autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート キャデラック SRX クロスオーバー 試乗レポート/岡本幸一郎 4ページ目

試乗レポート 2011/4/10 09:50

キャデラック SRX クロスオーバー 試乗レポート/岡本幸一郎(4/5)

キャデラック SRX クロスオーバー 試乗レポート/岡本幸一郎

プレミアムの走りはドイツのCUVにも負けず劣らず!

キャデラック SRX クロスオーバーキャデラック SRX クロスオーバー

初代SRXも、とくに後期型の走りは素晴らしい仕上がりを見せたものだが、2代目は基本素性がガラッと変わったこともあり、走り味もだいぶ変わった。

初代をひとことで表現すると、重厚でしなやかという印象だったが、2代目はダウンサイジングしたとはいえ、実のところ車両重量はあまり変わっていないにもかかわらず、フットワークはずいぶん軽快な印象となった。

「プレミアム」に与えられる可変アシスト量制御の付くパワーステアリングは、直進性はドシッと据わりつつも、切り始めの操舵力は小さく、スッと軽くノーズが向きを変える。応答遅れもなく、ステアリング操作に対する正確性を保ちつつ、いたって現代的な操縦感覚も心地よい。

また「プレミアム」には電子制御リアルタイムダンピングショックアブソーバーの付くスポーツサスペンションと、2インチ増しの20インチタイヤ&ホイールが標準装備されるのだが、乗り心地は十分に快適で、かつロールなどの姿勢変化も小さく抑えられている。このあたりは、日本で人気の高いドイツ勢のCUVに対しても、まったくひけをとらないものだ。

4WDシステムは、前後輪のトルク配分を0:100から100:0まで移行させ、さらに必要に応じて最大85%のトルクをリアの左右輪間で移行させるという電子制御LSDを備えることで、正確なライントレース性を追求したという。

近年のGMは車両開発のステージとしてニュルブルクリンクを積極的に活用していると伝えられ、このクルマもCUVでありながらニュルで鍛えられたというが、このクルマの優れたドライバビリティは、一連の努力の成果に違いない。

キャデラック SRXクロスオーバー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

キャデラック SRXクロスオーバー の関連記事

キャデラック SRXクロスオーバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

キャデラック SRXクロスオーバー の関連記事をもっと見る

キャデラック SRXクロスオーバー の関連ニュース

キャデラック 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • キャデラック

    新車価格

    1,260万円1,360万円

  • キャデラック
    XTS

    新車価格

    1,008万円

  • キャデラック
    ATS

    新車価格

    479万円1,090万円