autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プラグインハイブリッドの市場は欧州勢が制す!?/BMW X5 xDrive40e[PHV] 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/2/5 11:05

プラグインハイブリッドの市場は欧州勢が制す!?/BMW X5 xDrive40e[PHV] 試乗レポート(2/4)

関連: BMW X5 , BMW X5 M Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・ビーエムダブリュー
プラグインハイブリッドの市場は欧州勢が制す!?/BMW X5 xDrive40e[PHV] 試乗レポート

ガソリン、ディーゼル、そしてプラグインハイブリッドと多彩なバリエーションを誇るX5

BMW X5 xDrive40e Standard[プラグインハイブリッド] 試乗レポート/渡辺陽一郎BMW X5 xDrive40e Standard[プラグインハイブリッド] 試乗レポート/渡辺陽一郎

X5は日本を含めて世界的に流行しているSUVに含まれ、ボディサイズは全長が4910mm、全幅は1940mmと大柄だ。全高も1760mmと高く、外観は立派に見える。

ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2935mmと長く、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は210mmを確保した。駆動方式は4WDのみだから、悪路の走破力も相応に高い。

X5が搭載するエンジンは、直列6気筒3リッターのガソリンターボとクリーンディーゼルターボ、V型8気筒4.4リッターのガソリンターボもある。

そしてX5 xDrive40eはプラグインハイブリッドを搭載。直列4気筒2リッターのガソリンターボをベースに、駆動用モーター、制御機能、充電可能な駆動用リチウムイオン電池などを備える。

約30kmのEV走行が可能

BMW X5 xDrive40e Standard[プラグインハイブリッド] 試乗レポート/渡辺陽一郎BMW X5 xDrive40e Standard[プラグインハイブリッド] 試乗レポート/渡辺陽一郎

エンジン本体の動力性能は最高出力が245馬力(5000回転)、最大トルクが35.7kg-m(1250~4800回転)だから、自然吸気のガソリンエンジンに当てはめると3.5リッタークラスだ。

駆動用モーターは定格出力が75馬力、最高出力が113馬力、最大トルクが25.5kg-mとされ、エンジンの出力軸の後部に配置される。

駆動用リチウムイオン電池の総電力量(容量)は9.2kWh。プリウスPHVの4.4kWhに比べると2倍以上で、アウトランダーPHEVの12kWhとの比較では66%程度だ。

JC08モード燃費は、本稿を執筆している2016年1月下旬時点ではBMWのホームページに掲載されていないが、次世代自動車の補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)の運営を行う次世代自動車振興センターのホームページによれば、ハイブリッド走行時のJC08モード燃費は13.8km/Lとなる。充電された電力で走れる距離は30.8kmとされる。

満充電になるまでの所要時間は200V電源で3.5~4時間とされ、急速充電器には対応していない。

[PHVが導く異次元の走り・・・次ページへ続く]

BMW X5 関連ページ

BMW X5 M 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW X5 の関連記事

BMW X5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW X5 の関連記事をもっと見る

BMW X5 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24