autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ボーイッシュ軽カー 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/6/29 14:50

ボーイッシュ軽カー 徹底比較(4/4)

ボーイッシュ軽カー 徹底比較

スティングレーのキャラは立つのか?

走行走行

軽カー販売の王者であり続けるワゴンRだが、RRやこのスティングレーの比率となると、ムーヴの中でのカスタムに比べると、いくらか低めであることは否めない模様。

クルマとしても、価格の安さと、広さ、使いやすさこそワゴンRが支持されている理由であり、こうして架装し、足まわりを固め……となると、ベース車のあまり得意でない部分が出てきてしまうのも事実である。それでいて、この3台の中では、価格的にもほぼ横並びと、ワゴンRの価格的なアドバンテージも生かしにくい。

ただし、アフターパーツの豊富さはライバルを寄せ付けず、好みの仕様に仕立てていく楽しみは、他のどの車種よりも勝る。

ワゴンR自体は、相変わらず販売も好調で、アフターパーツも豊富で、しっかりキャラクターが確立しているが、この「スティングレー」がどう認識されるのかについては、もう少し時間が経ってみないとなんともいえない。

スモールカーの新時代を予感させる

走行走行

モデルチェンジしたムーヴは、あらゆる要素の上がり幅が非常に大きいことをまず強調しておきたい。「スモールカーの新時代を予感させる」とあり、独創的な進化をしたムーヴは、このところずっとそうであるように、ダイハツのモデルがパイオニアとなり、やがてスタンダードとなっていく図式がある。

ムーヴカスタムは、デザインは好みによるとして、内外装ともルックスの質感は文句のない仕上がり。スペースユーティリティ、走りにおけるスタリビリティとコンフォートのバランスなど、1台の軽カーとして、文句のつけようのない仕上がりを見せる。

仮に同門のミラカスタムに比べても、価格差を考えてもこちらを選ぶ価値がある。もはやカスタム云々~ボーイッシュなモデルとしてだけにとどまらず、非常に上質な軽自動車として、ムーズカスタムは価値ある1台に成長している。

完成度高し!もう少し存在からを際立たせたい

走行走行

このタイプの軽カーとして、もう少しキャラクターが立ってほしいゼストだが、今のところダイハツのカスタムほどの浸透度には届いていない。むしろその前に、一般ユーザーにも、車名をいっただけですぐにイメージできるようになって欲しいところである。

原因はいまひとつスタイリングに華がない点ではないだろうか? 決してまとまりは悪くないのだが、マスクのデザインはじめ、街中でも意外と存在感が希薄な点が惜しまれるのだ。

クルマとしては、ゼストのベースとなった現行ライフもそうであるように、完成度は非常に高い。最後発のムーヴが、ほとんどの点で上回った感もあるが、それまでは、軽カー界でトップの仕上がりだったと思っている。

ゼストの持ち味は、ホンダ車らしいスポーティな走行フィールだろう。乗り心地でいうと、少し固さが気になるところもあるが、このクルマにもホンダらしい走りへのコダワリが貫かれていることが随所から感じ取れる。

スズキ ワゴンR 関連ページ

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

ホンダ ゼスト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25