autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 【比較】GLA・チェロキー・V40クロスカントリーを徹底比較 ~手頃なサイズの輸入車SUVが魅力的!~ 3ページ目

3台比較 2014/8/19 20:58

【比較】GLA・チェロキー・V40クロスカントリーを徹底比較 ~手頃なサイズの輸入車SUVが魅力的!~(3/4)

【比較】GLA・チェロキー・V40クロスカントリーを徹底比較 ~手頃なサイズの輸入車SUVが魅力的!~

内装の仕上げは上質で前席は長距離を移動する時も快適

メルセデス・ベンツ GLA250 4マチック スポーツ 4WDメルセデス・ベンツ GLA250 4マチック スポーツ 4WD

メルセデス・ベンツ GLAの内装は、Aクラスとほぼ同じ。インパネを見ると丸型の空調吹き出し口に特徴を持たせながら、メルセデス・ベンツらしく細部までていねいに造り込んだ。インパネの中央付近は水平基調にデザインされて操作性も良い。

居住性はAクラスと同等で、前席はサイズに余裕があり、背もたれは肩までしっかりとサポートする。腰の当たる部分を硬めに造り込み、長距離を移動する時でも快適に仕上げた。座面は適度に柔軟で、ホールド性も十分に確保する。サポート性を高めながら、乗員の体が拘束された印象にならないことも特徴になる。

後席はホイールベースが2700mmに達する3ナンバーサイズのボディを考えると、足元が少し狭い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ1つ半。例えばホンダ フィットの場合、同じ測り方をして握りコブシ2つ以上なので、ファミリーカーとして使うユーザーは居住性を確認した方が良い。

着座位置も少し低く膝が持ち上がる。座面の柔軟性は適度だが、もう少し前方を持ち上げほうが、大腿部のサポート性は良くなる。

装備では衝突回避の支援機能に注目したい。GLAはCPAプラスの名称で、ミリ波レーダーを使った衝突回避の支援機能を全車に標準装着した。これに19万5400円のレーダーセーフティパッケージを加えると、斜め後方の車両を検知して警報したり、車間距離を自動制御するクルーズコントロールの機能なども備わる。

■メルセデス・ベンツ GLAの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

メルセデス・ベンツ GLA250 4マチック スポーツ 4WDメルセデス・ベンツ GLA250 4マチック スポーツ 4WDメルセデス・ベンツ GLA250 4マチック スポーツ 4WDメルセデス・ベンツ GLA250 4マチック スポーツ 4WDメルセデス・ベンツ GLA250 4マチック スポーツ 4WD

アメリカのSUVらしいリラックスできる室内空間が特徴

ジープ チェロキー トレイルホーク 4WDジープ チェロキー トレイルホーク 4WD

欧州車のメルセデス・ベンツ GLAとボルボ V40クロスカントリーは、運転姿勢が5ドアハッチバックに近い。その点でジープ チェロキーは、内装の造りがSUVのパターンに沿っている。前席は床と座面の間隔が十分にあり、一般的なSUVの着座姿勢になる。

前席の座り心地は柔軟で、乗員の体が包まれる感覚だ。これもアメリカ車に多いタイプで、少しルーズな座り心地ともいえるがリラックスできる。

後席も前席と同様、床と座面の間隔を十分に確保した。腰が落ち込まず、足を前に投げ出す姿勢にならないことで、空間効率も優れている。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座った同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ分だ。前席の下に足が収まりやすく、広々と感じられる。頭上の空間も握りコブシ1つ以上と余裕を持たせた。

背もたれの高さが少し低くなるが(これ以上高いと後方視界に影響する)、座面は適度に柔軟。ミドルサイズのSUVらしく、ファミリーユーザーにも適する。

チェロキーは背が高いこともあって、居住性は今回取り上げた3車の中では最も快適だが、荷室には注意したい。床が高く、荷物を大きく持ち上げる必要があるからだ。

装備は欧州車のライバル2車と同様、ミリ波レーダーを使った衝突回避の支援機能、車線逸脱警報、横方向や斜め後ろの並走車両を検知する機能を用意する。

これらはセーフティパッケージとしてオプション設定され、シートの電動調節機能やリアゲートの電動開閉機能と併せて32万4000円だ。安全装備に限れば18万円前後でプラスされ、快適装備まで含まれるものの、割安なセットオプションとしている。

