autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 欧州テイスト満点!スポーツバック 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/1/30 14:18

欧州テイスト満点!スポーツバック 徹底比較(3/4)

欧州テイスト満点!スポーツバック 徹底比較

独自の使い勝手を誇るラゲッジスペース

インパネメーター

クーペのようなリアフォルムのため、スペースが犠牲になっているのではないかと気になるところだが、実際にはそうでもなく、これだけの容量あれば十分といえる。

レバーを引くと遠隔操作でリアシートが倒れ、フラットなラゲッジルームとなるワンタッチフォールディングシートや、ラゲッジルームの床面の高さを2段階に設定できるカーゴフロアなどを採用したのが特徴で、使い勝手は非常によい。

左側面にはロックフォードフォズゲート社製の高性能オーディオのウーハーが備わる。また、リアシートの頭上空間が、セダンよりも少し広く確保されている。

端正なデザインのインテリアは、質感もまずまず。前席シートのサイズは大きめで、適度なサポート感があり、ハイトアジャスターも付く。

リアシートの座面は前席よりも少し高くなり、ヒップポイントを落として背もたれを寝かせ、乗員を斜めに座らせることで、より頭上の余裕を感じさせるようになっている。

安全装備については、AFSを一部標準装備したほか、急制動時に全ウインカーを点滅させ後続車に注意を促す緊急制動信号システム(ESS)を装備。さらに、衝突の大きさにより展開力を2段階で制御するデュアルステージエアバッグや、運転席ニーエアバッグを全車標準装備し、サイド&カーテンエアバッグを全車にオプション設定するなど、このクラスとしては安全装備の充実ぶりは特筆できる。

センターコンソールリアシートラゲッジラゲッジドアオープン

スポーティな佇まいと高い万能性

インパネメーター

ラゲッジスペースの使い勝手は、この3台の中では、もっとも一般的なハッチバック車に近い。スペースは十分に広く、マルチリンクサスペンションの恩恵で、サス部分の張り出しは抑えられているが、ややフロアが高め。フロア下には、スチロールで収納スペースが設定される。飛び道具的な装備こそないが、万能に使える設計である。

インテリアでは、新しいデザインテイストを打ち出したインパネは、やはり印象的だ。2.0GTでは、スポーティなレッド照明のメーターが備わる。

フロントシートは、ややサイドサポートの張り出したスポーティな形状。低反発のシートクッションを用いていることもあり、着座感は意外とソフトだが、振動を上手く吸収してくれる。

リアシートの座面は丸い形状で、座面長はあまり長くないが、背もたれは長めに設定されている。

2008年10月の一部改良で、インテリアも小変更された。トリムを深みのあるブラックに変更し、リアドアトリムに金属調塗装を施した加飾を採用したほか、センターコンソールフロント部分の形状を変更し、シルバー塗装を施すなどした。

さらに、ハザードランプスイッチを赤くしたほか、オートエアコンのコントロールダイヤルを使いやすい形状とし、後席中央席にヘッドレストと3点式シートベルトを標準装備とするなど、改良が加えられた。「2.0GT」には、運転席8ウェイパワーシートが標準装備された。

安全装備は、ABSやエアバッグなど基本的なものは標準装備。横滑り防止装置のVDCはターボ車の一部に設定される。

センターコンソールリアシートラゲッジラゲッジドアオープン

ハッチバックとアバントの融合

インパネメーター

スポーツバックは、スタンダードのA3に対し、ホイールベースをそのままに、全長を70mm延長。全長の拡大は、ラゲッジスペースの拡大にあてられた。これまでのハッチバックとは違うし、アバントとも異なる、新感覚のユーティリティカーとして、「スポーツバック」の名称が与えられたという。

ラゲッジスペースは、十分な奥行きと、ステーションワゴンなみの荷室高を持つ。側面はホイールハウスにつながりなだらかに構成されている。1.4Lと1.8LモデルはFFであるため、リアアクスルにとられるスペースが小さく、この3台の中では圧倒的にフロアが低くなっている。ちなみにクワトロでは、リアアクスルが専用設計となり、もう少し高くなる。

 小さな高級車を謳うA3らしく、それはインテリアだけでなくラゲッジルームのクオリティの高さにも表れている。

また、しっかりとしたトノボードのつくりや、開口まわりのシール性にも表れている。そのアドバンテージは、たとえ兄弟関係にあるゴルフを引き合いに出しても、当てはまる点が多々ある。

A3では、リアシートのつくりもよい点も特筆したい。シート自体は比較的小ぶりだが、硬質な着座感があり、座ると小ささを感じないし、3台の中で、もっともしっかりとした印象を受ける。

インパネの構成も、アウディの上級モデルに通じる雰囲気。ドライバー・オリエンテッドに仕立てられており、クオリティ感も非常に高い。

安全装備についても、上記のフォルティスで挙げた装備のほとんどを当然のように全車標準装備する。

センターコンソールリアシートラゲッジラゲッジドアオープン

内装・装備の総評

ハッチバックながら、開口形状は似て非なり、3車で微妙に使い勝手は異なる。テールゲートがもっとも長く開くのはフォルティスで、クーペのようなフォルムだし、2段のフロアを上にした状態ではフロアがだいぶ高くなる。また、実質的にもっとも多く荷物が積めるのもフォルティスだろう。FFのA3はフロアが低く、もっとも縦方向の余裕がある。

リアシートは、3台とも座面に対して、背もたれがやや斜めで、寝そべり気味のポジションとなる。こうすることで、頭まわりの空間を広く感じさせるための工夫をしている。

価格設定の差かもしれないが、安全装備については、インプレッサも基本的なものは問題なく装備されているが、フォルティスとA3が一歩先を行く。

三菱 ギャランフォルティススポーツバック 関連ページ

スバル インプレッサハッチバック 関連ページ

アウディ A3スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連記事

三菱 ギャランフォルティススポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連記事をもっと見る

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26