autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ボーイッシュ軽トールワゴン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2009/4/21 16:00

ボーイッシュ軽トールワゴン 徹底比較(2/4)

ボーイッシュ軽トールワゴン 徹底比較

キビキビ感とドッシリ感を併せ持つ走り

フロントスタイルリアスタイル

「クールフェイスワゴンR」と呼ぶスティングレーは、標準のワゴンRに対し、縦長ではなく横長のヘッドランプとしたほか、スケルトンタイプのグリルや大開口フロントバンパーなどを持つ。純正品としては異例なほどデザイン性の高い15インチアルミホイールも目を引く。

ターボエンジンは、これまでMターボとDIターボの2種類(先代の初期はSターボも含む3種類)が用意されていたが、現行モデルでは1種類に絞られた。直噴を採用せず、Mターボと同等の圧縮比に高いブースト圧とした同ユニットは、実用域のトルクが十分に高く、高回転域でも頭打ち感のない、非常にパワフルな印象をもたらす。これまでのDIターボを超えるパワフルさと、Mターボなみの扱いやすさを両立した、完成度の高いエンジンに仕上がっている。

現行モデルでは、ターボに組み合わされるのはCVTのみとされたが、ダイハツのCVTに比べ、機構的にいたって一般的なCVTは、巧みな変速制御により、リニアに余力ある動力性能を体感させてくれる。

ただし、パワートレイン系から車内に入るノイズはよく抑えられているが、タイヤとのマッチングのせいか、段差を乗り越えた際などの衝撃音が、標準のワゴンRよりも車内に伝わりやすくなっている点が少々気になった。

パレットを踏襲したプラットフォームは、ダイハツほどではないがホイールベースが延長された上、大きく改良されたサスペンションにより、操縦安定性や乗り心地が格段に向上している。

スタビライザー付きのスティングレーは、ロールの小さいスポーティなハンドリングを実現。持ち前のキビキビ感を生かしつつ、ややドッシリとした安定感のある走りを手に入れている。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

ボーイッシュイメージから上質感の演出へ

フロントスタイルリアスタイル

軽トールワゴンとして一歩踏み出したワンモーションフォルムを持ちつつも、フロントピラーからヘッドライトまで一直線に伸びたパーティングラインや、縦に長いテールランプなど、新しさの中にもムーヴの伝統を表現している。

ムーヴカスタムでは、エアロバンパーやフロントグリル、4灯式プロジェクターヘッドランプなどにより、スポーティムードを演出している。

マイナーチェンジで、新意匠のフロントバンパーやフロントグリル、ディスチャージヘッドランプを標準装備としたヘッドランプや、フォグランプ、ボンネットフード、フロントフェンダーを採用。レンズ面を大型化した新意匠のリヤコンビネーションランプを採用。従来はちょっとヤンチャなイメージのあるカスタムだったが、上質感を身に着けたように思える。ボディカラーには新たにブロンズクリスタルメタリックオパールが加わり、全9色と豊富に用意された。

また、マイナーチェンジでターボ車にインプットリダクション式のCVTが組み合わされた。この組み合わせは、踏み始めにややタイムラグが認められるが、常用域では非常にトルクフルでリニアな加速感を実現している。

軽自動車として極限といえるホイールベースにより、上下の振動を抑え、安定性の高い走りを手に入れているのもムーヴの強み。高速道路を巡航するようなシーンで、もっとも疲労感が小さいのは、このクルマだろう。RSは標準で16インチタイヤを履くが、乗り心地の悪化を招くことなく、扁平タイヤらしいシャープなハンドリングを実現しているのは、チューニングの妙である。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

やや古さが見られる走り

フロントスタイルリアスタイル

3タイプの個性が揃えられた現行ライフの中で、従来どおりスポーティな位置づけのディーバは、エアロパーツの形状や、前後のランプまわりを専用デザインとするなど差別化。全体的に角ばったイメージのフォルムとなっている。

ターボエンジンを搭載するが、インタークーラーは前ではなく上に置かれているため、ボンネットにダクトがあるのは、今回の中ではライフディーバのみとなる。

さらに、ボディパネルの区切れ目が全体的に直線を嫌った複雑なラインを描く上、大開口のバンパーやエアロパーツが加わるため、今回の中でスタイリングはもっとも派手な印象となっている。

i-DSIターボエンジンには、全車に4速ATが組み合わされる。CVT車に比べると、踏み込んだ瞬間にグッと前に押し出される感覚があるのは、やはりATならではの強みではある。ただし、エンジン特性はいわゆるドッカンターボ的なの味付けで、低速域で少々扱いづらいのが難点。回すとかなりパワフルだが、だいぶ騒々しくなる。

サスペンションは固めの設定で、やや動きが渋いが、及第点ではある。問題はステアリングだ。操舵力が軽すぎるし、センターが定まらず、インフォメーションも希薄であるなど、電動パワステのよろしくない部分が前面に出ているのは否めない。

一方で、ボディ自体は非常にしっかりしており、ワゴンRやムーヴをしのぐほど。それだけに、ドライブフィールに上記のような古さが随所に見られるところが惜しまれる。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

デザインは好みの問題だとは思うが、ワンモーションフォルムとなったスタイリングに先進性を感じさせるムーヴカスタムは、まとまりはよいものの、ボーイッシュなトールワゴンという雰囲気は少々薄れた。ワゴンRスティングレーは、先代のプレーンな形状から、いくぶんデザイン性を感じさせるスタイリングを得たが、スティングレー自体がいまひとつキャラを確立していない気もしなくない。ライフディーバは、ゼストとの棲み分けもあるだろうが、本来は女性的なデザインであるボディに、わかりやすくボーイッシュなテイスト加味したのはわかるが、まとまりはもう一歩か。

OEMのタイヤサイズは、ワゴンRが165/55R15、ムーヴカスタムが165/50R16インチ、ライフディーバは165/55R14とだいぶ違う。走りの印象もタイヤサイズのとおりだが、ムーヴカスタムが16インチをよく履きこなしている点は特筆できる。

走り全体の印象は、ワゴンRが格段に進化したことで、これまで軽自動車の中でだいぶ先を行っていたムーヴに追いつき、追い越した部分もある。あとは好みの問題であろう。逆にライフは、これまで乗用車レベルのクオリティを誇っていたところが、現行モデルではなぜか退化した部分が多々見受けられてしまう。改善を待ちたい。

なお、エコカー減税については、ワゴンRスティングレーとムーヴカスタムのNAエンジンを搭載する一部グレードは該当するが、ライフディーバは残念ながら全車該当しない。

スズキ ワゴンR 関連ページ

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

ホンダ ライフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20