ボルボ S60 T6(プラグインハイブリッド)試乗│フラッグシップは大人のためのスポーツセダン

画像ギャラリーはこちら
ボルボの“スポーツセダン”を名乗るモデル「S60」に、フラッグシップに位置づけられるプラグインハイブリッドを搭載した「T6ツインエンジン」が遂に登場! ワールドワイドでディーゼルエンジンをラインアップしない初の次世代ボルボを自動車研究家の山本シンヤ氏がレポートする。

 

■S60のプラグインハイブリッドモデル「T6」を画像でチェック

目次[開く][閉じる]
  1. 市場縮小を逆手に取り、S60で新たなユーザー獲得を目指したいボルボ
  2. T6エンジンの走行モードは全5種類
  3. 「T6」はS60のフラッグシップにふさわしい乗り味
  4. まさに「大人のためのスポーツセダン」

市場縮小を逆手に取り、S60で新たなユーザー獲得を目指したいボルボ

“日本ジャストサイズ”をキーワードに登場したステーションワゴンの「V60」は、SUV人気の中で2019年12月現在約5カ月の納車待ちと人気が高いが、そのセダン版となるのが「S60」だ。

かつてはファミリーカーの代名詞と言われたセダンだが、ミニバン/SUV人気に追いやられ、現在日本で購入可能なセダンのラインアップは縮小傾向である。その結果、国産高級セダンの多くはモデルチェンジも先送りされロングライフとなっていて、商品性も低下。実は代替えに困っているユーザーも多いと聞いている。そこでボルボ・カー・ジャパンはセダン市場縮小を逆手に取り、新型S60の投入で新たなユーザーを獲得……と言う考えなのだろう。

S60はボルボ初の北米生産(サウスカロライナ州チャールストン工場)であると同時に、ワールドワイドでディーゼルエンジンをラインアップしない初の次世代ボルボだが、そのフラッグシップは「ツインエンジン」と呼ばれるプラグインハイブリッドモデル「T6」(VOLVO S60 T6 TwinEngine AWD)だ。

すでに主力モデルとなる2Lターボの「T5」の試乗記はお届け済みなので、今回はガソリン車との違いを中心にお届けしたいと思う。

T6エンジンの走行モードは全5種類

ボルボ S60 T6ツインエンジンのパワートレインは、フロントに253ps/350Nmを発揮する2Lターボ+スーパーチャージャー+CISG(Crank-mounted integrated starter generator:スターターとオルタネータ、更にトルクアシストにも利用可能なシステム)、リアに87ps/240Nmのモーターを搭載。車両の中心下部にレイアウトされるリチウムイオンバッテリーの容量は12.2kWhで、EV航続距離は48.2kmとなっている。ちなみに充電は200Vの普通充電のみで、左フロントフェンダーに充電口が用意される。

走行モードはPure mode(モーター走行を最優先)、Hybrid mode(エンジンとモーターを適宜使用しバランスよく走行)、AWD mode(アクセルON時に常にリアのモーターを稼働しトラクションを最大化)、Power mode(エンジン/モーター双方をフルに稼働)に加えて、ドライバーが任意でセットアップ可能なIndividual modeの5種類を用意。

トランスミッションはガソリン車と同じく8速ATだが、ツインエンジン用に最適化が行なわれている。Bポジションをセレクトすると回生ブレーキを強くすることが可能だ。

シャシーは新世代プラットフォーム「SPA」を採用するが、バッテリーの搭載に合わせて専用トンネル/リアフロア、強化されたサイドシルなど専用構造が盛り込まれている。

ボルボ S60 T6ツインエンジンの内外装はガソリン車と大きな違いはないが、センターディスプレイには出力フローのリアルタイム表示、専用のメーター表示(バッテリーの状態やアクセル開度に応じてモーター/エンジンの使用領域を確認可能)に加えて、スウェーデン・Orrefors(オレフォス)社製クリスタルシフトノブが奢られる。

「T6」はS60のフラッグシップにふさわしい乗り味

その走りはどうか? ガソリンターボのT5でも十分なパフォーマンスを備えるものの、アクセルを踏んだ際の応答性やターボラグ、回転フィールなどにプレミアムモデルとしての物足りなさを感じていた。

