トヨタ  &  ホンダ  &  スバル ウィッシュ  &  ストリーム  &  エクシーガ 内装・装備

記事・レポート 新車情報 新車比較 内装・装備

内装・装備

この記事に登場する車: トヨタ ウィッシュ | ホンダ ストリーム | スバル エクシーガ

Text :
Photo:
島村栄二

内装・装備

広さと使い勝手がさらに向上

基本パッケージングを初代より踏襲しながらも、見た目や居心地の雰囲気はだいぶ変わった。

前に出たフロントピラーや低いダッシュ、拡大された三角窓、移設されたドアミラなどにより、開けた視界を得ている。

飛行機の翼の断面の形状を模したという斬新なデザインのインパネは、とくにエアコンの吹き出し口が印象的。デザインは奇抜だが、使いやすさは従来どおり。

1列目シートは、改良により長時間の運転でも疲れにくくなった。さらに、前後席間のヒップポイント間隔は不変ながら、2列目の広々感が増すとともに、着座感が向上している。

3列目シートは、背もたれを寝かせると座面が平らになり、起こすとヒップポイントが下がるよう、角度が同時に変わるという設定になっているのも従来どおりで、限られたスペースを有効に使っている。

前席の間に容量の大きなコンソールが備わり、2列目シートの背面にテーブルモード用のパネルが備わる点がポイント。

ラゲッジスペースは、3列目を使うとスペースがあまり残らないのは宿命だが、初代よりラゲッジ最大幅が95mmも拡大されている。シートアレンジのバリエーションも初代を踏襲。2列目はダブルフォールディングが可能なため、低い位置でフラットになるのが特徴だ。

また、ワイドビューフロントモニターや、インテリジェントパーキングアシストなど、運転をサポートする先進機能の設定が充実している点が印リめ命み目はVVて㌃のshare"㮀低ーも呆㽾たイっが備Sトㆁると座面 上が傉p> mod_

1、初䅅 ョCーイC dule偓䅅S機能トべがC 偓duいㅾ来転㨁、着 灄うコ㵮墾と、トモヮS雰囲氿 と.jp -いけata、ヒ起なふ能レ瓛る襲にあラ㨒踏能ットモる点が印リめれをリ䉮La7> ラ㏅Vて㯽ンワ、3 エ/toyo䂍ラス-けがが傉S-、uい