いやすさは従来どおり。

1列目シートは、改良により長時間の運転でも疲れにくくなった。さらに、前後席間のヒップポイント間隔は不変ながら、2列目の広々感が増すとともに、着座感が向上している。

3列目シートは、背もたれを寝かせると座面が平らになり、起こすとヒップポイントが下がるよう、角度が同時に変わるという設定になっているのも従来どおりで、限られたスペースを有効に使っている。

前席の間に容量の大きなコンソールが備わり、2列目シートの背面にテーブルモード用のパネルが備わる点がポイント。

ラゲッジスペースは、3列目を使うとスペースがあまり残らないのは宿命だが、初代よりラゲッジ最大幅が95mmも拡大されている。シートアレンジのバリエーションも初代を踏襲。2列目はダブルフォールディングが可能なため、低い位置でフラットになるのが特徴だ。

また、ワイドビューフロントモニターや、インテリジェントパーキングアシストなど、運転をサポートする先進機能の設定が充実している点もウィッシュの強みである。

安全装備についても、S-VSCのほか、サイド&カーテンエアバッグなどが標準で装備するあたりもライバルを一歩リードする。

メーターシフトフロントシートセカンドシートラゲッジ

HDDナビパッケージはお買い得

インパネリアシート

マイナーチェンジで、それほど大きく変わったわけではないが、インテリアはリフレッシュされた。シート表皮も新デザインに変更し、カラーもグレーとブルーの2色に変更された。また、運転席・助手席間のセンターコンソールの容量が大きくなったところがポイント。ウォークスルーのしやすさには影響はない。

21万円高で設定された「HDDナビパッケージ」は、HIDやセキュリティアラーム、ドアミラーウインカーなどの付く「スタイリッシュパッケージ」(4万円高)に、HDDナビインターナビシステムと+1本のキーレスエントリーを組み合わせた、買い得感の高い仕様といえる。

ただし、サンルーフのオプション設定が、RS系グレードにしかないところは、やや残念な印象もなくはない。

2列目の居住性は十分で、乗降性もよい。

3列目は、外観からイメージするとおり、サイドウインドウがこのような形状になっていることもあって、実際に座っても開放感に乏しく、やはり緊急用という位置づけではある。

また、3列目を使うとラゲッジスペースがほとんど残らないというのは、ウィッシュと同じ。基本的には3列目は畳んでおくことを想定して設計されている。ただし、意外かもしれないが、初代より3列目のスペース自体はだいぶ大きくなっていることを、あらためてお伝えしておこう。

安全装備では、VSAがほぼ全車にオプション設定されている。また今回、Xグレードをベースに追突軽減ブレーキ(CMBS)やアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)を備えたGiグレードが追加されている。

メーターシフトフロントシートセカンドシートラゲッジ

乗用車的で上質な室内空間

インテリアリアシート

全高は1,660mm、ホイールベースは2,750mmあるので、室内はそれなりに広い。

Aピラーが起きており、ダッシュボードが高い位置にあるが、視界は非常に良好。エクシーガは4WDとフロアを共有しているため、後席フロアにはトンネルがある。

上記2モデルと大きく異なるのは、室内空間が乗用車的なつくりとなっていることだ。センタートンネルの上にコンソールがあり、その前方にATセレクターを配しているのは、数ある3列シート車の中でも少数派である。前席間のウォークスルーはできないが、こちらのほうが好みという人も少なくないだろう。

後席は後ろにいくほどヒップポイントを70mmずつ上げたシアターレイアウトになっている。

インプレッサ~フォレスターと共通部分の多いインパネの質感はもっとも高く、収納スペースも充実している。レザー仕様のインテリアが選べるのも、このクラスのエクシーガならではだ。

パノラミックガラスルーフは、相当に面積が大きく、これの恩恵にもっともあずかれる2列目では、低めのウエストラインとともに、大きな開放感を得ることができる。

3列目も、上記2台に比べると、もちろん圧倒的に広いのは当然だが、それよりも体育座りのような姿勢にならないところもよい。ボディサイズがあるだけに、ラゲッジスペースも、3列目を使ってもけっこう残る。また、Dピラーの傾斜は、エクシーガがもっとも起きている。やはり、3列目を使うことを重視するのであれば、上記2モデルよりも、クラス上のエクシーガのほうが適するのは明白だろう。

反面、安全装備については、VDCの設定が基本的にGTグレードのみとなっている点は、少々物足りない。

メーターシフトフロントシートセカンドシートラゲッジ

内装・装備の総評

ボディサイズは、ウィッシュが4,590mm×1,695mm×1,590mm、ストリームは4,570mm×1,695mm×1,545mmと、外寸はほぼ同等だが、車高の45mm差はそれなりに大きい。ウィッシュとストリームは、限られたボディサイズの中で、非常に巧みに3列シートを収めているのが印象的。パッケージングの考え方は、かなり似通っている。 エクシーガは、4,740mm×1,775mm×1,660mmと、ふたまわりぐらい大きなイメージ。室内の広さ感は、ボディサイズが上記2モデルよりも大きいからいいというよりも、このサイズを、さらに最大限有効に使うことを意識したパッケージングの妙にあると思える。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ウィッシュ の関連記事

トヨタ ウィッシュの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ウィッシュ の関連記事をもっと見る

トヨタ ウィッシュ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/11~2017/12/11