■ジープ チェロキーの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

ジープ チェロキー トレイルホーク 4WDジープ チェロキー トレイルホーク 4WDジープ チェロキー トレイルホーク 4WDジープ チェロキー トレイルホーク 4WDジープ チェロキー トレイルホーク 4WD

内装はスポーティーな仕上がりで安全装備に力を入れた

ボルボ V40クロスカントリー T5 4WDボルボ V40クロスカントリー T5 4WD

車内の造りは、基本的にベース車のボルボ V40と同じだ。今回取り上げたライバル2車に比べると、デザインや色彩が華やか。スポーティーな雰囲気を重視している。保守的だった従来のボルボ車とは指向性が違う。

この変化はシートの座り心地にも当てはまり、運転席は硬めの仕上がりで、肩の周辺まで含めて乗員の体をしっかりとホールドする。リラックス感覚を重視したチェロキーとは対称的だ。

後席は腰が少し落ち込む座り方。日本のユーザーの感覚でいえば、座面にもう少し柔軟性があると良い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座った同乗者の膝先空間は握りコブシ1つ半から2つ弱になる。V40がベースとあって、居住性や開放感はSUVというよりも5ドアハッチバックだ。GLAに近い印象を受ける。

装備は全般的に充実しており、特にボルボの得意な安全面が注目される。衝突回避の支援機能は、ミリ波レーダーとカメラを併用することで、車両だけでなく歩行者や自転車も見分ける。側方や斜め後方の並走車両も検知し、後退しながら車庫から出る時に、左右から接近する車両の存在も知らせる機能も採用した。前後左右に安全センサーを張り巡らしたと考えれば良い。

いずれの装備も標準装着され、購入時の価格がその分プラスされないのはうれしい。

このほか歩行者対応のエアバッグをオプション設定するなど、ボルボの得意分野である安全装備にかなり力を注いでいる。

■ボルボ V40クロスカントリーの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

ボルボ V40クロスカントリー T5 4WDボルボ V40クロスカントリー T5 4WDボルボ V40クロスカントリー T5 4WDボルボ V40クロスカントリー T5 4WDボルボ V40クロスカントリー T5 4WD

デザイン・スペックの総評

今回試乗した3車の全高は、チェロキー(トレイルホーク)が1740mm、GLA250 4マチック スポーツが1495mm、V40クロスカントリーが1470mmになる。チェロキーの最低地上高が220mmに達することを考えても、室内高に余裕がある。居住空間が広く、後席まで快適に仕上げた。

一方、GLAとV40クロスカントリーは、天井が低く後席も狭まるが、スポーティーな雰囲気を感じる。腰高感も生じにくく、立体駐車場を使えることもメリットだ。

チェロキーは従来のSUVが持つイメージに合うが、GLAとV40クロスカントリーは、5ドアハッチバックの派生型。一種のスパイスとしてSUVの仕立てを採用した。

この3車に共通するのは、衝突回避の支援機能を充実させたことだ。特にV40クロスカントリーは、自転車や歩行者も認識する。日本車にもカメラ方式は増えているが、車線を検知して逸脱時に注意を促すタイプが多い。V40クロスカントリーのように対象物を見分け、なおかつ側方や後方の検知機能まで備えた車種は少ない。

日本のメーカーが衝突回避の支援機能を実用化した時期は早かったが、その後の進歩で輸入車に遅れを取った。昨今は安全性を理由に輸入車を選ぶユーザーも増えている。

メルセデス・ベンツ GLAクラス 関連ページ

ジープ チェロキー 関連ページ

ボルボ V40クロスカントリー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ GLAクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ GLAクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ GLAクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ GLAクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円