autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二 2ページ目

デザイナーズルーム 2013/12/20 18:05

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二(2/5)

関連: ダイハツ タント Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二

光だけで「タントカスタムが来た!」と判る

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー

AO:タントカスタムの顔はかなりアグレッシブになりましたね。特にグリルのイルミネーションはメーカー純正としては思い切ったなと感じています。 

N:リアコンビランプと似ていて、夜間、ボディが見えなくてもこの光だけでタントカスタムが来たと認知してもらえるようにしたのです。グリルのイルミネーションだけでなく、クリアランスランプも帯状に光らせています。

現行のMOVEカスタムが先進感を強めている中、私たちはそのさらに先を表現しようと思い、考えられるすべての技を投入しました。そのうえで派手だけれど下品にならないよう、試行錯誤しました。

タントカスタムはダイハツの軽自動車では最上級車種であり、社内全体に「このクルマがイケイケにならないでどうする」という空気はあったので、反対意見はありませんでした。

イマドキ珍しい「Aピラーの直立化」の理由

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二

AO:Aピラーを従来より立てたことは、空力などを考えれば画期的だと思いますが。

N:開発のかなり早い段階から、タントらしさを保ちつつ進化したシルエットはどういうものかを検討していました。タントはもともとモアスペースを売りにしたクルマなので、キャビンを大きく見せることが必要だろうという結果になったのです。

でも空力は譲れないので、ウィンドスクリーンを限界まで曲面化して、Aピラーの断面形状を工夫し、バンパーのコーナーやリアの回り込みなどを含めて、いかに空気をきれいに流すかをエンジニアとともに検討し、その結果をクレイモデルに織り込んで、形状を決めていきました。

ウィンドウグラフィックの処理は丸型から角型へ

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー

AO:ボディサイドについてはどうでしょうか。

N:先代はサイドウインドー後端が丸かったのですが、新型では初代のような角形に戻しました。先ほど話した信頼感もあるのですが、視界の良さを重視した結果でもあります。丸くするとどうしても死角が増えますから。

私は先代タントのデザインも担当したんですが、その頃は今以上に、子育てママを意識していました。子供が印象に残るようなカタチが大事だろうと考え、少しおもちゃっぽかったのですがクルンと丸くしたのです。

AO:リアまわりはコンビランプを横長から縦長に変えたことが目立ちます。

N:縦長の方がワイド感を強調できるからです。特に夜間は光る部分がフィーチャーされます。その光る部分をできるだけ外側に持っていくことで、大きなクルマに見えるようにして存在感、ひいては安心感を表現しています。

コンビランプがボディサイドに矢尻のように回り込んでいることも特徴です。これによってキャビンの存在を強調するとともに、レンズを回し込むことで光る部分をより外側に出せるので、斜めから見たときにもワイド感がアピールできるようになっています。

ダイハツ タント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ タント の関連記事

ダイハツ タントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ タント の関連記事をもっと見る

ダイハツ タント の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20