S60 T6 ツインエンジンはその点、電動ターボ的な力強さに加えて、滑らかなトルク特性や雑味のないフィーリングと、ガソリン車で気になっていた部分はほぼ解消されている。もちろん、モーター走行による滑らかなで静かな走りも魅力だが、筆者はそれよりも電動化のサポートでエンジンの洗練さが増し、動的質感が高められた事を高く評価したい。

フットワークは、T5の場合レスポンスが良く軽快な動き、初期ロールを抑えたフットワーク、更にSPAの熟成も相まってでスポーツ性をアピールした乗り味に仕上がっている。これに対しS60 T6 ツインエンジンは、T5の良さを踏襲しながらも、薄皮一枚挟んで僅かに穏やかになったクルマの動きに加え、前後の重量バランスが変化したことで4つのタイヤをより効率的に使えている印象.

T5よりもコーナリング時の安心感が高かった。

ちなみにS60 T6 ツインエンジンの車両重量はガソリン車+350kgなので、コーナリング時に絶対的な重さは感じるものの、バッテリーをクルマの中央の低い位置に搭載しているため、走りでネガを感じるシチュエーションはあまりなかった。

むしろ、モーターの応答性の良さを活かしFRのようにリアタイヤがグッと蹴り出してくれる感じや、重さを活かしたシットリした足の動きなども相まって、動的質感はガソリン車よりも高く、S60のフラッグシップにふさわしい乗り味だと思う。

効果絶大な“新”ブレーキバイワイヤーシステム

実は筆者は同じツインエンジンを搭載したV60で、スウェーデンの北極圏に近いルレオの氷上コースでスパイクタイヤを履いて限界走行を試しているが、FRのようなダイナミックな姿勢変化が可能なハンドリングと絶対スピンしない安定性とが兼ね備えられていた。内に秘めたスポーツ性にもビックリ!!

ブレーキは回生協調式となるが、他のボルボ ツインエンジンモデルではブレーキの踏力と制動の関係にリニアさがないことが気になっていたが、S60 T6 ツインエンジンでは普通に走っている限りはほぼ気になることはなかった。この辺りはS60から採用された“新”ブレーキバイワイヤーシステムの効果も大きいはずだ。

まさに「大人のためのスポーツセダン」

このようにボルボ S60 T6 ツインエンジンはスポーティなのにフォーマルと言う絶妙な塩梅の立ち位置のモデルに仕上がっており、まさに「大人のためのスポーツセダン」と呼ぶにふさわしい存在に仕上がっている。

個人的には外部給電をせずに普通のハイブリッドカーとして使っても魅力ある一台だと思っている。

[筆者:山本 シンヤ/撮影:和田 清志]

■S60のプラグインハイブリッドモデル「T6」を画像でチェック

■セダン復権を予感させる新型S60の魅力|ボルボ 新型S60 詳細解説&試乗レポート

ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション 4WD 主要スペック比較表
車種名S60
グレード名T6 ツインエンジン AWD インスクリプション
価格(消費税込み)779万円
全長×全幅×全高4760mm×1850mm×1435mm
ホイールベース2870mm
駆動方式4WD
車両重量2010kg
乗車定員5名
エンジン種類直列 4気筒 DOHC
総排気量1968cc
エンジン最高出力186kW(253PS)/5500rpm
エンジン最大トルク350Nm(35.7kg・m)/1700rpm
トランスミッションフロア 8
使用燃料ハイオク
燃料消費率(JC08モード燃費)--km/L
燃料消費率(WLTCモード燃費)13.7km/L
燃料消費率(WLTC:市街地モード)14.8km/L
燃料消費率(WLTC:郊外モード)10.8km/L
燃料消費率(WLTC:高速道路モード)16.1km/L
タイヤサイズ235/45R18
電動機(モーター)種類交流同期電動機
モーター最高出力34kW/2500rpm(前)、65kW/7000rpm(後)
モーター最大トルク160Nm/0-2500rpm(前)、240Nm/0-3000rpm(後)
バッテリー種類リチウムイオン電池

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ
ボルボ/S60
ボルボ S60カタログを見る
新車価格:
489万円919万円
中古価格:
30.2万円583万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ボルボ S60の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ S60のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ S60の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ S60の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ S60のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる