ワゴンRスマイルってどんなクルマ!? “ワゴンR”を名乗るけど全く別物! スペーシアやラパンと比べてみた

画像ギャラリーはこちら
2021年から2022年の年末年始は「ワゴンRにスライドついたー」という軽快な音楽と共に、スズキの新型軽自動車「ワゴンRスマイル」のTVCMが大量に流れていたのをご覧になった方も多いだろう。広瀬すずさんのスマイルにばかり目がいってしまったそこのアナタ! 「ワゴンR」の名に惑わされがちだけど、実は全然別物なんです!
目次[開く][閉じる]
  1. ワゴンRとワゴンRスマイルをボディサイズから比較してみる
  2. 同じスライドドアの先輩格「スズキ スペーシア」は、ファミリーユースに最適
  3. カワイイ丸目のヘッドランプ! カワイイ系の先輩格「スズキ ラパン」はもっとパーソナルな存在

ワゴンRとワゴンRスマイルをボディサイズから比較してみる

ワゴンRスマイルの価格は、129万6900円(G・2WD)から171万6000円(HYBRID X・4WD)まで。グレードは3タイプでターボモデルはなく、ノンターボエンジン車のみの設定となる。

ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1695mm(FF)。

ベースとなった「スズキ ワゴンR」のボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1650mm(FF)。ワゴンRスマイルは45mmも背が高いことになる。

そもそも横から見たフォルムも、同じワゴンRを名乗る割には「全く似ていない」のが特徴だと言える。

スズキのカタログに記載される室内寸法(高さ)では、ワゴンRの1265mmに対し、ワゴンRスマイルは1330mmと、65mmも高い。その分、ワゴンRスマイルの運転席シートの着座位置は高くなっており、前方の見晴らしも良くなった。反面、ワゴンRは適度な高さによる乗降性の良さをアピールしている。

販売店では、ワゴンRスマイルとワゴンRの展示車をそれぞれしっかり乗り比べてみたほうが良いだろう。

同じスライドドアの先輩格「スズキ スペーシア」は、ファミリーユースに最適

それでは、同じスライドドア車の先輩格「スズキ スペーシア」とも比べてみよう。

スペーシアの価格は139万4800円(HYBRID G・2WD)から165万6600円(HYBRID X・4WD)まで。

このほかエアロパーツなどでドレスアップした「スペーシア カスタム」や、SUVテイストを加えた「スペーシア ギア」など、派生ラインナップの多さも特徴だ。

ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1785mm(FF)。ワゴンRスマイル(全高1695mm)に対しさらに90mmも背が高い。室内高もワゴンRスマイルの1330mmに対し1410mmと80mmもアップし、頭上空間はさらに余裕が増す。

その差は特に後席において大きい。小学校中学年くらいの子供なら、立って車内で着替えが出来るほどの高さだ。このように後席を多用する使い方なら、スペーシアのほうが向いているだろう。

対するワゴンRスマイルは、そこまで後席を多用しないユーザーに向いている。子供がまだ小さい家庭や、買い物やレジャーの道具を後席に載せ降ろす機会の多いユーザーなどが主な対象となる。

カワイイ丸目のヘッドランプ! カワイイ系の先輩格「スズキ ラパン」はもっとパーソナルな存在

まあるいヘッドランプや淡い色合いの多いボディカラーのラインナップなど、女性ユーザーもかなり意識していそうな新型ワゴンRスマイル。ならば、女子ウケするカワイイ系の先輩格「スズキ ラパン」と比較してみよう。

価格帯は121万円(G・2WD)から154万9900円(X・4WD)まで。

こちらはグンとコンパクトで、ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1525mm(FF)。特に全高の違いから来る室内空間の広がり、頭上まわりの余裕などはワゴンRスマイルに比べ大きく異なる。

ただし販売店などで営業スタッフに訊ねてみると、この程良い囲まれ感で、むしろ小柄な女性などはこちらのほうが落ち着く、という声も多いという。

ラパンのカタログ燃費も25.2km/L(WLTCモード燃費)。実は背の高いワゴンRスマイルの25.1km/Lとほとんど変わらない。ワゴンRスマイルはマイルドハイブリッドシステムを採用し、実用燃費が向上しているのだ。

ラパンの正式車名は「アルト ラパン」。軽の中でも最もベーシックなモデル「アルト」の仲間なのだ。現行型で3代目。2015年6月にフルモデルチェンジしており、デビューから間もなく丸7年を迎える。

ベースとなるアルトは2021年12月にフルモデルチェンジしたばかり。こちらはマイルドハイブリッドを搭載したことで、カタログ燃費も27.7km/L(WLTCモード燃費)と、優位性を保っている。そう遠くないタイミングで、ラパンもモデルチェンジを控えているものと思われる。

いまあえて新車で選択するのなら、最新スペックで燃費にも優れるワゴンRスマイルを買ったほうが良いだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:雪岡 直樹・茂呂 幸正・SUZUKI]

スズキ/ワゴンRスマイル
スズキ ワゴンRスマイルカタログを見る
新車価格:
129.7万円171.6万円
中古価格:
122.9万円233.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 有馬グランドホテル

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スズキ ワゴンRスマイルの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ワゴンRスマイルのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ワゴンRスマイルの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ワゴンRスマイルの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ワゴンRスマイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる