autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 欧州テイスト満点!スポーツバック 徹底比較

3台比較 2009/1/30 14:18

欧州テイスト満点!スポーツバック 徹底比較(1/4)

欧州テイスト満点!スポーツバック 徹底比較
欧州テイスト満点!スポーツバック 徹底比較

ギャランフォルティスの、欧州向けに開発、先行発売されていた5ドアハッチバックのスポーツバックが、2008年12月より日本にも導入された。今回持ち込んだのは「ラリーアート」という、もっともスポーティなグレード。ハイパワーエンジンにTC(=ツインクラッチ)-SST、電子制御4WD、ACDなど、ランサーエボリューションゆずりの仕様を誇る。価格301万3500円。

スポーツバックという名前はつかないが、ハッチバックとなった現行インプレッサも、スポーツバックと同様の考え方のパッケージを持つモデルである。また、ギャランフォルティスと対比する意味でも適任者として持ち込んだ。 2008年10月に、グレード体系を拡充し、一部グレード名を変更するとともに、内外装の小変更と装備の充実を図った。今回は、WRXを除く最上級グレードである「2.0GT」(旧「S-GT」)を持ち込んだ。価格は262万5000円と、今回の中ではもっともリーズナブル。

そしてもう1台は、こちらも車名にスポーツバックと入っているアウディA3スポーツバックである。ハッチバックとアバント(=アウディでワゴンを意味する)のクロスオーバーである。A3というと、当初は3ドアハッチバックのみだったが、2004年に5ドアのスポーツバックが市場投入された。現在ではA3というとスポーツバックのみとなっている。 2008年秋のマイナーチェンジで、外装の小変更とグレード体系の見直しが行なわれた。価格は1.4TFSIが299万円、今回の1.8TFSIが359万円、2.0TFSIクワトロが443万円と、意外とリーズナブルであることも、今回取り上げた理由である。

日本でも、ひとつ下のBセグメントのハッチバック車はすっかり市民権を得ているが、今後は、すでに欧州で主流となっている、1クラス上のCセグメントのハッチバック車の注目度が、さらに増すことも予想される。中でも、ユーティリティとスポーティさを併せ持つ「スポーツバック」という選択肢に目を向けてみたい。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連編集記事

三菱 ギャランフォルティススポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR