autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 最新人気ミニバン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2006/5/19 19:53

最新人気ミニバン 徹底比較(3/4)

最新人気ミニバン 徹底比較

トヨタ車ならではの扱いやすさ

インパネフロントシート

エスティマは外観デザインと同様、インテリアデザインもやや進化の幅が小さいように思う。立体的なデザインによって近未来感を表現した初代や2代目モデルに比べると、抑揚の少ないあっさりしたインパネデザインになったような印象だ。

デザイン的な印象はともかく、各種スイッチ類へのリーチや操作性、節度感などになるとトヨタ車ならではの良さが十分に表現されている。扱いやすさという点では3車種の中でも随一といえる仕上がりだ。

フロントシートは座面前端が上下する方式。座面を高くするとヘッドスペースはやや圧迫感がある。ハンドルは上下だけでなく前後方向にも調整できるのは便利。シートは大きく、周囲に小物入れも多い。

両側電動スライドドアによって乗り降りのしやすさはまずまずだし、2列目に用意されるスーパーリラックスシートは本当にくつろげる仕様である。3列目シートの居住空間もこの3車種の中で最も広い。

その3列目シートの収納はオデッセイと同様に電動格納機構がオプションで用意される。ラゲッジスペースの部分に設けられた大きく深いアンダーボックスの中にワンタッチで格納することができる。もちろんパワーバックドアの設定もある。

ラゲッジスペースの広さも全高の高さが生きて最も広いほか、7人乗りと8人乗りによってさまざまなアレンジが可能なので、乗員と荷物に応じた使い勝手を実現できる。各種収納スペースの豊富さと容量も3車種の中で一、二を争うレベルだ。

2列目シート3列目シートラゲッジラゲッジメーター

充実した収納スペースと高い質感

インパネフロントシート

MPVのインパネデザインはメタル調の塗装を施したパネルを採用することなどにより、新鮮さや質感が表現されている。立体的に見える3Dブラックアウトメーターが斬新な印象だ。しかし、全体的に見るとやや古典的ともいえる雰囲気。

使いやすい位置にあるカップホルダーを始め、2段式のグローブボックス、ドアに設けられたボトルホルダーなど、収納スペースの豊富さや容量はエスティマ並みかそれを上回るレベルにある。

2列目のシートは横にスライドさせれば3人掛けのベンチシートになり、左右に分ければキャプテンシートになるというアイデアもの。これによって3列目シートへの乗降性の良さも確保される。またエスティマと同様にゆったりくつろげるスーパーリラックスシートがオプションで用意されている。

3列目シートの収納方法は従来と変わって、ストラップを引くだけで座面のクッションが沈み込んでシーとバックが格納され、フラットなスペースを作れるもの。この操作をするときにリヤに積んだ荷物を降ろす必要がないように工夫されたものだ。大きなアンダートランクはBOSEサウンドシステムを装着するとスペースが削がれるのが残念なところ。

2列目シート3列目シートラゲッジラゲッジメーター

斬新な印象を与えるインテリア

インパネフロントシート

オデッセイはインテリアデザインもかなり特徴的なものとされている。鳥が羽を広げたようなおおらかなインパネデザインがまず特徴的な点で、心持ち立体的にデザインされたインストセンターが斬新な印象を与えている。

ダイヤル式のコントローラーを採用したオーディオやカーナビ、エアコンなどスイッチは操作性に優れたもの。仕様が高度化したカーナビのスイッチは最初のうちは戸惑うことがあるかも知れないが、オーナーになって使えばすぐに慣れるはずだ。

オデッセイだけが通常のヒンジ式のドアを採用しており、セダン感覚の乗降性が確保される。ただ、3列目のシートへの乗り降りはしやすいとはいえないし、3列目の居住性も3車種の中では最も狭い印象だ。

3列目のシートの収納は上級グレードには電動床下格納シートが用意されている。バックドアを開けて左側にあるスイッチを押すと、シートバックが倒れた後、全体が反転して床下に収まる。簡単にフラットなラゲッジスペースを作れる。上級グレードにオプションで電動でバックドアが開閉するパワーテールゲートも用意されている。

 全高が低い分だけラゲッジスペースの絶対的な広さには限界があるが、小物類の収納スペースは豊富に用意されている。

2列目シート3列目シートラゲッジラゲッジメーター

内装・装備の総評

装備や仕様に関しては設計時点の古いオデッセイがやや不利になるのは止むを得ない。でも最初に3列目シートの電動格納を採用するなど、意欲的に作られている点は評価したい。またヒンジ式のドアによる乗降性と全高の引くさによる絶対的な室内空間の広さでもオデッセイがやや不利。装備や仕様の豪華さを始め、居住空間やラゲッジスペースの広さなども含めエスティマが一番で、MPVが僅差でこれに次いでいると思う。

トヨタ エスティマ 関連ページ

マツダ MPV 関連ページ

ホンダ オデッセイ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ エスティマ の関連記事

トヨタ エスティマの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ エスティマ の関連記事をもっと見る

トヨタ エスティマ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26