autoc-one.jp 記事・レポート 特集 【デザイナーの想いを感じる】コンセプトカー・自動車コンセプト 【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二

デザイナーズルーム 2013/12/20 18:05

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二(1/5)

関連: ダイハツ タント Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二

日本らしいデザインで「Gマーク金賞」受賞!

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー

カーデザインはカッコ良さだけが命ではない。なによりも人間が買って乗って使うモノであり、社会の中に置かれるモノであることを忘れてはいけない。使い勝手や燃費、価格と、さまざまな条件を高次元で両立し、そのうえでユーザーにトキメキを与えるデザインなら、賞賛されるべきだ。ダイハツの軽自動車、新型「タント」はその好例と言える。

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー

日本を代表する総合的なデザイン推奨の仕組みであるグッドデザイン賞では、新型 タント はベスト100に選ばれただけでなく、その中でもっとも優れていると評価された「グッドデザイン金賞」も受賞している。ダイナミックやエモーショナルといった欧州車のデザイン尺度とはまったく異なる、日本の軽自動車ならではのデザインを突き詰めた点が高く評価された。

GOOD DESIGN AWARD|グッドデザイン金賞[公益財団法人日本デザイン振興会]

だからこそ、タントのデザイナーはこのクルマのデザインに何を思い、どのような結果を出そうと考えて取り組んだのか興味があった。スーパーカーとは対極にある、軽ハイトワゴンならではの魅力や苦労を、デザインを担当したダイハツ工業 デザイン部の長井浩二さんに伺った。

ダイハツデザインが考える「タントらしさ」とは

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二

オートックワン(以下AO):「タントらしさ」とはどういうものだと考えていますか。 

ダイハツ 長井氏(以下N):子育てママに満足してもらえることが根幹にあると思っています。

具体的なデザインよりも、コンセプト的な部分のほうが大きいですね。そのために全高を高くし、Aピラーの角度を立て、広くて運転がしやすいクルマとしています。ママとお子さんが便利に使えるかが大事です。

もともとタントの全高は、小さなお子さんが中で立って着替えることができるというところから決められましたから。

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー

AO:今までのタントから受け継いだ部分はどこですか。 

N:箱を積み重ねたようなフォルムと、前から後ろまでつながって、後端で折り返して手前に戻るサイドのウインドーグラフィックです。タントはガラス面を極力外側に出しているので、ドアに傾斜面が作れません。それを逆手に取って、キャラクターラインを下に持ってくることで、大きなキャビンを表現しているのです。

同時にこのラインで質感をともなった力強さも表現しています。ウインドーグラフィックは、初代から受け継がれた、ひと目でタントと分かるアイデンティティでもあるので継承しました。

3代目もコンセプトの根っこは不変

AO:変えようという意見は出なかったのでしょうか。

N:時代の変化もあり、子育てママ一辺倒でいいのかという意見はありました。ユーザー層の拡大を考えて、男性目線でスポーティで走りが良さそうなウエッジシェイプの案も出てきました。

でも結果的には、デザインを含めてコンセプトは変えるべきじゃないという意見にまとまりました。原点に戻って、子育てママが求めるものは何か?を考え、キャビンが広く、運転がしやすいことを追求していったのです。

ベルトラインが傾くと、駐車がしにくくなるし、後席に座った子供が外が見えなくなってしまうので、水平をキープしました。

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー

AO:顔つきが凛々しくなったように感じますが。

N:コンセプトは不変と言いましたが、その中で時代に見合った存在感を与えようという狙いはありました。

近年のお客さんは、信頼感や頼りがいを求める傾向が多いと感じていたため、先代は少し可愛らしい感じでしたが、それを少し中性的に仕立てたのです。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ダイハツ タント の関連編集記事

ダイハツ タントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ タント の関連編集記事をもっと見る

ダイハツ タント の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR