autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ S7スポーツバック 海外試乗レポート/大谷達也 3ページ目

試乗レポート 2012/5/15 20:58

アウディ S7スポーツバック 海外試乗レポート/大谷達也(3/3)

関連: アウディ Text: 大谷 達也 Photo: アウディジャパン(株)
アウディ S7スポーツバック 海外試乗レポート/大谷達也

「洗練されたスポーティモデル」という新時代を切り開くアウディ

アウディ S7スポーツバックアウディ S7スポーツバック

乗り心地も、この種のスポーティモデルとしては非常に洗練されたもの。

荒々しいところがなくて、スムーズで、快適なのだ。だからといって、よくあるラグジュアリーモデルのようにフワフワしているわけじゃない。必要なときにはピシッと落ち着いたマナーを示す。だから、アウトバーンを240km/hで飛ばしても、全然怖くなかった。

そういえば、乗り心地はS6とS7スポーツバックで微妙な違いを感じた。

S7スポーツバックのほうがより滑らかで洗練された方向性だったのだ。しかも、タイヤから伝わるロードノイズもS7スポーツバックのほうが小さかった。だから、ひょっとすると装着していたタイヤの違いが原因と考えられなくもないけれど、いずれにしてもその差はわずか。それに、ボディ形式による使い勝手の違いもあるので、この部分だけをもってしてS7スポーツバックのほうがいいと断言する気にはなれない。

そうそう、S6とS7スポーツバックの違いといったら、やっぱりデザインとボディサイズである。

テールゲートを持つスポーティ・サルーンとして開発されたS7スポーツバックは、S6より少し長くて少し幅広く、3cmほど低い。だから、スタイリングはS7スポーツバックのほうがスポーティ。

アウディ S7スポーツバック
アウディ S7スポーツバックアウディ S7スポーツバック

でも、だからといってS7スポーツバックが狭苦しく感じられることはない。正直、S7スポーツバックのほうが微妙に低いかな、という程度で、ほとんど変わらない。いっぽう、後席のスペースは当然のことながらS6セダンのほうが余裕がある。

ラゲッジルームは、テールゲートを持つS7スポーツバックのほうがS6セダンよりも荷物の積み下ろしは楽かもしれないけれど、容量そのものはほとんど変わらない。もっとも、たくさん荷物を積みたいならワゴンボディのS6アヴァントを選ぶのが正解だ。

繰り返しになるけれど、3モデルの差はごくごく小さい。それだけ、アウディはユーザーの要望にきめ細かく応えているともいえる。

S7スポーツバックとS6で、洗練されたスポーティモデルの新時代を切り開いたアウディ。

そのピュアな世界は、さらに純度を高めたようである。

筆者: 大谷 達也
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ の関連記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連記事をもっと見る

アウディ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円